休肝日ごはん ねぎ塩豚丼献立。

公開日: : 最終更新日:2019/07/01 家飯, 食べること ,

豚ねぎ丼献立

休肝日の夕食は味噌汁とごはんを基本としたあっさり・シンプルなものが多いけれど、今日はガッツリ系の豚ばら肉を使った丼。

と言っても、具のほとんどを白ねぎが占めております。

予定では違うレシピで作りたかったねぎ塩豚丼。

塩味で炒めるこの方式を採用したのは、ねぎがちょっとした「訳あり品」だったからなのでした。

休肝日ごはん ねぎ塩豚丼献立

休肝日ごはん  ねぎ塩豚丼献立

  • 白菜と大根の味噌汁
  • きゅうりのぬか漬け
  • ねぎ塩豚丼

白菜と大根の味噌汁

白菜と大根の味噌汁

細切りにした大根と白菜、油揚げの味噌汁。出汁はいりこ。

きゅうりのぬか漬け

きゅうりのぬか漬け

本日のぬか漬けはきゅうり。

豚ねぎ丼

豚ねぎ丼

豚ばら肉は一口大に切り、塩、胡椒で下味をつけます。フライパンに少量の油を熱ししょうがの千切りと豚ばら肉を並べて軽く焼き色をつけたら細切りにした白ねぎを投入。炒め合わせて塩、胡椒、酒で味を整え、うつわに盛ったごはんにのせます。

丼ものなので塩と胡椒は気持ち強めに。豚と炒め合わせてごはんにのせるだけなので、白ねぎに限らず玉ねぎや青菜、これからの季節ならとうもろこしなどでもいいですね。

休肝日の献立

本当は豚ばら肉をカリッと焼いてごはんにのせ、ねぎ塩だれをかけて食べる、というパターンの丼にしたかったのです。ねぎ塩となると、そっちを思い浮かべるよね。

が、この炒めバージョンにした理由は白ねぎのコンディション。なんかよくわかりませんが、異様に固く水分の少ないねぎにあたってしまい、いつものねぎダレにしても全然しっとりしたタレにならなそうな予感がしたのです。

蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立。

そもそも今は白ねぎのシーズンじゃないし、シンプルな塩炒め丼もこれはこれで旨かったので結果オーライなんだけど、ここまで固いねぎは初めてで戸惑う私。美味しい野菜が安く買える贔屓の八百屋で買ったんですけどねえ。一体何があったのか。

「ちょっとおじさん、こないだのねぎ、なんだか固かったわよぅ」
「おやほんとかい?そりゃ悪かったね、じゃこのピーマン今日はお詫びに持っていきな」

気難しいと評判の八百屋の親父と社交性に欠ける私がこんな会話を繰り広げるはずもなく、ねぎの謎は謎のまま7月が始まるのであった。

 




関連記事

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

塩鶏と水菜の酒蒸し

晩酌メニュー 塩鶏と水菜の酒蒸し、葱の卵炒め。

食事の準備が終わってからテーブルを見て 「あれ?今夜はちょっとボリュームが少なめだった

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮のレシピと献立

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野

記事を読む

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立

キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツの味噌汁献立。 ごはんの

記事を読む

家呑み献立 9/3 野菜スープ、焼き厚揚げ、変わりオニオンスライス。

野菜メインのデトックスメニューは続く。 まあもともとあんまり豪勢な献立なんてないんですが。

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

豚汁で晩酌

豚汁、わかめ炒めで晩酌。

手軽にたっぷり野菜を摂取できる味噌汁といえば豚汁ですね。 食べ応えがあるから豚汁とごは

記事を読む

タアサイとむね肉のしょうが炒め献立

タアサイとむね肉のしょうが炒め、かぶの梅おかか和え献立。

今日はなんだか肉だわ、肉が食べたいわ。そんな気分の時は、むね肉が最適です。むね肉ってあっさ

記事を読む

蕪と塩豚のしょうが煮

晩酌メニュー 蕪と塩豚のしょうが煮、セロリとザーサイ奴。

予定通りの温かいもの。 そして蕪祭り。 ビジュアルがなんだか真冬の食卓、熱燗での

記事を読む

家呑み献立 9/10 雨の夜、久しぶりに芋を煮る。

  うーん、ピンが全然こない…そろそろGX100の限界か。 近日中に修理に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑