持たない暮らし、友達と一緒に買い物に行ったらどうする?

公開日: : 最終更新日:2020/05/14 ミニマルライフ

自分は必要なものしか買いたくないが、友達と一緒に買い物にいく場合どうすればいいのか。

恐らくそんな疑問を持って検索して来られる方がちょこちょこいるようです。

え、そんな記事書いたっけ?記憶にないんだけど…と確認してみたところ、この辺りの記事がひっかかっている模様。

参考 持たない暮らしと買い物について改めて考える。

これを書いたのは去年の8月かあ。なんだか既に懐かしい。

友達と一緒に買い物には行かない

さて、せっかくなので書いてみますが、そもそも友達と一緒に買い物には行きません。

人の買い物に付き合うのは決して嫌いではありません。ワンサイズ小さいほうがいいんじゃない?とか、こっちの色のほうが似合うよー、とか無責任にアドバイスするのはむしろ好きです。

が、自分の買い物は断然1人でしたい。
目当ての店に付き合ってもらったり、試着して迷うのを待ってもらったりするのがイヤなんです。自分が付き合うのは苦にならないけど、付き合ってもらうのは苦。よって、友達の買い物には付き合いますが、自分が買い物する時に誰かを誘って一緒には行きません。

とはいえ、若い頃はそれなりに友人と一緒に服を買いに行くとか、ファミリーセールの招待状あるから一緒に行こうよ、なんていうお出かけもありました。そしてそんな時にはやっぱり必要のないものを買う傾向が強かったように思います。

既にブランディアに買い取ってもらったフェラガモのスニーカーもそうだった。

参考 ブランディア(Brandear)の買取査定額が確定した。

どう考えても絶対履きそうにないデザインなのに、セールのお得感と友達と一緒というイベント的気分に乗せられて買ったけど、結局殆ど使わないままだったもの。

買わなくても一緒に出掛けられる

chiangmai16

そんなわけで現在は友達と一緒に買い物に出かける機会がめっきり減った私ですが、皆無ではありません。例えば、旅先とかね。

参考 チェンマイナイトマーケット。人気のお土産は?

チェンマイのナイトマーケットに出かけた時は女性数人と一緒だったのですが、みんながお土産や洋服などをあれこれ購入している横で私はビール片手に写真を撮っているだけでした。物理的に持ち物を増やせない状態だったということもありますが、それでもどうしても欲しいものがあれば買ったはず。

以前の私なら、みんなが買っているから私も買わなきゃ!と欲しくもないものをあれこれ選んでいたと思います。でも、欲しいものだけ手に入れると決めてしまった今となっては友人と一緒であろうが旅先であろうがお得であろうが、無闇に買い物をすることはありません。

そして、買わなくてもマーケットで過ごす時間は十分楽しかった。帰りの車の中で別行動していた人たちと戦利品の報告大会になってみんなが買ったものを見せてもらうのも楽しかったのです。

「で、crispyさんは何買ったの?」

と聞かれたので

「ビール呑んだだけだよーアハハ」

と答えると、みんなは特に不思議がることも非難することもなく、そうなのよねえ、旅慣れた人ってあんまり買い物しないのよねえ、と笑いました。

それだけ。

この時、あれ?なんで昔はみんなと出掛けたら同じように買わなきゃダメだと思い込んでたんだろう?と不思議に思えました。ケチだと思われたくないとか、輪を乱しちゃダメだから、とかだったのかしら。別に人が物を買おうが買うまいが、こんな風に誰も気にしちゃいないのに。

今となってはわかりませんが、「買い物」と「友人との付き合い方」について何か大きな思い違いをしていたような気がしてなりません。一緒になって買うことと友人関係自体には何の因果関係もないのです。

結論。楽しいならば一緒に行けばいいじゃない

というわけで、友達と買い物に行ったからといってみんなと同じように買わなきゃいけない、なんてことは一切ないと思います。

もしも私が何も買わないことで一緒にいる相手が変に気を使うなら申し訳ないとも思うけれど、そもそも相手が何を感じるかは相手にしかわからないこと。いかなる場合も私は他人の気持ちをコントロールできません。

自分がコントロールできないことはあれこれ考えても仕方ない。

ましてや私と対照的にあれこれ買う友人に買い物を控えるように諭したり消費スタイルを非難したりするつもりもさらさらありません。

だって、何がよくて何を楽しいと感じるかは、人それぞれだから。

私が持たない生活を快適に感じるからといって、他人も同じとは限りません。買う人は買えばいいし、買わない人は買わないでいい。そしてそんな「お出かけ」をみんなが楽しめるなら、一緒に出かければいいじゃない。みんなできる範囲で好きに生きていきましょう。

と、本日も毎度おなじみの結論に着地するのでした。




関連記事

スマートフォンのない生活 ’18。

スマホ代わりに愛用中のiPod touchがそろそろヤバそうなので、買い替えを検討。

記事を読む

あるから不便を感じる不思議。

うちも導入したんですよ。キャンペーン中だし、せっかくだからcrispyさんも! 近所の

記事を読む

バッグインバッグ

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

By: Maegan Tintari[/caption] 多くのモノを持たない生活をしている

記事を読む

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

パソコンを眺めて1日が終わる。

恐ろしいのであまり考えたくはないのですが、就寝時間を除いた18時間のうち、相当な割合を画面凝

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

ボダム フレンチプレス

フレンチプレスコーヒーメーカーを久しぶりに使う。

シンプルライフ、ミニマリストとその名称は時代によって変化していきますが、整理整頓・お片づけ界

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

お正月は帰省して両親宅で過ごすと決めているので2016年もいつもと同じような年明けを迎えまし

記事を読む

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑