休肝日ごはん ねぎ塩豚丼献立。

公開日: : 最終更新日:2019/07/01 家飯, 食べること ,

豚ねぎ丼献立

休肝日の夕食は味噌汁とごはんを基本としたあっさり・シンプルなものが多いけれど、今日はガッツリ系の豚ばら肉を使った丼。

と言っても、具のほとんどを白ねぎが占めております。

予定では違うレシピで作りたかったねぎ塩豚丼。

塩味で炒めるこの方式を採用したのは、ねぎがちょっとした「訳あり品」だったからなのでした。

休肝日ごはん ねぎ塩豚丼献立

休肝日ごはん  ねぎ塩豚丼献立

  • 白菜と大根の味噌汁
  • きゅうりのぬか漬け
  • ねぎ塩豚丼

白菜と大根の味噌汁

白菜と大根の味噌汁

細切りにした大根と白菜、油揚げの味噌汁。出汁はいりこ。

きゅうりのぬか漬け

きゅうりのぬか漬け

本日のぬか漬けはきゅうり。

豚ねぎ丼

豚ねぎ丼

豚ばら肉は一口大に切り、塩、胡椒で下味をつけます。フライパンに少量の油を熱ししょうがの千切りと豚ばら肉を並べて軽く焼き色をつけたら細切りにした白ねぎを投入。炒め合わせて塩、胡椒、酒で味を整え、うつわに盛ったごはんにのせます。

丼ものなので塩と胡椒は気持ち強めに。豚と炒め合わせてごはんにのせるだけなので、白ねぎに限らず玉ねぎや青菜、これからの季節ならとうもろこしなどでもいいですね。

休肝日の献立

本当は豚ばら肉をカリッと焼いてごはんにのせ、ねぎ塩だれをかけて食べる、というパターンの丼にしたかったのです。ねぎ塩となると、そっちを思い浮かべるよね。

が、この炒めバージョンにした理由は白ねぎのコンディション。なんかよくわかりませんが、異様に固く水分の少ないねぎにあたってしまい、いつものねぎダレにしても全然しっとりしたタレにならなそうな予感がしたのです。

蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立。

そもそも今は白ねぎのシーズンじゃないし、シンプルな塩炒め丼もこれはこれで旨かったので結果オーライなんだけど、ここまで固いねぎは初めてで戸惑う私。美味しい野菜が安く買える贔屓の八百屋で買ったんですけどねえ。一体何があったのか。

「ちょっとおじさん、こないだのねぎ、なんだか固かったわよぅ」
「おやほんとかい?そりゃ悪かったね、じゃこのピーマン今日はお詫びに持っていきな」

気難しいと評判の八百屋の親父と社交性に欠ける私がこんな会話を繰り広げるはずもなく、ねぎの謎は謎のまま7月が始まるのであった。

 




関連記事

ぶりと青菜のごま油蒸し、きのこ汁で晩酌。

珍しく休肝日明けにワインメニューだったのでなんとなく久しぶりな感じがするいつもの晩酌。

記事を読む

焼き春キャベツ献立

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめ

記事を読む

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立で家飲み。

先日出先でふらりと入った居酒屋で気になるメニューを発見しました。それは 「たぬき豆腐」

記事を読む

1人暮らしでタイ料理 8/16 ヤムウンセンで晩ご飯。

昨日のストックがあれこれあるから、今日は料理しなくてもいいなー。 なんて思っていたのだ

記事を読む

キャベツと肉団子のスープ煮

キャベツと肉団子のスープ煮、にんじんの白和え献立。

立冬も過ぎ、そろそろ汁飲みの季節ですね。 汁飲み。それは、スープや鍋物など汁気の多い料

記事を読む

水菜のレシピと献立

水菜と油揚げの煮びたし、新玉ねぎとツナの塩昆布和え。

こいつらに任せておけば、必ずなんとかしてくれるだろう。 上司からの期待を一身に担う黄金

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

ぬか漬け つるむらさきのナムル 蒸しなすとトマトのサラダ 肉じゃが

肉じゃが、つるむらさきのナムル献立。

しつこくもイモメニューが続きます。本日は久しぶりに肉じゃがなどを煮てみました。 角がピ

記事を読む

秋鮭 献立

一人晩酌献立 秋鮭と白菜の酒蒸し、ベーコンと葱のスープ。

秋刀魚が歴史的不漁とニュースになっていましたが、例年と特に変わりない価格で手に入るのはなぜな

記事を読む

味玉のせサラダそうめん

休肝日ごはん 味玉のせサラダそうめん。

サラダそうめん、と称してはおりますが、そうめんは見えず。 具の下に、確かにいるのです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑