おひとりさま、寂しい老後の真実は。

公開日: : 生き方と考え方

kobefood1608_4

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。

老後も何ももう80手間の後期高齢者で、しかも配偶者が健在であるからおひとりさまではないけれど、とにかく父より長生きするようにと何年も前から言い含めています。

別に父に早く逝って欲しいわけではなく、家事能力の低い昭和の男の一人暮らしは何かと不便だから、現実問題として母が残されたほうがいいよね、という満場一致の見解です。

つまり、うまくいけば母もいつかはおひとりさま時代を過ごすことになる。

おひとりさま、寂しい老後の真実は

1905kakegawa_36

「うまくいけば」なんて、実父に対する態度としてどうなんだと投石されても仕方ない表現ではありますが、本人も承知の上。

「自分の方が長生きできる気はまったくしない」

と常日頃から申しておりますので問題ありません。両親は同じ歳なので、一般的に女性の方が長生きであるということに加え、

「あんな神経の図太い人間がそう簡単に死ぬはずがない」

という長年連れ添った夫婦ならではの見解がある模様です。

子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

一方の母は、最後にやってくるであろう一人暮らしライフを心から楽しみにしているフシがある。

片付けや掃除といった家事は嫌いじゃないけど、食事の支度は未だ大食漢で食べることが大好きな父がいるから仕方なくやっているだけ。一人になったら一切の調理を卒業し、必要最小限の家事のみこなし、その他は1日中自由気ままにだらだら過ごしたい。それが彼女の最後の夢なのだとうっとり語ってくれたことさえあります。

もちろん、現実にはわかりません。父がいなくなったら

「やっぱり一人は寂しいの、めそめそめーそ」

などと手のひら返しをしないとも限りません。私も少し前まではきっとめそめそやるだろうと睨んでいました。けれど今となっては、この人本気でおひとりさまを夢見ているのでは?と思うようになったのです。

ひとりでたのしい自由な暮らし

hatobus_tour_2

世間では70代、80代になってもなおパワフルに趣味や社交、レジャーに励むご老人がいます。さらには、現役でバリバリ仕事している人だっている。

一方、成人してからのほとんどの期間を専業主婦として生きてきて、近隣住民とも積極的に付き合おうとせず、親しい友達もおらず、親戚関係は良好ではあるけれど、すでに兄弟は他界している母がおひとりさまになったら、これはいよいよ本格的な「おひとりさま」になる。

割と世間で恐れらている、人知れずひっそり、という危険性を孕んだヤツ。

幸い、今の両親の住まいは職員さんの見回りつき高齢者住宅ゆえ、娘としては安心です。それでも、ねえ本当に大丈夫?本当の本当に孤独に向き合える?と思わなくはありません。何しろ、これまで一人で暮らした経験がないのだから。

「誰とも話さないと、ちょっとさみしいな、って思わない?」

今回の帰省にて改めて問うてみたところ、きっぱりはっきり清々しく

「ぜんぜん!」

と即答されました。

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

単なる人嫌い、と表現してしまうのはいささか乱暴だけれど、とにもかくにもリーブミーアローン。誰かと行動を共にしたり、世話を焼いたり焼かれたりするのが心底苦手だから「一人静かに過ごしたい」は本音なのでしょう。さぞ寂しかろうと周りの人が気を使って声をかけてくれたり、会合に誘われたりするほうが、余計ストレスになるかもしれません。

そこまで筋金入りじゃないにしても、私もどちらかといえば一人好きなので、その気持ちはわからなくもない。

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

母の夢見る最後の暮らしは

「孤独でさみしい老後」

と呼ばれるそれかもしれないけれど、本人にとっては初めて手にする自由な暮らし。人生最後のおたのしみに位置付けているようだし、実際その時がきて夢の暮らしをエンジョイできるのであればいいですね、と思うのです。

いや、もちろん父にも頑張っていただきたいのですよ。ただ、特に仲睦まじくもない腐れ縁すら腐りきってしまったような夫婦でも、父が残されるのはなんだか不憫でね。余計なお世話ですけどね。

 




関連記事

ひとりぼっちの帰り道。

By: Gavin St. Ours[/caption] 普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮

記事を読む

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

自分の仕事は自分で作る、これからの働き方。

By: Alper Çuğun[/caption] 先日銀座を歩いていました。 以前近

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。 何にでも言える事ですが、

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのものがつらいとかつまらないとか、自

記事を読む

決められない理由と優柔不断を治す方法。

いきなりですが、私はかなり優柔不断な人間であると自負しております。 とにかく迷う、決め

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑