門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

公開日: : 最終更新日:2016/01/18 一人飲み, 東京散歩, 食べること

monnaka30

門前仲町散歩の続きです。

参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区

久しぶりに訪れた門前仲町。

お参り後は所用を済ませてお昼前。週末と言えば、もちろん昼飲み。
せっかく門前仲町に来たのだから、久しぶりに晴弘へ行こうと決めていました。



晴弘で昼飲み1時間1本勝負

monnaka35

えええ。
せっかく深川に来たら深川めしとかじゃないの?なぜにラーメン?

そんな声が聞こえて来そうですが。

門前仲町 晴弘

ラーメンにはさほど興味もなく詳しくもない私がわざわざこの店に来るのには理由があります。

門前仲町 晴弘 メニュー

ここはラーメン屋らしからぬアテが豊富な店。どれもこれも妙にツボをついたおつまみの数々はさながら蕎麦前のよう。そう、晴弘は酒を飲みながらアテをつまんで最後に支那そばで〆る、という蕎麦屋呑みのような使い方ができるラーメン屋なのです。

monnaka31

中でもオクラの酢の物は大好きなつまみ。
写真では少々わかりにくいけど、オクラに1mm間隔で隠し包丁が入れられているのでホロリとやわらかく生姜の効いたタレの味が染み染み。これ、真似したくて何回かチャレンジしたんだけどできないんだよねえ。

普段は黄ニラのおひたしとかトマトサラダとか砂肝のオイル漬けなんかをオーダーすることが多いのだけど、この日はなぜか妙に餃子が食べたかったので黒豚餃子を。

晴弘 黒豚餃子

1人前10個入りなので結構な量なのですが、小ぶりで軽いのでペロリです。

ラーメン屋ならどこだってビールとつまみくらいはあるけれど、ここは普通に居酒屋使いしたいようなメニューが揃っていて、尚且つ酒の種類も豊富。中でも焼酎がたくさん揃っています。って言っても、いっつも瓶ビール頼んじゃうんだけど。

1人じゃあれこれ食べられないから、焼酎好きの友達を誘って昼飲みでも…と行きたいところなのですが、悩ましいのが時間問題。
そう、ここはラーメン屋。普通にラーメンを食べに来る人が圧倒的多数なので、回転が命。よって飲食時間は1組1時間まで、と決まっているのです。

友達と一緒に来たらどうしても話すのに夢中になってしまって箸が止まる。それでは呑んで食べて〆のラーメンまで1時間では収まらない。

よって、やはり一人飲みが最適なのでは、と結論付ける次第です。

正直なところ、ラーメン食べないでつまみだけみっちり食べたいなあなんてことも考えるのですが、ラーメン屋に来てラーメン食べないのも蕎麦屋で蕎麦頼まないのもなんだか無粋な気がしてしまう。よって、きっちり食べます。

醤油支那そば

ここではいつも基本の醤油そば。

すっきりとしたスープに極細麺と厚切りチャーシュー。デフォルトのオーダーだとご覧の通りシンプルすぎる内容ですが、これがかけそば感覚で結構好きです。もちろん、いろいろトッピングもできるんですけどね。

塩ラーメンも気になるのですが、一度も頼んだことがない理由は、パクチー。
ここの塩ラーメンはパクチーが入っているのです。当然抜きでもオーダーできるのですが、パクチー入りが基本ということはパクチーが入ってこその完成形なわけで、抜いちゃったらちょっと違うってことになる。でも、入ってたら食べられない。よって、諦めるしかない、というジレンマ。うう。

さて、〆のラーメンを食べはじめたのにオクラを少しだけ残していた私をマダムが

「あれ?オクラ固かったかしら?」

と気遣って下さいました。違う、違うんです、最後にお口直しに一口ぱくっと食べようと思って残しているんです、と妙に恥ずかしい告白をする私。やっぱりこのオクラ美味しいねー、真似しようと思ったんだけどできないねー、と話すと、そりゃ無理よー、職人技だもの!とのこと。
ですよね、また食べにきます。
マダムの相変わらずたおやかな様子が嬉しかった。

観光の楽しみと、暮らす楽しさ

monnaka39

江東区はラーメン激戦区ではあるけれど、ラーメン自体は深川名物ではありません。でも、晴弘のつまみもラーメンもここでしか食べられないわけで。

もしも1日だけの観光でこの街に来るならば、名物は何か?と深川めしやあさり丼の店をいろいろ調べると思うのです。そして、それが観光者の特権でもある。だけど、そのエリアで生活しているならば所謂名物以外の店や食べ物、自分好みの一品を日々あれこれ探索する余裕がある。それが地元民の特権。

あちこち観光旅行に出かけるよりもいろんな場所を転々として暮らしたいと考える理由のひとつはこの「地元民の特権」を各地で享受したいからなのかもしれないなあ。久しぶりのカウンター席でそんな風に考えたのでした。

いやいや、ビールに炭水化物重ねで満腹。
これはもう少し歩く必要がありますね、ということでもう少し続く。長い。

 




関連記事

170608ienomi_3

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。 と言っても、外食ではちょくちょく食べて

記事を読む

hochiminh_foods_17

ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限らずですが、一人旅での食事は気

記事を読む

ゆで野菜と卵のサラダ

豚しゃぶおろし和え、ゆで野菜と卵のサラダで家飲み。

固ゆでか、それとも半熟か。 迷いながら卵を茹で始めて、でもやっぱり半熟にしようかね、と

記事を読む

ニラ納豆、焼き人参献立

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

手羽元と大根の生姜煮

手羽元と大根のしょうが煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立

寒くなってから妙に味噌汁率が上がっております。 味噌汁の具は各家庭によってさまざまでま

記事を読む

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの、青菜のおろし和え献立。

久しぶりに切り昆布を手にとる。 昆布の煮ものっていいですね。何せ、出汁を取らなくていい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1909_sumasanjyo10
神戸ウエストサイド景勝ハンティング。日本散歩・兵庫県

帰省時は神戸を拠点にちょっとだけ遠出する。がここ最近のトレンド

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば
トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりで

suma1608_21
怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なもので

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑