“BRAND COLLECT” の買取査定額が確定した。

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 ミニマルライフ, 捨てる

ブランド買取体験談

ZOZOとBrandearに引き取ってもらえなかったブランドアイテムをBRAND COLLECTにも買取依頼してみる、と書きました。

参考 “BRAND COLLECT” にブランドアイテム買取を依頼してみた。

すぐに買取キットが送られてきたのですが、その中身は他の会社に比べて随分シンプルな「A4コピー用紙の説明書1枚」。

あれこれ過剰なものが入っていないところに妙に共感してしまい「こういうところに経費をかけずに、査定額で還元しているのでは」などとなんの根拠もない期待感を胸に秘め、以下のアイテムを送りました。

BRAND COLLECT 査定結果

omg

送ったものは以下。

  • デニム(D&G)
  • キーホルダー(GUCCI)

さて、結果は…。

『買 取 不 可』

ズコーーーッ。

はあ、やっぱりどこもそうなんですね。

ブランド買取業界では、ごく一部のアイテムを除いて「新作ほど高値」が常識のようです。保存状態がよくても、古いコレクションは値がつかないのだと今回改めて悟りました。

所有者心理としては「これは〇年前のコレクションで今では手に入らないから希少価値があるのだ」などと信じたくもなりますが実はそんなことは全然ない、という切ないお話。もちろん、世間的に全く価値なんかなくても、自分が好きだと思えるものを長く大切に使い続けるのならOKなんですけどね。

高級ブランド品も本当に必要ならば購入して、長く使えばいいのですが、流行りだからとかセールだったからなんて「なんとなく」買ってしまったブランド物って、残念ながら「買った瞬間」が嬉しさのピーク。後々トホホな気分になってしまいますね。

ああ、人生勉強の連続。

若かりし日に「なんとなく」手に入れてしまったもの、私も決して少なくはありません。でも、自分の行きたい道、なりたい姿がようやく見えてきた今となっては、自分を大きくみせるためにブランドアイテムで「武装」する必要はもうないかな、なんて思えます。

※追記
BRAND COLLECTは2014年11月で業務終了したようです。

参考 その他の古着・ブランドアイテム買取サイトの利用記録






関連記事

捨てる日々、日本人が今なおFAXを使う理由。

By: Scott Schwartz[/caption] 訳あって現在所有している荷物をもう

記事を読む

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

音楽を聞かなくなった理由。

音楽CDのデータ化やるやる詐欺は1年以上になりますが、CDはまだまだたっぷりあるし、既にiT

記事を読む

部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇。

2019年は、ベトナムで寝台列車に揺られていた。ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。さ

記事を読む

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

奥さん夏です、7月です。 というわけで、いつもの定例ポストです。毎月月初に捨てたものと

記事を読む

8月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15。

By: Patrik Jones[/caption] 毎月初めに1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

今日捨てたもの その数字は最高の選択基準か。

By: Randen Pederson[/caption] コインって貯まるよねえ。 「貯

記事を読む

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑