40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 生き方と考え方

141014news

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。

参考 SNAIL RAMP竹村 43歳でウェルター級王者に(yahoo!ニュース)
※元記事は削除されています

「『バンドマン風情が何でキックやってんだよ。イラつくわー』というキックボクサー界の風当たりをヒシヒシと感じながら、スネイルを好きでいてくれた人達からは、『キックやる暇あるならバンドをやれよ!』とのお叱りを受けながらのデビュー戦でした」

そうなんですよね。
日本人は特に何かひとつのことを懸命にやり遂げることが美しく正しいことだと思う傾向が強いようです。
彼のように30代で音楽という特定の分野である程度成功しながらも、180度異なるジャンルである格闘技を始めるなどレア中のレアケース。似通った分野、例えばモデルが女優になるとか、タレントが声優をするなどというチャレンジをする人にさえ風当たりが強いこの世の中で、彼の行動には相当の批判があったと思われます。

でもねえ、人生ってよく頑張っても80年程度でしょ。
ひとつのことに人生を捧げた、ってそりゃあ素晴らしいし美しい、そして幸せなことだとは思うけど、やりたいことがひとつしかない、なんて人はかなり稀なわけで。
やりたいことをやるための行動を起こすことを躊躇してそのまま人生を終えるよりも、人に迷惑をかけない範囲で新しいことにどんどんチャレンジすればいい。それくらい人生を謳歌したって、バチは当たらないのではないでしょうか。やった後悔も、やらなかった後悔も、結局自分で引き受けるしかないのだから。

いやー、こういうニュースは大好物。

40歳って多くの人にとって人生の折り返し地点であり、節目になる年齢。
だからこそ、もう遅すぎるよなんて言ってないで、やや突飛に思えることでもじゃんじゃんやっちゃえばいいよね、と、私は考えています。

 

40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術
金子 由紀子
祥伝社 (2013-10-11)
売り上げランキング: 17,439



関連記事

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっている案件の状況について説明す

記事を読む

キャパシティの小さい人間が持てるモノの数。

By: Bob[/caption] capacityという単語。日本で多用されるようになった

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

いまだに右か左かわからない。

エスカレーターに乗る時、右を空けるか、左を空けるか? それは地域によって違うのだ、とい

記事を読む

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑