センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 生き方と考え方

センスがないから、は経験(=学習)する努力を怠ることへの言い訳、などと書きましたが。

関連 無印は買うな、の本当のところ。

少し前、訳あって友人と手芸関係の店に出かけました。

手芸、洋裁。
なんだか私とは最も遠い位置に存在するジャンルのような気がしますが、まあ訳がね、ありまして。

ちなみにこの友人は長年アパレル業界、しかも生産の側にいる人間で個人としても長く制作活動をしています。

不思議な人の正体は

ハンドメイドアクセサリーを制作しているであろう若い女性、舞台衣装を縫うための生地を探し求める外国人女性、赤ちゃんの何やらを作るのかしら、なママ、洋裁ひとすじ30年といった貫禄の端切れ探索マダム。ハンドメイド系は一切ダメでこの手の店にもあまり立ち寄ることがない私は普段見慣れない品々はもちろんのこと、幅広い客層にも興味津々でキョロキョロしておりました。

ハンドメイドといってもそこから生み出されるアイテムもジャンルも実にバラバラで、ああこの人はきっとアジアンテイストのグッズを作るんだろうなとかこちらはナチュラル系かしらなどと想像できるのが面白い。

けれど、そんな女性たちの中にこの人は何を探しに来たのか不明、もしかして卸業者さんですか?と思われる中年男性の姿もちらほらありました。

「うーん、さっきのところは価格は安いけど品としてはもう何年も前のどうしようもない素材も多かったなあ」

店を出てから生地の在庫と値段のバランスをつぶやく友人。そんなもんですか、と思いつつ

「お客さん見てると何を作るのかなんとなく想像できるけど、さっきのリーゼントのおじさんはなんだろうね?」

と問うてみると

「あれはロカビリー系のショップやってる人でしょう。あの人の店、絶対オリジナルの刺繍が入ったボウリングシャツとか売ってますよ」

と即答。へええ。

言われてみれば確かに納得。先ほど見かけたてかてかポマードのおじさまがそれらしき店に立っている姿を想像するとすごくしっくりくるのでした。

ロカビリーに限らず、既製品のカスタマイズやセミオーダーに対応しオリジナリティを追求することでコアなファンを掴んでいるジャンル特化の個人店は少なくないのだとか。小規模店舗はファストファッションチェーンなど大量生産の波に押され気味かと思いきや、個人でもやる人はやってるってことですね。

知識と経験が教えてくれること

この時、私たちは同じ瞬間に同じ空間で同じものを見ていました。けれど私には単に不思議なおじさんとしてしか認識できなかった人物の背景にあるものを友人は瞬時に連想できていた。いや、リーゼント氏に直接聞いたわけじゃないので友人の推測が正しいかどうかはわかりませんが、友人はこれまでの経験や知識からあの人はロカビリー系のショップをやっているっぽい、という仮説を立てることができたわけです。

これは友人と私の洞察力の違いでもありますが、それよりも知識量の差が招いた結果でしょう。洋裁や手芸にはてんで疎い私とあらゆる個人クリエイターを間近で見てきた友人。そりゃプロファイリング力に差が出るのは当然であります。

ああそうか、ある程度の知識が入った状態と空っぽの状態では例え同じ場所に立っていたとしても見えるものも感じるものも違って当然なのだな。と、当たり前のことながらも妙に納得した出来事でした。

知っている、そしてさらに実際やっているって結構すごい。

そう考えれば天才ではない多くの凡人がセンスとやらを身につけるには知識や経験の蓄積が一番の近道なのでしょう。急がば回れってヤツですね。何事も楽しめるレベルになるには相応の知識が必要で、その習得に時間がかかるのは当然のこと。逆に考えればセンスのなさは知識や経験で十分補えるのです。

なのにそれすら放棄して単にセンスがない、わからない、つまらないで切り捨ててしまうのはもったいない話だなと。

ミニマリストの持たない暮らし

センスに限らず、続けた先に見えるであろう景色を想像しながらの努力は案外楽しいものかもよ?と、怠惰な自分に言い聞かせる週末なのでした。

 




関連記事

モノを溜め込む人とは友達になれない。

By: Steve Jurvetson[/caption] 「〇〇な人とは友達になれないわ」

記事を読む

本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

まだ後半を書いていませんが。 参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

記事を読む

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

続けた先にある未来。

By: Natalie Lucier[/caption] 今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見

記事を読む

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来

記事を読む

あなたが今すぐモノを減らすべき5つの理由?

捨てたものと買ったものを毎月記録し続けています。 関連 捨てたものリストと買ったもの

記事を読む

おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分のことがよくわかっていない人。

記事を読む

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑