部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇。

公開日: : ミニマルライフ, 捨てる



2019
年は、ベトナムで寝台列車に揺られていた。

ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。

さらに、友人とはとバスに乗ったりもした。

敗北を喫したはとバスツアー参戦記。日本散歩・千葉県

その前の年は遠出はしなかったけれど、ご近所をふらふら飲み歩いて楽しんでいたっけ。

アリババの休日とリア充の爆発。

アリババは、今でも5月の音として脳内に刷り込まれております。

片付けて飲むだけの孤独な連休


オンとオフの境目が曖昧な零細フリーランスゆえ、暦通りにまるっとおやすみバケーション! とはいかずとも、ゴールデンウィークは、いい。過ごしやすい気候で心地よいし、みんなどこかに出かけるからか東京は静かだし、とはいえ街は連休特有の浮かれ具合だし、いい。

2020年は本当の意味でどこへも行けないゴールデンウィークとなってしまったけれど、こんな状況でも不思議と「よさ」は削がれないものだなと思うのです。

当然旅行なんて行けないし、みな東京にとどまっているだろうし(でも静か)、浮かれた要素は皆無だけれど、ちゃんとゴールデンウィークの匂いが漂っている。

なんだろう、これ。結局私の中でのゴールデンウィークとは気候によるものが大きかったのか。それとも単なる概念なのか。

ところでこの時期、多くの人が「お片づけ」に勤しんでいるのではないでしょうか。自宅にいる時間が長くなると、部屋のあちこちが気になって、あれをこうしたりどれをああしたりしたくなるのが人間という生き物。これはもう仕方ない行動なのです。

私も例外ではなく、部屋のレイアウトをまたまた変更しました。

散らかすのが得意な人間が散らかさないために。

ついでに、部屋の香りも整えて、衣類もいくつか捨てました。ようやく冬物を片付けられるタイミングになったので、多分この連休中にもう少し減らすであろうと予測しています。

やることないから暇つぶしの作業、というわけじゃなくて、環境や定位置や、生活動線をリフレッシュしたい気分とでもいいましょうか。片付けや模様替えは、手軽かつ効果的な気分転換方法ですね。

ミニマリストの持たない暮らし

そのほかは、とにかく本を読んだり映画を観たり酒を飲んだりする予定。合間合間に仕事はするし、手間だから最近めっきりご無沙汰だった餃子くらいは作るかもしれないけど、あとはとにかく本を読んだり映画を観たり酒を飲んだりする予定。

ああ、なんてぜいたくなのかしら、たのしみすぎる。ビバゴールデンウィーク、ビバ孤独。

逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。





関連記事

まだ足りない、もっと欲しい、と思うもの。

By: Nicolas Vigier[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記録し

記事を読む

スヌードコーデ

スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

By: TownePost Network[/caption] 旅の間は手持ちの洋服をぐっと

記事を読む

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

4月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの

昨日に引き続き定例ポストを。 4月は自宅に全くいない状態でしたが、それでも少しだけモノ

記事を読む

要らない機能がついたハンガーを廃止する。

久しぶりに服を捨てたからでしょうか。 女が服を、捨てる時。 現住まいから数えるこ

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

今日捨てたもの 8/4 思い出のある食器。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 毎日続けたら、31個は減る計算

記事を読む

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

一人暮らしのみなさん、自炊してますか?なるべく生活をシンプルにするため、自炊を一切せずに「食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

秋刀魚のしょうが煮
食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さ

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結

2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過

時がとまっているおばさん。

最近「ガラスの仮面」を読みはじめました。実は私、昭和の女であ

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとや

→もっと見る

PAGE TOP ↑