40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 生き方と考え方

141014news

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。

参考 SNAIL RAMP竹村 43歳でウェルター級王者に(yahoo!ニュース)
※元記事は削除されています

「『バンドマン風情が何でキックやってんだよ。イラつくわー』というキックボクサー界の風当たりをヒシヒシと感じながら、スネイルを好きでいてくれた人達からは、『キックやる暇あるならバンドをやれよ!』とのお叱りを受けながらのデビュー戦でした」

そうなんですよね。
日本人は特に何かひとつのことを懸命にやり遂げることが美しく正しいことだと思う傾向が強いようです。
彼のように30代で音楽という特定の分野である程度成功しながらも、180度異なるジャンルである格闘技を始めるなどレア中のレアケース。似通った分野、例えばモデルが女優になるとか、タレントが声優をするなどというチャレンジをする人にさえ風当たりが強いこの世の中で、彼の行動には相当の批判があったと思われます。

でもねえ、人生ってよく頑張っても80年程度でしょ。
ひとつのことに人生を捧げた、ってそりゃあ素晴らしいし美しい、そして幸せなことだとは思うけど、やりたいことがひとつしかない、なんて人はかなり稀なわけで。
やりたいことをやるための行動を起こすことを躊躇してそのまま人生を終えるよりも、人に迷惑をかけない範囲で新しいことにどんどんチャレンジすればいい。それくらい人生を謳歌したって、バチは当たらないのではないでしょうか。やった後悔も、やらなかった後悔も、結局自分で引き受けるしかないのだから。

いやー、こういうニュースは大好物。

40歳って多くの人にとって人生の折り返し地点であり、節目になる年齢。
だからこそ、もう遅すぎるよなんて言ってないで、やや突飛に思えることでもじゃんじゃんやっちゃえばいいよね、と、私は考えています。

 

40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術
金子 由紀子
祥伝社 (2013-10-11)
売り上げランキング: 17,439



関連記事

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

「このあと時間あるんだったら、今からH子のお見舞いに行かない?」 週末の昼過ぎ、駅前の

記事を読む

大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。

扱い慣れないデータを、これまた扱い慣れないツールを使ってどうこうしなくちゃいけない、という頭

記事を読む

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

日本人女性は長寿世界一、何歳まで生きたいか。

By: José Antonio Morcillo Valenciano[/caption]

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

今すぐ時給を上げる方法。

週明けが締め切りの仕事がありましてですね。お話をいただいたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑