門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

公開日: : 最終更新日:2016/01/18 一人飲み, 東京散歩, 食べること

monnaka30

門前仲町散歩の続きです。

参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区

久しぶりに訪れた門前仲町。

お参り後は所用を済ませてお昼前。週末と言えば、もちろん昼飲み。
せっかく門前仲町に来たのだから、久しぶりに晴弘へ行こうと決めていました。



晴弘で昼飲み1時間1本勝負

monnaka35

えええ。
せっかく深川に来たら深川めしとかじゃないの?なぜにラーメン?

そんな声が聞こえて来そうですが。

門前仲町 晴弘

ラーメンにはさほど興味もなく詳しくもない私がわざわざこの店に来るのには理由があります。

門前仲町 晴弘 メニュー

ここはラーメン屋らしからぬアテが豊富な店。どれもこれも妙にツボをついたおつまみの数々はさながら蕎麦前のよう。そう、晴弘は酒を飲みながらアテをつまんで最後に支那そばで〆る、という蕎麦屋呑みのような使い方ができるラーメン屋なのです。

monnaka31

中でもオクラの酢の物は大好きなつまみ。
写真では少々わかりにくいけど、オクラに1mm間隔で隠し包丁が入れられているのでホロリとやわらかく生姜の効いたタレの味が染み染み。これ、真似したくて何回かチャレンジしたんだけどできないんだよねえ。

普段は黄ニラのおひたしとかトマトサラダとか砂肝のオイル漬けなんかをオーダーすることが多いのだけど、この日はなぜか妙に餃子が食べたかったので黒豚餃子を。

晴弘 黒豚餃子

1人前10個入りなので結構な量なのですが、小ぶりで軽いのでペロリです。

ラーメン屋ならどこだってビールとつまみくらいはあるけれど、ここは普通に居酒屋使いしたいようなメニューが揃っていて、尚且つ酒の種類も豊富。中でも焼酎がたくさん揃っています。って言っても、いっつも瓶ビール頼んじゃうんだけど。

1人じゃあれこれ食べられないから、焼酎好きの友達を誘って昼飲みでも…と行きたいところなのですが、悩ましいのが時間問題。
そう、ここはラーメン屋。普通にラーメンを食べに来る人が圧倒的多数なので、回転が命。よって飲食時間は1組1時間まで、と決まっているのです。

友達と一緒に来たらどうしても話すのに夢中になってしまって箸が止まる。それでは呑んで食べて〆のラーメンまで1時間では収まらない。

よって、やはり一人飲みが最適なのでは、と結論付ける次第です。

正直なところ、ラーメン食べないでつまみだけみっちり食べたいなあなんてことも考えるのですが、ラーメン屋に来てラーメン食べないのも蕎麦屋で蕎麦頼まないのもなんだか無粋な気がしてしまう。よって、きっちり食べます。

醤油支那そば

ここではいつも基本の醤油そば。

すっきりとしたスープに極細麺と厚切りチャーシュー。デフォルトのオーダーだとご覧の通りシンプルすぎる内容ですが、これがかけそば感覚で結構好きです。もちろん、いろいろトッピングもできるんですけどね。

塩ラーメンも気になるのですが、一度も頼んだことがない理由は、パクチー。
ここの塩ラーメンはパクチーが入っているのです。当然抜きでもオーダーできるのですが、パクチー入りが基本ということはパクチーが入ってこその完成形なわけで、抜いちゃったらちょっと違うってことになる。でも、入ってたら食べられない。よって、諦めるしかない、というジレンマ。うう。

さて、〆のラーメンを食べはじめたのにオクラを少しだけ残していた私をマダムが

「あれ?オクラ固かったかしら?」

と気遣って下さいました。違う、違うんです、最後にお口直しに一口ぱくっと食べようと思って残しているんです、と妙に恥ずかしい告白をする私。やっぱりこのオクラ美味しいねー、真似しようと思ったんだけどできないねー、と話すと、そりゃ無理よー、職人技だもの!とのこと。
ですよね、また食べにきます。
マダムの相変わらずたおやかな様子が嬉しかった。

観光の楽しみと、暮らす楽しさ

monnaka39

江東区はラーメン激戦区ではあるけれど、ラーメン自体は深川名物ではありません。でも、晴弘のつまみもラーメンもここでしか食べられないわけで。

もしも1日だけの観光でこの街に来るならば、名物は何か?と深川めしやあさり丼の店をいろいろ調べると思うのです。そして、それが観光者の特権でもある。だけど、そのエリアで生活しているならば所謂名物以外の店や食べ物、自分好みの一品を日々あれこれ探索する余裕がある。それが地元民の特権。

あちこち観光旅行に出かけるよりもいろんな場所を転々として暮らしたいと考える理由のひとつはこの「地元民の特権」を各地で享受したいからなのかもしれないなあ。久しぶりのカウンター席でそんな風に考えたのでした。

いやいや、ビールに炭水化物重ねで満腹。
これはもう少し歩く必要がありますね、ということでもう少し続く。長い。

 




関連記事

180209_ienomi_3

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

italyvage

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出

記事を読む

宮崎の酒千徳カップ

宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐、焼き枝豆献立。

さすがにホイホイ発見できなくなってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

じゃがいものそぼろ煮あんかけ

じゃがいものそぼろ煮、人参の卵炒め 家飲み献立。

たまには和食献立的なものでもひとつ。そう思い立って 「普通の晩御飯」 っぽいメニ

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場を

記事を読む

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

生ひじきの卵焼き

生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵を混ぜて磯の香りの卵焼きに仕立

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
まつげがごっそり抜ける原因。

基本間抜けヅラではあるものの、ここ最近左目がより間抜けな感じに

とうもろこしごはん献立
とうもろこしごはん、コールスロー献立。

週のはじめは休肝日、ノンアルコール献立...は、もうすっかり定

clothes
仕事ファッション、同僚とGUのトップスが丸かぶり。

今日はトップスが丸かぶりだから2人で並ぶとちょっと照れますね。

トマト豚しゃぶ
トマト豚しゃぶ、にんじんとツナのサラダ献立。

肉をさっとゆでて野菜とあわせる冷しゃぶは、夏のつまみにうれしい

nhatrang_foods_62
こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う

→もっと見る

PAGE TOP ↑