センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 生き方と考え方

センスがないから、は経験(=学習)する努力を怠ることへの言い訳、などと書きましたが。

関連 無印は買うな、の本当のところ。

少し前、訳あって友人と手芸関係の店に出かけました。

手芸、洋裁。
なんだか私とは最も遠い位置に存在するジャンルのような気がしますが、まあ訳がね、ありまして。

ちなみにこの友人は長年アパレル業界、しかも生産の側にいる人間で個人としても長く制作活動をしています。

不思議な人の正体は

ハンドメイドアクセサリーを制作しているであろう若い女性、舞台衣装を縫うための生地を探し求める外国人女性、赤ちゃんの何やらを作るのかしら、なママ、洋裁ひとすじ30年といった貫禄の端切れ探索マダム。ハンドメイド系は一切ダメでこの手の店にもあまり立ち寄ることがない私は普段見慣れない品々はもちろんのこと、幅広い客層にも興味津々でキョロキョロしておりました。

ハンドメイドといってもそこから生み出されるアイテムもジャンルも実にバラバラで、ああこの人はきっとアジアンテイストのグッズを作るんだろうなとかこちらはナチュラル系かしらなどと想像できるのが面白い。

けれど、そんな女性たちの中にこの人は何を探しに来たのか不明、もしかして卸業者さんですか?と思われる中年男性の姿もちらほらありました。

「うーん、さっきのところは価格は安いけど品としてはもう何年も前のどうしようもない素材も多かったなあ」

店を出てから生地の在庫と値段のバランスをつぶやく友人。そんなもんですか、と思いつつ

「お客さん見てると何を作るのかなんとなく想像できるけど、さっきのリーゼントのおじさんはなんだろうね?」

と問うてみると

「あれはロカビリー系のショップやってる人でしょう。あの人の店、絶対オリジナルの刺繍が入ったボウリングシャツとか売ってますよ」

と即答。へええ。

言われてみれば確かに納得。先ほど見かけたてかてかポマードのおじさまがそれらしき店に立っている姿を想像するとすごくしっくりくるのでした。

ロカビリーに限らず、既製品のカスタマイズやセミオーダーに対応しオリジナリティを追求することでコアなファンを掴んでいるジャンル特化の個人店は少なくないのだとか。小規模店舗はファストファッションチェーンなど大量生産の波に押され気味かと思いきや、個人でもやる人はやってるってことですね。

知識と経験が教えてくれること

この時、私たちは同じ瞬間に同じ空間で同じものを見ていました。けれど私には単に不思議なおじさんとしてしか認識できなかった人物の背景にあるものを友人は瞬時に連想できていた。いや、リーゼント氏に直接聞いたわけじゃないので友人の推測が正しいかどうかはわかりませんが、友人はこれまでの経験や知識からあの人はロカビリー系のショップをやっているっぽい、という仮説を立てることができたわけです。

これは友人と私の洞察力の違いでもありますが、それよりも知識量の差が招いた結果でしょう。洋裁や手芸にはてんで疎い私とあらゆる個人クリエイターを間近で見てきた友人。そりゃプロファイリング力に差が出るのは当然であります。

ああそうか、ある程度の知識が入った状態と空っぽの状態では例え同じ場所に立っていたとしても見えるものも感じるものも違って当然なのだな。と、当たり前のことながらも妙に納得した出来事でした。

知っている、そしてさらに実際やっているって結構すごい。

そう考えれば天才ではない多くの凡人がセンスとやらを身につけるには知識や経験の蓄積が一番の近道なのでしょう。急がば回れってヤツですね。何事も楽しめるレベルになるには相応の知識が必要で、その習得に時間がかかるのは当然のこと。逆に考えればセンスのなさは知識や経験で十分補えるのです。

なのにそれすら放棄して単にセンスがない、わからない、つまらないで切り捨ててしまうのはもったいない話だなと。

ミニマリストの持たない暮らし

センスに限らず、続けた先に見えるであろう景色を想像しながらの努力は案外楽しいものかもよ?と、怠惰な自分に言い聞かせる週末なのでした。

 




関連記事

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

あなたのその怒りはどこから。

ある夜のこと。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってからもまだもう少し飲みたくて、

記事を読む

ただいま40代、まだ本気出してないだけ。

By: liz west[/caption] 以前仲間内数人で飲んでいる席で友人が 「

記事を読む

自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、もうずいぶん前からアタリはつけ

記事を読む

キャパシティの小さい人間が持てるモノの数。

By: Bob[/caption] capacityという単語。日本で多用されるようになった

記事を読む

あまりにもマイペースな人。

「Hi,crispy do u remember me?」 週末の夜に届いた短いメール

記事を読む

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑