同郷のべっぴんさんとカウンターで。

公開日: : 日常

nakano-st17

仕事帰り。

一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、そこからさらに歩いて久しぶりにカウンターのイタリアンに出向くか。もしくは一駅向こうまで行って、てんぷらという手もある。いや、今夜は冷えそうだからおとなしく最寄駅下車して、大衆居酒屋で一人鍋にするか・・・。

休前日の帰路はこういうことばかり考えていてかなり頭を使う。猶予はせいぜい20分。その間に今日の気分にぴたりとハマるプランを選択せねばならない。ぼーっと電車に揺られているわけではないのだ。

結局最寄駅で下車し、居酒屋に向かう。かと思いきや、なぜか1駅歩いててんぷら屋を目指す。しかし迷いがある時はうまくいかないのが世の常で、目当ての店は満席。ほど近い立ち飲み屋でとりあえず生ビールとおひたしをオーダーし、この先の戦略を考えることにした。

最近、梯子酒好きに拍車がかかっている。

以前から一箇所に長時間居座るタイプの酒飲みではなかったけれど、近頃は1杯飲んだらはい次、みたいな行動が当たり前になっていて、当然それが似合う店ばかりを選んでしまう。

ビール飲み終えたら、駅前のもつ焼き屋に移動して、チューハイと串を何本かもらおう。そのあと、蕎麦でも手繰って帰ろう。そう思っていたのに、隣席にいた若い女の子がつまんでいたチャーシューが旨そうでつい真似して頼んでしまう。当然、酒も追加。

真似っこオーダーがバレたのか。隣のキレイなお嬢さんに「観光ですか?」と話しかけられる。いや、近所の者だと答えると、自分はこの春から就職が決まっている大学4年生で、遊ぶなら今のうちだと思い東京一人旅に来た、と話してくれた。そのイントネーションからもしやと尋ねてみるとやはり同郷。しかも、このべっぴんさん、私の両親と同じ地域に住んでいるという。

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

え、今は地元を出る気ぜんぜんありませんよ。だってあそこって、めちゃくちゃ住みやすいじゃないですか。大きくもなく、小さくもなく、ちょうどいい。

わかる、わかるなあ、その気持ち。私も20代半ばまでは自分が地元以外の場所で生きることなんてまったく想像していなかったもの。そうそう、あそこは何もかもがちょうどいい。

なのになんで、今東京にいるんですか?

ことの経緯を説明しているうちにグラスが空き、じゃあお嬢さん、東京一人旅楽しんでね。ヘンな人について行っちゃダメよ、といい残して店を出る。

ちょっと気の利く大人ならこういう時、同郷のお嬢さんを誘ってもう1軒、東京旅行の思い出になるような場所に連れて行ってあげるのだろうか。おじさんよりおばさんのほうが、お嬢さんも親御さんも多少は安心だろうし、それができるのがおばさんの特権なのに。しかし自ら「ヘンな人についていくな」って注意してるし、私がそうじゃない保証は一切ないし、そんなドラマみたいな展開そうそうないか。いずれにせよ相変わらずのセンスのなさ、というか、対人能力の低さを嘆きながら、なぜかそばじゃなくてナポリタンでしめて帰宅。

 




関連記事

春にして、君を想う。

奥さん、4月です。私はこの春から一念発起して、ザンジバルで手打ちそばの店を始めることにしま

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

そもそも他人を一切部屋に招かない生活。

3ヶ月に一度の歯科検診の日。いつものように口内状況のチェックとクリーニングをしてもらう。

記事を読む

残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、

記事を読む

こういう時、年寄りは家から一歩も出ちゃだめなんですよ。

私の友達の職場が、とか、友人の旦那さんが、とか、それなりに近いところから具体的は話が聞こえて

記事を読む

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

自室トレーニングで美ボディをキープしています。

珍しく、就寝時の記憶がない。深酒をしない健全な生活を送っていたので、いつベッドに入ったのか思い出せな

記事を読む

Comment

  1. MONA より:

    こんばんは。
    若い子と話した後って
    不思議とそういうコト起きますよ!
    蕎麦じゃなくてナポリタン選んだり…。
    「そうそうそう!!」と思って
    興奮気味にコメントしています。

    神戸、いいですよね。
    私は主人の転勤で東灘区に7年住みました。
    今は水戸。4月からは浦安です。
    転勤の時期が近づくと「次こそは神戸!」と
    願うこともう6年です。

    • crispy-life より:

      MONAさん

      なるほど、そこは気づいてませんでした!確かに若いエキス(言い方・・・)に触れて気分が和から洋へ、漢字からカタカナへと変わったのかも。とはいえ、選んだのが昭和味ナポリタンというところがアレですが。

      東灘とはまたいいところにお住まいだったのですね。私も東エリアっ子だったので、また住みたいという声を聞くのはなんだかうれしいです。

      ところで転居やお子様の学校の件、いろいろ大変な時期かと存じます。ご自分を甘やかすことは難しくとも、どうか無理はなさいませんよう。こっそりと応援しております!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

今すぐ時給を上げる方法。

週明けが締め切りの仕事がありましてですね。お話をいただいたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑