今日捨てたもの 8/9 カセットテープを処分。

公開日: : 最終更新日:2015/05/09 ミニマルライフ, 捨てる

oldradio

今月は毎日1つづつ何かを手放す月間です。
本日で9個目ですが、また凄いものが出てきましたよ。

 

今日捨てたもの

casettape

  • カセットテープ

 

キャー!! TDK AD!!
先日TVケーブルが出てきた引き出しの奥から発掘されたのですが、どういうことでしょう。

恥ずかしいのでタイトル部分を加工してますが、これ、私が中学生の頃に一番好きだったアーティストの一番好きだったアルバムを録音したテープ。文字通り「擦り切れるほど」聴いたものです。
が、実家を出てからカセットテープを再生する機器は一切所有しておらず。どういうつもりで実家から持ち出したのか謎です。

カセットテープ…って。

そういや、A面B面の概念がなくなって久しい。レコード時代は

「このアルバム、B面1曲目にこれを持ってくるとこがポイントだよね」

なんていちいち講釈垂れたものですが、そんな文化は今や昔。レコードはCDになり、カセットテープはMDになり、そして誰もいなくなった…。

ここ30年の音楽メディアの変化を冷静に考えたら怖いくらい。だってたかだか30年でここまで変わる?いや、自分がそれだけ長く生きているということなのか。
もう音楽を楽しむのに「カタチ」は必要なくなりましたが、まだ進化するのでしょうか…。脳に埋め込み、とか?

大切なレコードを劣化させたくなくて、せっせとカセットテープにダビングしてたあの頃。まさか自分が書いた文章を不特定多数の人に読んでもらえる場が誰でも持てるようになるなんて、想像もしていなかったな。

ところでこのアルバムは今でも大好きで、カセット以外の方法で聞き続けています。
音楽は聞いていた頃のことを思い出すトリガーになると言うけれど、このアルバムは頻度こそ変われどずっと聞き続けているので、特定の思い出は浮かんでこない。
なんかそれはそれで、ちょっと素敵なことなのかも。

 

サンコー カセットテープをMP3に変換するプレーヤー USSW175A
サンコー (2011-02-17)
売り上げランキング: 15,667



関連記事

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

ブランディア(Brandear)の買取査定額が確定した。

先日査定申込をしていたブランディアから、買取額確定のメールが来ました。 参考 ブランデ

記事を読む

暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連 家飯 一人晩酌献立 手

記事を読む

散らかすのが得意な人間が散らかさないために。

年始に作成した今年やることリストに、「ものを減らす」という項目があり、久しぶりに大掛かりな改

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

モノを溜め込む人とは友達になれない。

By: Steve Jurvetson[/caption] 「〇〇な人とは友達になれないわ」

記事を読む

今日捨てたもの 9/30 寿命が尽きて、必要性を考える。

By: jsnsndr[/caption] 不要なもの、使わないものはほぼほぼなくなった我が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑