爆笑で目覚める朝の愉快。

公開日: : 日常

zara-st

爆笑して目が覚めた。こんなに大きな声を出して笑ったのはいつぶりだろうか。というくらい、笑った。文字通り、腹を抱えて笑った。

ああ、こんな風に笑って1日を始められるなんて、なんて愉快なんだろう。満足感に満ちた起床となったけれど、何がそんなにおかしかったのか、そもそも夢を見たかどうかすらも、笑っているうちにキレイさっぱり忘れてしまった。

というのが週明けのことで、これについてしつこく数日間考えていたのだけど終ぞ思い出せず。そりゃそうか。いずれにせよ悪くない感覚だったので、また味わいたい。

朝から客先でいくつか打ち合わせをこなし、ついでに厚かましいメールを送信。お話ししたいのでお時間ください、というお願いが一般社会ではどれくらいの厚かましさレベルなのかは知らないけれど、この手の依頼をするたびに毎回「忙しいだろうにこんなデタラメな人間がアポ取ろうとしてなんかすみませんねえ」という気持ちになるので、自分の中ではそこそこの厚かましさ。返事はまだない。

午後からは人様のありがたいお話を聞くため恵比寿へ。たいそうありがたいお話しだったのだが、スピーカー男性の語り口があまりにもソフト&カームだったので、さらには陽の当たる暖かい部屋だったので、開始5分で睡魔が来る気まずさ。内容がつまらないとかそういうことではなく、あくまでも状況由来の睡魔であったことをご承知おきいただきたい。本人読んでないと思うけど、一応。誰のせいでもない。

しかしこのだまし討ちのような寒気はどうだ。ただでさえバリエーションが少ないのに1℃とか2℃とか言われると、また思考停止ワンパターンコーデになってしまう。毛布のようなストールが手放せない。

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

あまりの寒さに参ったので、夜は意識してあたたかいつまみを作る。たらと白菜をさっと煮たものと、昨日調達した生原酒で晩酌。妙に酔いが回るのが早いな、これも寒さのせいかと思ったら、アルコール度数19度もある酒だった。なるほど、どおりで。

 




関連記事

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、そこからさらに歩いて久しぶりに

記事を読む

職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのものがつらいとかつまらないとか、自

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが貼られている。時間にはかなり余

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカフェに突如響き渡った怒声に、店

記事を読む

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に

記事を読む

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑