理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

公開日: : 最終更新日:2016/10/09 生き方と考え方

家、住まい、というと基本的には住居そのもの、箱、入れ物を指しますね。

理想の住まいは?なんて質問には例えばキッチンが広くて大きな窓があって日当たりがよくて大きなテラスがあって、なんて建物構造に関する理想がずらずらと浮かぶのでは。

私も事細かな理想を掲げておりました。

関連 理想の住まい、夢はノートで叶う?

さて、「家」とは住まう建物そのものであるのは間違いないのですが、それだけでもないよなあと考えるのです。

家はどこまでが家なのか

edogawa55

土地や家を所有していてこの先生きていく場所が決まっている人ならば、例えば家を建て替えるとかリフォームするなんて話になった時に考えるべきは建物そのもののこと。希望通りの家を一から自由に考えて建てるのってすごく楽しいけどその分なかなか大変な作業だろうなあと賃貸生活しかしたことのない私は思うのです。そりゃ愛着湧いて当然ですよね。

が、賃貸物件への移動であったり、これから家を購入しようと考えている人にとっての家って建物自体の好みとか良し悪しを考えればいいってもんじゃないですよね。まずはどこに住むかという問題がある。通勤や通学の利便性を考慮するならばある程度エリアが絞られるにしても、その範囲は市とか区単位であることが多いでしょう。となると、かなり広い範囲からどこに住むか、を選ぶ必要があるわけです。

いわゆる「周辺環境」ってヤツですね。

小さなお子さんのいる家庭や女性の一人暮らしならばまずは治安の良さが筆頭にくるでしょうが、それ以外何にプライオリティを置くかは家庭ごとにてんでバラバラなはず。絶対駅近は外せない人もいれば多少歩いてもいいから静かな通りがいいとか、深夜帰宅が多いから遅くまで開いてるスーパーが近くにあるほうがいいとか、コンビニさえあれば事足りるとか、みなそれぞれに

「これだけは譲れない」

というポイントを持っているのではないでしょうか。

譲れないポイントから自分の望みを知る

tokyotower44

間取りもインテリアも周辺環境も全てがパーフェクト、完璧すぎる理想の住まいがバシッと見つかれば一番いいのだけど、A物件の間取りは最高だけど、B物件のロケーションのほうが超絶便利、みたいなことは普通にあるわけで。

関連 PC選びで思い出した、部屋選びの話

そこで何に目をつぶり、何を譲らないかを取捨選択する過程で自分が暮らしに求めているものが見えてくるかもしれません。おお、実は自分はこんなところにこだわっていたのか、ってね。

はて、私の場合はどうだろう。

もちろん生活に密着する「部屋」そのものはとても重要だけれど、街をうろうろ散策して開拓していくのが楽しみな人間にとっては街自体に興味が持てるかどうか、自分にフィットするか否かはかなり大きなポイント。東京なんて狭いのでどこに住もうがどこへ行くにもさほど時間はかからないけれど、好きな街に遊びに行くのとそこで暮らすのとではやっぱり全然違うもの。

関連 カウンターで考える、観光の楽しみと、暮らす楽しさ

部屋もいいけどまわりもね。
観光地を忙しく巡る旅よりもじっくり腰を据えて暮らすように過ごす旅を好むのもこのあたりのことが関係しているんだろうなあ。

ミニマリストの持たない暮らし

などと、以前書き出した理想の住まいリストを眺めつつ、実は自分が思っていた以上に広いであろう「家」の範囲についてなんとなく考えたのでした。周辺環境も箱と同じくらい大事、と言っても私の場合は明確な条件や利便性云々ではなくてかなり曖昧な空気感のようなものを求めているようなのがいささか厄介なのだけど。

 




関連記事

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

たった1回の失敗で心が折れるメンタルの弱さ。

かなり前のことになるのですが、ちょっとしたイベントを仕込んだことがあります。 それは仕

記事を読む

人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。 方向性

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

デイトレーダーには記憶がない。

久しぶりに保有銘柄ががっつり下落しました。 こんなに下がったの久しぶり。アプリの画面

記事を読む

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

ストレスを力に変える教科書 その思い込みは何のため?

By: Jacob Bøtter[/caption] 先日買い物とストレスの関係について触れ

記事を読む

定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

先日、父の誕生日でした。 ここ数年、というか、少なくとも私が成人して以降というもの父の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑