持たない暮らし、友達と一緒に買い物に行ったらどうする?

公開日: : 最終更新日:2020/05/14 ミニマルライフ

自分は必要なものしか買いたくないが、友達と一緒に買い物にいく場合どうすればいいのか。

恐らくそんな疑問を持って検索して来られる方がちょこちょこいるようです。

え、そんな記事書いたっけ?記憶にないんだけど…と確認してみたところ、この辺りの記事がひっかかっている模様。

参考 持たない暮らしと買い物について改めて考える。

これを書いたのは去年の8月かあ。なんだか既に懐かしい。

友達と一緒に買い物には行かない

さて、せっかくなので書いてみますが、そもそも友達と一緒に買い物には行きません。

人の買い物に付き合うのは決して嫌いではありません。ワンサイズ小さいほうがいいんじゃない?とか、こっちの色のほうが似合うよー、とか無責任にアドバイスするのはむしろ好きです。

が、自分の買い物は断然1人でしたい。
目当ての店に付き合ってもらったり、試着して迷うのを待ってもらったりするのがイヤなんです。自分が付き合うのは苦にならないけど、付き合ってもらうのは苦。よって、友達の買い物には付き合いますが、自分が買い物する時に誰かを誘って一緒には行きません。

とはいえ、若い頃はそれなりに友人と一緒に服を買いに行くとか、ファミリーセールの招待状あるから一緒に行こうよ、なんていうお出かけもありました。そしてそんな時にはやっぱり必要のないものを買う傾向が強かったように思います。

既にブランディアに買い取ってもらったフェラガモのスニーカーもそうだった。

参考 ブランディア(Brandear)の買取査定額が確定した。

どう考えても絶対履きそうにないデザインなのに、セールのお得感と友達と一緒というイベント的気分に乗せられて買ったけど、結局殆ど使わないままだったもの。

買わなくても一緒に出掛けられる

chiangmai16

そんなわけで現在は友達と一緒に買い物に出かける機会がめっきり減った私ですが、皆無ではありません。例えば、旅先とかね。

参考 チェンマイナイトマーケット。人気のお土産は?

チェンマイのナイトマーケットに出かけた時は女性数人と一緒だったのですが、みんながお土産や洋服などをあれこれ購入している横で私はビール片手に写真を撮っているだけでした。物理的に持ち物を増やせない状態だったということもありますが、それでもどうしても欲しいものがあれば買ったはず。

以前の私なら、みんなが買っているから私も買わなきゃ!と欲しくもないものをあれこれ選んでいたと思います。でも、欲しいものだけ手に入れると決めてしまった今となっては友人と一緒であろうが旅先であろうがお得であろうが、無闇に買い物をすることはありません。

そして、買わなくてもマーケットで過ごす時間は十分楽しかった。帰りの車の中で別行動していた人たちと戦利品の報告大会になってみんなが買ったものを見せてもらうのも楽しかったのです。

「で、crispyさんは何買ったの?」

と聞かれたので

「ビール呑んだだけだよーアハハ」

と答えると、みんなは特に不思議がることも非難することもなく、そうなのよねえ、旅慣れた人ってあんまり買い物しないのよねえ、と笑いました。

それだけ。

この時、あれ?なんで昔はみんなと出掛けたら同じように買わなきゃダメだと思い込んでたんだろう?と不思議に思えました。ケチだと思われたくないとか、輪を乱しちゃダメだから、とかだったのかしら。別に人が物を買おうが買うまいが、こんな風に誰も気にしちゃいないのに。

今となってはわかりませんが、「買い物」と「友人との付き合い方」について何か大きな思い違いをしていたような気がしてなりません。一緒になって買うことと友人関係自体には何の因果関係もないのです。

結論。楽しいならば一緒に行けばいいじゃない

というわけで、友達と買い物に行ったからといってみんなと同じように買わなきゃいけない、なんてことは一切ないと思います。

もしも私が何も買わないことで一緒にいる相手が変に気を使うなら申し訳ないとも思うけれど、そもそも相手が何を感じるかは相手にしかわからないこと。いかなる場合も私は他人の気持ちをコントロールできません。

自分がコントロールできないことはあれこれ考えても仕方ない。

ましてや私と対照的にあれこれ買う友人に買い物を控えるように諭したり消費スタイルを非難したりするつもりもさらさらありません。

だって、何がよくて何を楽しいと感じるかは、人それぞれだから。

私が持たない生活を快適に感じるからといって、他人も同じとは限りません。買う人は買えばいいし、買わない人は買わないでいい。そしてそんな「お出かけ」をみんなが楽しめるなら、一緒に出かければいいじゃない。みんなできる範囲で好きに生きていきましょう。

と、本日も毎度おなじみの結論に着地するのでした。




関連記事

なくなったらつまらないものそれは。

突如発生した妙な出来事について、丸1日考えてみても全然理解できずにいます。 昨日夕方

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

あなたが今すぐモノを減らすべき5つの理由?

捨てたものと買ったものを毎月記録し続けています。 関連 捨てたものリストと買ったもの

記事を読む

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。働

記事を読む

掃除機はいるのかいらないのか

片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、いざ実行してみると一種ストレス

記事を読む

シンプルな暮らしがあなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

→もっと見る

PAGE TOP ↑