片付けられない私とファサーの心理学。

公開日: : 最終更新日:2016/11/03 生き方と考え方

最近眠れて眠れて仕方ない、のくだりで布団ファサーの話をしたらkyokoさんが反応してくださって嬉しかったのですが。

関連 睡眠の質を上げるには。やたらと眠れる原因を探る。

ファサー。

みなさんも毎朝やりますかね。

ハイジとおじいさんの画像を検索したせいでうっかりチーズ方面へ話をズラしてしまいましたが、ファサーでふとある女性を思い出しました。

出来る女が毎日自己嫌悪に陥る理由

随分と前のことですが、仕事で知り合った女性がいかにご自分がいい加減かつズボラなダメ人間であるかを主張されました。

その女性は「先生」と呼ばれる立場の方であり、多くのクライアントを抱え日々忙しくしておられました。オフィスは全館リノベーションされたオフィスビルの1室でなんとも雰囲気がよく、きちんと整理整頓されていていつお邪魔しても居心地のいい空間。仕事が順調で多忙を極める中、シングルマザーでもある先生は明日は下の子の運動会だ、上の子が来年受験だと子育てにも大わらわ。とてもじゃないけど自由な時間は持てないのではと思いきやしっかり恋愛も謳歌しており、なんというかとてもパワフルなお方だったのです。

これだけ忙しいのに、いつもきちっとされていてすごいですねえ。

一人暮らしだというのに狭い家の片付けすらままならない自分と比べてため息をつきそう呟くと、先生はものすごい勢いで自分のダメさ加減に自己嫌悪の日々なのだと否定する。仕事も家庭もプライベートもここまでしっかりしておられるのに何がダメなものか。先生でダメなら私はどうなるんですかこんなデタラメな生き方しちゃってて、なんておよそ無意味な我がダメダメ・ズボラエピソードを披露するも先生は頑として譲りません。

「だって、ファサーってできる?crispyさん、今朝ファサーってやってきたでしょう、私、できないんだもの、ファサーって!」

えええ、そこ??
びっくりしました。

布団ファサーができない=ダメな人

先生の主張によれば、毎朝起きた時に掛け布団をファサーとやって整えることができない自分がものすごく嫌なのだとか。ごちゃついたベッドが毎朝気にはなるのだけど結局整えるのが面倒で起き抜け状態のまま出掛けてしまう。そして帰宅後、乱れたままの寝具を見ては自己嫌悪に陥る、の繰り返しであると悲しげに訴えます。

なんということでしょう。ファサーにそこまでこだわっているとは。そしてこだわりつつもできずにいるとは。

別にこれは私の酷いズボラエピソードに対抗してとか気を使ってダメアピールをして下さった、とかではなく、ファサーすらできない自分はなんてダメな人間なんだろうと本気で悩んでおられたようでした。人からみればスーパーウーマンな先生だけれど、彼女の中ではファサーができない=ダメという図式が出来がっていたのです。

不思議だ、人って本当に不思議な生き物だ。

などと人類の複雑さについてしみじみ考えましたよ、という懐かしい思い出がファサーのフレーズとともに蘇った先日。随分長い間お会いしてませんが先生、お元気でしょうか。

つまらない、されどもどかしきコンプレックス

先生じゃなくとも、人は誰しも自分以外には理解されがたい妙なコンプレックスを抱えているものです。その一方で一般的にはすごく気になりそうな重大な事柄に関してはてんで無頓着だったりもする。

おかしなものですな。

気にしても仕方ない、とか、誰もそんなとこ見てないって、なんて理屈ではわかっていても割り切れないゆえのコンプレックス。気の持ちようとはわかっていつつ、きれいさっぱりおさらばするのは難しい。でも、誰しもがそういう目でみているはずだそうに決まっているなんなら私はダメ人間云々、なんて自分独自の決めつけで勝手に苦しまないほうががいいですね。

関連 私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

もちろん人がどう思おうが気になるものは気になるのもまた真実であるからもどかしいのですが、100人いれば考え方も100通り、

「みんなそう思ってるに決まってる」

という根拠のない思い込みによる心配事は他人にとってはかなりどうでもいいものなんだろうなと自分の近況を省みつつ考え、そして懐かしい思い出に今さら答えが出たりして。

だって私、先生と違ってファサーは難なくできるけど他のことは逆立ちしたって真似できないし、彼女のことをダメ人間だなんて思ったこと一度もないもの。

 




関連記事

By: Leyram Odacrem

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

By: Loren Kerns

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

By: Carlos Felipe Pardo

資料は1枚、時間配分と勝負どころを考える。

By: Carlos Felipe Pardo[/caption] 新規案件に関する資料や見

記事を読む

By: SpokaneFocus

おひとりさまのマネープラン 独身女性向け無料セミナーに行ってみた。

By: woodleywonderworks[/caption] 独身女性のマネープランにつ

記事を読む

setagaya_15

大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会った小さいお友達にそう言われたの

記事を読む

suginami_42

子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

80に手が届こうかという親が入院となるとドキリとするものではないかと思うのです。 いや

記事を読む

10年後のはたらきかたを考えよう

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

ota_68

普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このままではいつかやらかしてしまうと

記事を読む

bluecrystal

2015年の運勢を占う。

12月に入ると来年の運勢占いが雑誌やウェブのあちこちに登場しますね。 そんなことからもなん

記事を読む

By: Manu Praba

母が憎い、娘が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

By: arileu[/caption] 普段は静かな我が町内ですが、珍しく異様に騒がしい夜

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    こんにちは。

    お布団ファサーを読んで、文脈からベッドメイク的なことを示してるけど、ファサーという言い方もあるのかしら
    と、ググったのは私だけ?
    検索したのは私だけかも知れないけど、ファサーってそういうこと?
    と思った人は私だけではなかったと判明致しました。

    他人に対し、「そこ気にして、ここは気にしないっておかしくない?」
    と、多々思った(主に批判的に)時期がありましたが、他人も私の事そう思ってるんだろうと思い至った今日この頃。
    ひとりじゃないってぇ~、素敵なことね~♪
    とマリちゃんも言ってますが、年をとるのもほんの少しは成長していってて、「素敵なことね~♪」
    と、楽天的に日々精進です。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      まるで正式名称のごとくファサーファサー書いておりますが、アレに何か名前はあるのでしょうか。そしてファサーの心理学、とか書くとファサーって人?アドラーとかそういうの?と誤解される方もいるでしょうか。いませんかね。

      >年をとるのもほんの少しは成長していってて、「素敵なことね~♪」

      はい、私も年を取るのはなかなか興味深く面白いものだなあとしみじみ感じる派です!まだまだ修行が足りないもので他人に対して批判的になったり自分とは違う考え方を否定したりなんてこともたまにはありますが、十人十色をわかっているとハッと我に返れるのは大きいなあと思ったり。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

わかめと卵の炒めもの
数少ない冬の愛用品よ、さようなら。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人

150212lg
捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」

たらとわかめのしょうが蒸し献立
たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの

nakano-st17
同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、

えのき卵焼き
えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の

→もっと見る

PAGE TOP ↑