愚痴ばかりのおばさんが、つまらなくて怖い。

公開日: : 最終更新日:2021/07/15 生き方と考え方

仕方ないとはいえ、今年は友らに全然会えていない。

元々社交性のかけらもない私が、数少ない友人とも会わないとなると、毎日は本格的な静寂に包まれます。

ホント、全然喋らない。

特別話好きでもないから、それも苦にならない。と思っていたけれど、案外そうでもなかったのか。と、自分がわからなくなった出来事について。

溢れ出る不平不満の数々。

ようやく縛りが明けたので、久しぶりに軽く行きますか。と話していた矢先の逆戻り展開にうなだれながら、友人宅で昼酒しました。

平時は月1くらいで顔を合わせていた彼女とも、この4ヶ月くらい会えてなかったんだなあ。あっという間にもう夏で、いやはやいやはや。

ホントはあの店やあの店のハシゴなどで、微々たる応援をしたかったのだけれど、4回目のなんちゃらのせいでギリギリ叶わず。さらにはなんか、恐ろしい話が出てたじゃないですか。おいいつけ守らないお店は兵糧攻めしちゃうぞ的な。あれは一体なんぞ、流石にどうかしてると思うわ。みたいな苦言からスタートしたのがいけなかったのでしょうか。

まあ出るわ出るわ。不平不満愚痴の数々。どっから出るって、私の口から。

どうにもならない例のアレと、アレ対策への疑問。仕事関連、人間関係、ご近所の騒音、自分の現在過去未来。

順風満帆とは言えないが、それなりに愉快に暮らしているつもりでいたのに、あれ?私って、こんな不満だらけでしたっけ?

愚痴ばかりのおばさんが、つまらなくて怖い。

久しぶりに会えたうれしさと、人と飲むたのしさから調子に乗っていたことは明らかではある。しかし、それならばなおさら、もっとこう、血湧き肉躍る建設的な話題を提供すべきではなかったか。と、後になって反省しました。

親しき仲にも、礼儀あり。ねえちょっと、甘えすぎ。

わたしゃ自分のしょうもない愚痴なんかじゃなくて、友人が会えなかった間どうしていたかって話を聞きたくて出かけたのですよ。なのに、何一つ聞けなかったのですよ。くだらない愚痴を散々聞かされた相手は、もうたまったもんじゃありませんね。おまけにグラスまで割って、赤ワインカーペットにぶちまけたからね。暴れん坊かよ。

大変失礼いたしました。出禁になっていなければ、改めてお詫びに伺います。

愚痴ばかりいうおばさんの愚痴は大概つまらなく、でもそれあなたが選んだ道ですよね?というブーメラン案件である場合が多い。私のそれも、内容はあまりにもしょうもなく、大したことでもないのです。実際、平時の私はどうとも思っていなかったりするし。

せっかくの貴重な機会、我が信条である「酒は楽しく」を大幅に逸脱してしまったことを反省するとともに、自分のストレス耐性を過信してはいけないなとも思った次第。

例のアレで、というか、至上のよろこびである一人飲みに制限がかかったことで、想像以上のダメージ受けてるのかしら、私。生活に直接影響ないんだから、大変な人に比べたらへっちゃらだーい、とか言って、適当に自分をごまかしているだけだったのかしら。

自分のことがよくわかっていない人

自分のことがよくわかっていない鈍感な人間は、心や脳に細かい塵のような不要物を、ちまちま溜め込んでしまうのかもしれません。酔って愚痴を言うような失態をおかす前に、日々こまめに清掃いたしましょう。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

ちょっと切ない女性向け資産運用セミナーに参加した。

先日、資産運用セミナーに参加しました。 待って。 またかよ、とかそこ言わないで。

記事を読む

私の話を聞いてくれない。

人の話を聞かない。これはなかなかにネガティブな印象を与えがちな行動であります。「あいつ、人

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

儲け話を断れないのは性格だけの問題じゃない。

最近はめっきり無形商材なのですね。 友達から誘われて断れる? 「モノなしマルチ商法」若

記事を読む

誰もが今日も、ダイエットランドで。

「ダイエットランド」は、どんなストーリーなのか見当がつかない状態で見始めました。 タイ

記事を読む

3 Howw Hostel at Sukhumvit 21

やめる怖さ。

飽きもせず毎日ブログを書き続けて早3年。 関連 ブログ開設3周年。今、初めて知る事実。

記事を読む

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

NY地下鉄の乗り方

キレイなおばあさんは好きですか。

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょ

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    愚痴はあかんのかもしれませんが、言える(聞いてくれる)相手がいるならば、いいんじゃないでしょうか。
    自分の話ばかりだと思ってるのは、案外自分だけではないかとも思うし、思いたい(え)。

    しかし、あのお達しにはびっくりしましたね。お国は火消しに走ってますが、消えんでしょうな。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      なんとお優しいお言葉でしょう。そう言っていただけるとなんだか救われます、ありがとうございます。

      しょうもない自己嫌悪に陥るのもアレの弊害でしょうか。トカゲの尻尾切り施策をぼんやり眺める夏の日、陽当たりのいい酒場でパアッと昼飲みしたいですね。

  2. aki より:

    crispyさん、こんにちは。
    いつも楽しく読ませてもらってます。
    なぜか決まって週末ひとり呑みの時に。

    私は永らく友と呑めていません。いつも盆暮、GWに帰省する友達とも暫く会えてなく。
    思えば、昨夏久しぶりに帰省した友と会った時にcrispyさんと同じような状況でした。
    私も割りに独りが好きだと思っていたのにそうでもないのか?と愕然。短い時間しかないのに感染症対策や世の中への不平不満を言い募ったのでした。

    それから1年が経過しているにも関わらず状況が何ら変わらないので、最近は私が知らないだけで実は今も皆で楽しく呑んでるのではないか?との妄想まで。

    今回の記事を読んでcrispy さんでさえそうなのかと正直少し安堵しました。自分だけではないからといって好ましい状況ではないことに変わりはないけれど。
    crispy さんのお友達もそんな風に安堵したのではとお察しします。

    幸い私の住んでる地域では酒類提供の制限はなく(まもなく9時までの時短営業要請が始まりますが)店での飲酒は可能です。ひとり呑み頻度の上昇が止まりません。
    法律上飲み会も可能っちゃ可能なんだろうけど、会社でもプライベートでの飲み会まで自粛要請される始末。
    いつから自粛って要請されることになったのか。日本語がおかしい。
    そうなってくると友達を誘うのも憚られる。でもやっぱりたまには誰かと呑みたい。
    それをいつでも出来る自由が欲しい。と思う今日この頃です。

    • crispy-life より:

      akiさん

      またまたやさしいコメントを頂戴してしまいました、ありがとうございます。

      酒飲んで愚痴なんて褒められたことではないけれど、妙ちくりんなこの状況、誰しも少なからずは鬱積を溜めているのかもしれませんね。そして孤独好きな人間だからこそ、たまの他者との接触が、自らを理解したり、省みたりする機会になるのだろうなとも。大丈夫です、酒飲みはみんな悶々としてます。どこかで楽しくなんてやれておりませんことよ。

      akiさん同様、私も今回のコレが明けた暁には、嬉々として街へ繰り出すつもりです。前回と今回の間にあった一瞬のパラダイスでも、一人で3軒ハシゴとかしてましたから。一人飲みにて体調を万全に整えたのち、意を決して友を誘い、再会の酒を酌み交わしてやろうと妄想しています。

      外飲みできる。それだけでパラダイスだと思えちゃうこれすなわち、みんなもともと楽園の住人だったのですね。失くしてから気づく幸せ…(ため息)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑