おひとりさま、寂しい老後の真実は。

公開日: : 生き方と考え方

kobefood1608_4

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。

老後も何ももう80手間の後期高齢者で、しかも配偶者が健在であるからおひとりさまではないけれど、とにかく父より長生きするようにと何年も前から言い含めています。

別に父に早く逝って欲しいわけではなく、家事能力の低い昭和の男の一人暮らしは何かと不便だから、現実問題として母が残されたほうがいいよね、という満場一致の見解です。

つまり、うまくいけば母もいつかはおひとりさま時代を過ごすことになる。



おひとりさま、寂しい老後の真実は

1905kakegawa_36

「うまくいけば」なんて、実父に対する態度としてどうなんだと投石されても仕方ない表現ではありますが、本人も承知の上。

「自分の方が長生きできる気はまったくしない」

と常日頃から申しておりますので問題ありません。両親は同じ歳なので、一般的に女性の方が長生きであるということに加え、

「あんな神経の図太い人間がそう簡単に死ぬはずがない」

という長年連れ添った夫婦ならではの見解がある模様です。

子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

一方の母は、最後にやってくるであろう一人暮らしライフを心から楽しみにしているフシがある。

片付けや掃除といった家事は嫌いじゃないけど、食事の支度は未だ大食漢で食べることが大好きな父がいるから仕方なくやっているだけ。一人になったら一切の調理を卒業し、必要最小限の家事のみこなし、その他は1日中自由気ままにだらだら過ごしたい。それが彼女の最後の夢なのだとうっとり語ってくれたことさえあります。

もちろん、現実にはわかりません。父がいなくなったら

「やっぱり一人は寂しいの、めそめそめーそ」

などと手のひら返しをしないとも限りません。私も少し前まではきっとめそめそやるだろうと睨んでいました。けれど今となっては、この人本気でおひとりさまを夢見ているのでは?と思うようになったのです。

ひとりでたのしい自由な暮らし

hatobus_tour_2

世間では70代、80代になってもなおパワフルに趣味や社交、レジャーに励むご老人がいます。さらには、現役でバリバリ仕事している人だっている。

一方、成人してからのほとんどの期間を専業主婦として生きてきて、近隣住民とも積極的に付き合おうとせず、親しい友達もおらず、親戚関係は良好ではあるけれど、すでに兄弟は他界している母がおひとりさまになったら、これはいよいよ本格的な「おひとりさま」になる。

割と世間で恐れらている、人知れずひっそり、という危険性を孕んだヤツ。

幸い、今の両親の住まいは職員さんの見回りつき高齢者住宅ゆえ、娘としては安心です。それでも、ねえ本当に大丈夫?本当の本当に孤独に向き合える?と思わなくはありません。何しろ、これまで一人で暮らした経験がないのだから。

「誰とも話さないと、ちょっとさみしいな、って思わない?」

今回の帰省にて改めて問うてみたところ、きっぱりはっきり清々しく

「ぜんぜん!」

と即答されました。

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

単なる人嫌い、と表現してしまうのはいささか乱暴だけれど、とにもかくにもリーブミーアローン。誰かと行動を共にしたり、世話を焼いたり焼かれたりするのが心底苦手だから「一人静かに過ごしたい」は本音なのでしょう。さぞ寂しかろうと周りの人が気を使って声をかけてくれたり、会合に誘われたりするほうが、余計ストレスになるかもしれません。

そこまで筋金入りじゃないにしても、私もどちらかといえば一人好きなので、その気持ちはわからなくもない。

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

母の夢見る最後の暮らしは

「孤独でさみしい老後」

と呼ばれるそれかもしれないけれど、本人にとっては初めて手にする自由な暮らし。人生最後のおたのしみに位置付けているようだし、実際その時がきて夢の暮らしをエンジョイできるのであればいいですね、と思うのです。

いや、もちろん父にも頑張っていただきたいのですよ。ただ、特に仲睦まじくもない腐れ縁すら腐りきってしまったような夫婦でも、父が残されるのはなんだか不憫でね。余計なお世話ですけどね。

 




関連記事

suma1608_25

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

sandtimer

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

credit

独身女性 クレジットカードとどう付き合う?

基本的にいつもニコニコ現金払いが好きです。 ローンを組むのはストレスでしかないと思うの

記事を読む

pepper

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

By: Leyram Odacrem

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

By: Yoshikazu TAKADA

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

By: woodleywonderworks[/caption] こう見えて今なお若い男性に

記事を読む

By: Jess Pac

30代、40代 大人のシェアハウス生活は本当に「地獄」なのか。

中年世代のシェアハウス利用について。おそらくかなりの編集、という名の脚色がなされているのでし

記事を読む

By: Loren Kerns

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

madrid13

面と向かってバカと言う。

超のつく美少女に尽くしまくったという若かりし日の男の話を聞く。 ここでの「尽くす」は、

記事を読む

taiwan-takami16

おひとりさま 孤独を美化して推奨するべからず。

いやほんとごめんなさい。そういうつもりじゃなかったんだってば。 誰からも責められちゃい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

tsukiji150912
増税前に買ったもの、画面見つめすぎ警報。

「モーニングセット 398円〜」の表示を見かけて、増税を実感す

→もっと見る

PAGE TOP ↑