しなかった、できなかったことで得たもの。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方




パドルブラシ

たとえ襟足を刈り上げたとしても、3ヶ月も経過すれば結べる長さになる。つまり、失敗しても時が必ず解決してくれる。これが私が髪型をコロコロ変える理由であります。

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

いい感じの長さになってきたので、しばらくはこの重めのボブを楽しみたい。そんな思いとは裏腹に長さよりも多さ問題がのしかかる。

日に日に増える毛量、比例して伸びるドライヤー時間に疲れ果て、結局カットに向かったのでした。

カット、それは庭仕事

私のヘアカットとは髪型を変えるためでも、長さを切り揃えるためでもなく、毛量を調節することこそが真の目的なのではないか。40を過ぎてその事実にようやく気がつきました。毎度お任せしているスタイリスト氏ももちろん、それを承知している。

毛穴を維持する生き方。

氏のミッションはヘアカットではなく庭仕事。ぼうぼうに生い茂った荒地を整備するかのごとく、我が多毛と格闘していただいている次第です。

今回も依頼した雑草むしり取り作業。完了後に

「髪、ずっと変わらず健康でキレイですね」

とお褒めの言葉をいただきました。

しなかった、できなかったことで得たもの

shinjuku8

敏感すぎて手のかかる肌とは対照的に、幼少の頃から強くたくましく、そして成長も早かった我が毛髪。 それゆえ、どうしても放置気味な存在ではありました。最低限の洗髪やケアはしてきたものの、強く、美しく見せる工夫や努力の類は肌に全振りで、さほど構ってはもらえない不憫な子、もとい髪だったかもしれません。

その上、肌が弱いからという理由で90年代カラーリング全盛期でさえカラーを楽しめず。いや、何回か染めたことはあるけれど、長くは続けられない体質であると悟り、カラーリング戦線から早期離脱したのです。当然、地色歴が相当長い。

「結果、それがよかったのかもですよ。パーマやカラーを頻繁に繰り返していたら、今この年齢でこの健康な髪は保てなかったかもしれないですから」

氏の言葉に、なるほどそうかもしれんと頷く。

しなかった、できなかったからこそ得たもの。これは髪の話に限ったことではない。対人能力が低いせいで友達100人はできなかったけれど、その分孤独に強く一人を楽しめる能力を得た。飽きっぽく、何事も続かない性分だからこそ、安定しない生活や変化に強いメンタルを育めた。

一人で生きていくために大切な、稼ぐ力。

そう考えれば、世の中は案外うまくできている、のか。

褒めるところのない人はとりあえず髪でも褒めとけ論の存在は重々承知しているけれど、褒め言葉は素直に受け取り、そしてよろこぶおめでたさ。これもまた、馬鹿だからこそ得られたもの、と言えるでしょう。

 




関連記事

アイロンはいるのかいらないのか

捨てる日々、アイロンはいるのかいらないのか。

来月末までにもう少し持ち物を減らそうと考えています。 関連 減らす計画、捨てる日々再び

記事を読む

男性、女性 下着の平均所有枚数は?

By: Jean-Pierre Dalbéra[/caption] なんだかしょっちゅう下着を捨

記事を読む

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみたら、

記事を読む

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

MacBook Air '11

キーボードカバーの必要性と耐久性 2代目。

どうせまた1年くらいでダメになるだろうから、来年の今頃また同じ検証をしましょうね。 そ

記事を読む

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

モノを持たないミニマルな生活で「節約」できるのか。

タイトルの通りです。 持たない暮らしとお金の関係性について、 「ミニマリストは普

記事を読む

数字が示す真実と、理解しない適当さ。

体感としてなんとなく予想はついていても、実際の数値を示されると俄然現実味が帯びてくる。

記事を読む

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑