トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 家飯, 食べること

トリュフ塩のオムレツ

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。

そう言われても何ら不思議はないビジュアルですが、夜ご飯です。

遅い時間にたっぷり昼を食べたのでもう夜は抜こうかなと思ったのですがやっぱりちょこっと呑みたいじゃないですか。

というわけで軽めにオムレツなど焼いてみたのでした。

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン

オムレツ献立

  • バケット
  • ほうれん草とトマトのサラダ
  • トリュフ塩のオムレツ

卵2個を割りほぐしてトリュフ塩を加え、バターで焼いたオムレツ。塩にトリュフの風味があるとはいえ、一応プレーンオムレツ、でしょうか。

あとは生食用ほうれん草とトマトに粗塩とオリーブオイルをかけただけのサラダとバケットで朝ご飯のような晩ご飯と赤か白か散々迷った末の赤。オムレツってそもそもあんまりワインに合わせる料理じゃないような気もするけれど、バターとトリュフの濃厚さをまとったオムレツはなかなかいい感じでワインが進みました。白でもよかったなー。

ワインを飲む日のおつまみレシピ

それにしてもオムレツが残念なビジュアルに。卵2個使ったから完成形はもっと大きくなると想像してたんだけど、卵が小さかったかな、それともフライパンが大きかったのか、いや、単なる焼き技術の未熟さか。それでも同じ卵勝負の料理であるだし巻きと比べたらオムレツって格段に楽だよねえ。ガーって一気にフライパンに流し込んでガーって混ぜてガッと巻いて、ものの数秒でできちゃうんだから。その分ベストなタイミングを見誤ると別物になってしまうという危険性はありますが。

こういう短時間勝負でちょっとしたコツを用する料理って、続けざまに何度も作っているとふとした瞬間に何かが掴めてそこから格段に進歩を遂げる気がします。が、青菜炒めとかなら毎日作り続けて食べ続けられそうだけど、卵2個にバターも使うオムレツを毎日はキツイよねえ。せいぜい週1くらい?あ、毎日朝ご飯はオムレツ、って人はいるのかも。

宿泊先のホテルの朝食で目玉焼きが双子だったりするとそれだけで本日卵過多!などと妙に警戒してしまう私はビビリなのでしょうか。

参考 卵とコレステロールの関係は誤解!(日卵協)

日本でも1981年に、人体とコレステロールに関する興味深い研究結果が発表になりました。健康な成人に、1日5~10個のタマゴを5日間連続して食べさせるという実験です。その結果、1日に10個ずつ食べた人でも血中コレステロールの値はほとんど変化しないことがわかりました。

1日10個5日間。それはなかなか厳しい実験で。

個人の体質によるところが大きいので一概にはいえませんが、2個くらいでそんなにオロオロすることはないんでしょうね。

 




関連記事

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

麻布十番PIZZA STRADA

一人で酒を飲むならば 一人飲みの店選び ’18SS。

久しぶりに昼から泡をざぶざぶ飲もうよ。この季節、やっぱりテラス席がいいよねえ。 友人か

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え献立。

以前晩酌献立シリーズをお読みいただいているどなたかに、えらい細かく食材使い回しますよね、との

記事を読む

家飲み献立 11/19 手羽先とキャベツの蒸し焼き、しいたけと三つ葉の和え物他全5品。

寒くなってくると、野菜類が俄然頼もしくなってきますね。 近所の市場の八百屋さんはいい野

記事を読む

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑