ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 生き方と考え方

NY_tips_13

直接的じゃなく誰かとか何かを伝って欲しい答えがやってくる、みたいなのありますよね。
ふと開いた雑誌の中に延々考えていた問題解決のヒントが載っていたとか、直接関係のない会話に出てきたフレーズに救われたとか、そういうヤツ。

これが

「あの一言が私の人生を変えたのです」

みたいな私の履歴書的展開であれば大いなるドラマですが、日経新聞掲載には至らずとも些細な偶然は頻繁に起こっている。

勝手に自分ごととして考える

先日も同僚への不満や取引先とのトラブルについて語る友人らの言葉にいちいち反応しておりました。

関連 過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

残念ながら探し求めていた答えが見つかった的展開ではなく、あああ、私もそういうことしちゃってるかも?とか、気をつけなければいけないかもよ?などという、ハラハラ感と痛みを伴うものばかりだったけれど、これも関係ないところから投げ込まれるボールのひとつ。

別に彼らは遠回しに私を戒めようと架空の話をでっちあげているわけではなく、単なる世間話を繰り広げているに過ぎない。

他人の小さなエピソードをちまちま摘み取って、あらあらもしかしたら私もそういうとこあるかも、なんてやるのはかなり自意識過剰な行動であり、タイミングによっては鬱陶しさ満載なので思ったとしてもむやみに口に出すものではありません。

しかし自分の小さな頭で考えられること、想像できる範囲などたかが知れているので、こうして人様の脳内を垣間見せてもらえるのは貴重な機会であり、特に孤独に過ごしがちな人間にとっては社会性を保持する上でとても大切な時間。

関連 シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

耳に心に痛い話も多いけれど、なんというかいつもありがとうございます。

自分はいいけど、あの人はどうかしら

moalboal_2016_42

関係ないエピソードを勝手に自分と重ね合わせて考える。

人のふり見て我がふり直せ、なんて言葉もあるし、基本悪い習慣ではないだろうけれど、行き過ぎると妙なことになりかねない。そしてもっと厄介なのは勝手に他人に重ね合わせるというトリッキーな複合技。

「私はいいけど、○○さんはよく思わないかも」
「私は平気だけど、世間はどう見るかわからないよ」
「子供の気持ち考えたらそうはならないでしょう」

とかそういうアレ。

関連 よその子を勝手に可哀想がるの謎。

自分はさておき他の人のことをまず考えるその行為は視野が広く思いやりがある風に見せかけて、その実自分の手を汚さず相手を責める高等技術、みたいなところあるよね。

などという意見も出てきて、あああコミュニケーションってなんて難しいのかしら一体どうすれば、と、またもや自分の対人スキルに引き寄せて考えてしまうのです。

誰も傷つけたくない、自分だって傷つきたくはない

cebucity1608_3

誰も傷つけたくない、もちろん自分だって傷つきたくはない。だからいつも全方位に気を配って言葉や態度の裏の裏まで読んで、その裏に隠された真実を嗅ぎ取って、労力を費やした分きっと相手にも同じ気遣いを求めて、事実かどうかもわからない自分の勝手な解釈に憤慨して。

関連 その出来事に意味を持たせるのは誰だ。

そんなことをやり始めたら事態は混乱するばかりで正解も出口も一向に見えないここは地獄の一丁目、一心不乱にカラカラを回し続けるハムスターのごとき可笑しみ。その走りを想像しただけでげっそり疲れてしまい、もういいか、で振り出しに戻るのです。

関連 私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

考えれば考えるほど人と関わるのが怖く時に億劫になってしまうなら、いっその事深く考えないほうがいいのかも。ほら、何事も結局はシンプルに返るっていうしさ。

ミニマリストの持たない暮らし

結局は謎を謎のままブラックボックスに詰め込んでとりあえず全力で酒を飲んではしゃいでは叱られる。

そんな毎日です。なんというかいつもありがとうございます。

 




関連記事

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

儲け話を断れないのは性格だけの問題じゃない。

最近はめっきり無形商材なのですね。 友達から誘われて断れる? 「モノなしマルチ商法」若

記事を読む

自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、もうずいぶん前からアタリはつけ

記事を読む

2015年後半戦突入!下半期の運勢を占う。

昨年末になんとなく書いた占いの話。 参考 2015年の運勢を占う。 年末年始の縁

記事を読む

人生を変えたいなら環境を変えればいい、は真実か。

By: Hamed Saber[/caption] 少し前に記事に対するご質問をいただいてい

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

老いていくってこういうこと。

神田駅のホームで、ご老人がじっとこちらを見ている。 何か困ったことでもあるのだろうかと

記事を読む

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

奥さん、8月です。 8月。なんかもう、切ないです。夏は大好きな季節なので願わくば夏・フ

記事を読む

当たり前のことを当たり前と思うべからず。

By: Keng Susumpow[/caption] 自分にとっては普通のこと、なんでもな

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑