facebookのプロフィール画像を10年変えない厚かましさ。

公開日: : 最終更新日:2018/09/28 健康と美容, 生き方と考え方

ipod_code1

以前は積極的に使っていたSNS。

近頃はInstagram以外はほとんど使用していません。

関連 Facebookアプリをアンインストール。

アカウントはそのまま残っており、必要な連絡事項は各SNSのメッセージ機能経由で届くので、今のところこれで十分かなあと思っております。

あなたがどれだかわからない

先日、フィリピンで知り合った女子大生から

「facebook申請していいですか?」

と可愛らしいリクエストを頂戴しました。ええええもちろんですとも。ぴちぴちのあなたのお母さんより年上の私とお友達になってくれるなんてウェルカムにもほどがありますよ。と、微笑んだところ、彼女は即座にスマホで実名検索を始めるも

「…どれですか?」

と返され、あっ、となる。

私の場合同姓同名さんはそういないので探し当てるのは難しくはない。しかし、ローマ字検索すると、似た名前の人の一覧が出てくるでしょう、ズラ〜っと。

写真を見てもどれがあなたかわかりませんよ、と言われて気づく。そういや私のプロフィール写真、10年前のままだったわ、と。

facebookのプロフィール画像を10年変えない厚かましさ

passport

精神的な幼稚さは隠しきれない私でありますが、外見はずいぶん前からすっかり大人。只今絶賛成長中の子供とは異なり、10年くらいでそうそうガラリと風貌が変わりはしないけれど、まあそりゃ、全く同じというわけにはいきませんわね。

そういや同い年の友人もそんなこと言ってたっけ。

関連 10年間顔が変わらないのはイヤだという主張。

私が10年も前の写真を今尚使い続けていたのは奇跡の1枚だからでも特にお気に入りだからというわけでもなく、若さに対する執着でもない。単純な無頓着から来る放置プレイに過ぎないのだけれど、よくよく考えれば顔写真を使っておいて10年間アップデートなしというのもずいぶん厚かましいお話。ニット帽を深く被って大きなサングラスを装着、さらには両手で頬を隠すという顔ほとんど写ってないじゃないかショットは、10年経てばさらに誰が誰だかわからなくなるというものでしょう。

日常使いのツールではないとはいえ、これはあんまりにもあんまりか。ここらでいっちょ、変えとくか。

可憐な女子大生の一言がきっかけとなり、昼酒中にパシャっと自撮りしてさくっと変更。めでたしめでたし、と引き続きじゃぶじゃぶ酒を飲んでホテルに戻り惰眠を貪って目覚めると、久しぶり過ぎるアップデートに反応したメッセージが多数届いておりました。

生きてたのね!と。

ミニマリストの持たない暮らし

どうにも連絡不精ですみません。2018年は顔も変えたことだし、もう少し社交に精を出してみるかしら。




関連記事

同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

早いもので引っ越してから半年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分

記事を読む

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

数ヶ月前から、鼻にニキビのようなものが多数常駐するようになりました。 厳密にはニキビな

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

復活の狼煙 動くべきか、動かざるべきか。

2週間ぶりの復活です。 激しく踊っても崩れないベースメイクと気温問題。 またまた

記事を読む

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも実際に天職と思える仕事にたどり

記事を読む

ほうれい線改善 舌回しストレッチを3週間続けた結果。

ほうれい線改善のための「舌回しストレッチ」が泣くほど辛い、と書いてから3週間が経過していまし

記事を読む

毎日続けたのにまるで上達していない残酷な事実。

約4ヶ月ぶりに歯科検診に行ってまいりました。 前回の検診時には痛みを訴えていた私。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

→もっと見る

PAGE TOP ↑