爆笑で目覚める朝の愉快。

公開日: : 日常

zara-st

爆笑して目が覚めた。こんなに大きな声を出して笑ったのはいつぶりだろうか。というくらい、笑った。文字通り、腹を抱えて笑った。

ああ、こんな風に笑って1日を始められるなんて、なんて愉快なんだろう。満足感に満ちた起床となったけれど、何がそんなにおかしかったのか、そもそも夢を見たかどうかすらも、笑っているうちにキレイさっぱり忘れてしまった。

というのが週明けのことで、これについてしつこく数日間考えていたのだけど終ぞ思い出せず。そりゃそうか。いずれにせよ悪くない感覚だったので、また味わいたい。

朝から客先でいくつか打ち合わせをこなし、ついでに厚かましいメールを送信。お話ししたいのでお時間ください、というお願いが一般社会ではどれくらいの厚かましさレベルなのかは知らないけれど、この手の依頼をするたびに毎回「忙しいだろうにこんなデタラメな人間がアポ取ろうとしてなんかすみませんねえ」という気持ちになるので、自分の中ではそこそこの厚かましさ。返事はまだない。

午後からは人様のありがたいお話を聞くため恵比寿へ。たいそうありがたいお話しだったのだが、スピーカー男性の語り口があまりにもソフト&カームだったので、さらには陽の当たる暖かい部屋だったので、開始5分で睡魔が来る気まずさ。内容がつまらないとかそういうことではなく、あくまでも状況由来の睡魔であったことをご承知おきいただきたい。本人読んでないと思うけど、一応。誰のせいでもない。

しかしこのだまし討ちのような寒気はどうだ。ただでさえバリエーションが少ないのに1℃とか2℃とか言われると、また思考停止ワンパターンコーデになってしまう。毛布のようなストールが手放せない。

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

あまりの寒さに参ったので、夜は意識してあたたかいつまみを作る。たらと白菜をさっと煮たものと、昨日調達した生原酒で晩酌。妙に酔いが回るのが早いな、これも寒さのせいかと思ったら、アルコール度数19度もある酒だった。なるほど、どおりで。

 




関連記事

枝垂れ桜

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作

記事を読む

そもそも他人を一切部屋に招かない生活。

3ヶ月に一度の歯科検診の日。いつものように口内状況のチェックとクリーニングをしてもらう。

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

こういう時、年寄りは家から一歩も出ちゃだめなんですよ。

私の友達の職場が、とか、友人の旦那さんが、とか、それなりに近いところから具体的は話が聞こえて

記事を読む

残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

自室トレーニングで美ボディをキープしています。

珍しく、就寝時の記憶がない。深酒をしない健全な生活を送っていたので、いつベッドに入ったのか思い出せな

記事を読む

ギリギリ思いとどまってよかった。

年明けから最注力していた案件がようやく落ち着き、久しぶりにそこそこ時間に余裕がある平日。心な

記事を読む

同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、そこからさらに歩いて久しぶりに

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑