風邪をひいたら、仕事はすっぱり休みませんか。

nakano-st17

体の具合が悪い時は、休む。

いくら忙しい社会人のみなさんでもここは厳守していただきたい、というか、しましょう。と、強く主張したい私は基本的に強靭な肉体及び精神の持ち主ですが、ちょっと体調を崩しただけであっけなく休みます。

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

でも、休まない、休めない人もいるのです。

風邪をひいたら、仕事はすっぱり休みませんか

minatoku6

少々恨みがましい言い方になりますが、年末の打ち合わせの席に現れたお相手が

「あまり近寄らないほうがいいですよ。まだ熱があるんで、すみません」

と仰いまして、あ。ちょっと困ったな、と思ったのです。だからでしょうか、大晦日から鼻と喉が痛くてですね。熱はないのでしんどいとか動けないとか飲まず食わずで云々という大事ではないのですが、やられた、と思ったのです。うつされた、と。

いや、わかりませんよ?もしかしたら移動の電車の中でいただいたのかもしれないし、急激に冷え込んだ年末の夜にいそいそと飲みに出かけたのが原因かもしれない。でも、そういう時は休みましょうよ、と思ってしまうのです。

大体私との打ち合わせなんてあなたの健康と比べれば全然重要じゃない用事なのだから、いくら仕事とはいえ当日ドタキャンで大正解ではないでしょうか。と言いたい。言いませんが、仕事だからと頑張り過ぎるのは、よくないです。

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

もちろん、これは私個人の考えではありますが、そして慣れない喉の痛みを抱え、いつもの寝正月が若干不自由なものとなったゆえの逆恨みでしかありませんが、やっぱり健康って大事ですよ。

休みたくても休めないけど、基本は健康、そして体力

taiwan-foods61

などと呑気なことを言ってはおりますが、今日バスキンロビンスに行ったんですよ。分かりやすく言うなればサーティーワン。アイスクリームという断然夏場に強いであろう商材を専門で扱っている店にも関わらず、実は最高売上額を叩き出すのは元旦だというニュースを読んで、ああ気持ちわかるわ、と思いました。

サーティワン アイスクリームが “元日” に1年で一番売れる理由(オリコンニュース)

好調要因について、三橋さんは2つあると話す。一つ目は、好きなアイスを6個か12個持ち帰ることができる『バラエティパック(VP)』の売れ行きだ。「『VP』は、お正月のだんらんで食べていただくのにふさわしい商品なのだと思う。

バラエティパックを買いに行ったら、同じくバラエティパック目当てのお客らでカウンターには長蛇の列ができており、にもかかわらず、まさかのワンオペでした。オーダーを聞いてはすくい、すくっては詰め、会計のちにドライアイスを割るなどの作業も必要になる。客1組辺りの接客時間はそこそこ長い。なのに、カウンター内には若い女性一人。

理由はわかりませんが、おそらく風邪か何かでお休みされたスタッフさんがおられたのでしょう。ショッピングモール内の店舗ゆえ、さらには高額売上が見込める年明けの営業でもあり、臨時休業という選択肢はなかったのでしょう。完全なる妄想ですけども。

「大変だね、頑張ってね」

31種のアイスを忙しくすくいまくる彼女には何の足しにもならないとわかっていても、おばさん、そう声をかけずにはおられませんでした。もうその時点で相当頑張ってるんだけどさ。なんか余計なこと言ってごめんね、のほほんと寝正月貪ってるおばさんよりよっぽど頑張ってるんだよね。

ああ、私が休んだら店が開けられない。インフルじゃないんだし、ちょっと熱があるくらいで休んでられない。

そんな責任を日々背負ってお仕事されている人のほうが多いんだよな。私みたいにちんたら休める人ばかりじゃないよね、とお門違いの逆恨みを恥じたり恥じなかったりする年明けです。

で、なんだっけ。

そうそう、「基本は健康、そして体力」を胸に過ごそうと考えて云々、の話をするつもりだったのだけど、うっかりバスキンロビンスに文字数を割いてしまったのでその話はまたいずれ。サーティーワンついでと言ってはなんですが、もしも関係各位がここをご覧になっていたら、大昔あったレモンマシュマロってフレーバーを是非とも復活させていただきたく、なんか今年もグダグダですみませんね。

 




関連記事

セブ島 物価 2015 マクドナルド

神戸の肉と、あの人と。

私が神戸出身だというと彼は 「神戸ってKOBE BEEFのKOBE?あの、コービー選手

記事を読む

頬杖をつく癖をなおしたい、ゆがみとたるみの原因になっている。

足を組む癖を止めよう、と思い立ってから約3週間が経過しました。 >>参考

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

続ける力。継続した後振り返ってみれば激変していた。

By: Daniel Schiersner[/caption] 越冬宣言といえばこちらも忘れ

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

人生を変える幸せの腰痛学校 自分でできるシンプルなこと。

「腰痛持ちなんだったら、読んだほうがいいよ」 そう知人にお勧めされていた本がありました

記事を読む

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

By: The U.S. National Archives[/caption] 読んでるだ

記事を読む

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

「このあと時間あるんだったら、今からH子のお見舞いに行かない?」 週末の昼過ぎ、駅前の

記事を読む

洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

By: Anthony Easton[/caption] 20代の頃、当時よく通っていたセレ

記事を読む

年末年始恒例、2020年の運勢を占う。

クリスマス以降、右往左往していたらあっという間に大晦日になっていました。 年末恒例のア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑