豚肉と水菜のおろし和え、三つ葉豆腐献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

豚肉と水菜のおろし和え献立

豚肉と水菜と言えば、はりはり鍋。

材料は2つでもいいけれど、油揚げと春雨を入れるのもまたよいのです。

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

しかし今夜は大根おろしとの組み合わせに。暖かくなってきたからでしょうか、なんとなくおろしポン酢が食べたくなったのです。

豚肉と水菜のおろし和え、三つ葉豆腐で晩酌

豚肉と水菜のおろし和え献立

  • キャベツと揚げの味噌汁
  • ゆず白菜
  • 三つ葉豆腐
  • 豚と水菜おろし和え

キャベツと揚げの味噌汁

キャベツと揚げの味噌汁

キャベツと油揚げの味噌汁に、ねぎをたっぷり。出汁はいりこ。

ゆず白菜

ゆず白菜

本日の漬けものはゆず白菜。

三つ葉豆腐

三つ葉豆腐

ざく切りにした生の三つ葉と木綿豆腐をざっくり和えて、粗塩とごま油で味付けします。

豚と水菜おろし和え

豚と水菜おろし和え

フライパンに一口大に切って塩、胡椒で下味をつけた豚ロース肉を入れ、両面こんがりと焼きます。ざく切りにした水菜を入れ酒を回しかけ蓋をし、水菜がしんなりしたら完成。大根おろしとポン酢でいただきます。

水菜はほんの少し火を通すだけでいいので、蒸す時間はほんの少し。大根おろしはちょっと多めくらいがうれしいです。酒はひや。もうそろそろ冷酒でもいい感じの温度になってきましたね。

うつわの話

阿部春弥

先日久しぶりに水道橋の「千鳥」にお邪魔して、阿部春弥さんのうつわを購入しました。

茶碗もいいな、豆皿もいい、あれもこれもと欲張りそうになりつつもこの小鉢を手に取り凝視していると、在廊されていた阿部さんに

「いちごとか、フルーツに使うといいですよ」

とアドバイスを頂戴しました。なるほど、そりゃ素敵。

「あと、白いものも映えますよ。ヨーグルトなんてどうでしょう」
「白 … 豆腐、とか?」
「豆腐」

発想が貧困で申し訳ないと思いつつ、白=豆腐しか出てこなかった私。初回使用には迷わず豆腐を盛りました。雑に崩しただけの豆腐も、美しい藍色のおかげでなんだかやけに旨そうに見えませんか。

白、赤、橙、緑。いろんな色を受け止めてくれそうな色味に、副菜にちょうどいいサイズ感。小鉢一つで、夢はどんどん膨らみます。

 




関連記事

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。 とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、

記事を読む

ごぼうのしぐれ煮

ごぼうのしぐれ煮、水菜の煮びたし献立。

水菜が、安い...! 冬の間満足に食べられなかったものだから、お手頃価格の葉野菜を発見

記事を読む

蒸し鶏のガーリックオイルソース 7/30 一人暮らしの晩ご飯。

昨日いつものスーパーで野菜の安売りをしていました。 鰹のたたき用薬味が欲しかったこともあり、つ

記事を読む

ごぼう入りつくね献立

ごぼうつくね焼き、たぬき豆腐献立。

ごぼうが余っていたのでひき肉と一緒にこねてやろうと思いました。 肉団子って感じでもない

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

しっかりとした肉をモリモリいきたい。そんな気分の時は結構な確率で鶏むね肉を選びます。

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

秋刀魚の煮付け定食

秋刀魚の煮付け、豆苗の卵和え献立。

この秋は大好物の秋刀魚をあまり食べられなかったなあ。ちょうどシーズン中に引っ越しして買い物状

記事を読む

にんじんの煮物献立

晩酌献立 にんじんと牛肉の塩煮、小松菜のからし和え。

台南で牛肉湯という料理を初めて食べました。 関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文

記事を読む

かれいの煮付け

カレイの煮付け、空芯菜のおひたしで晩酌。

友人と美味い魚でも食べに行こうという話をしていてどこがいいかなとあれこれ考える日中。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑