履けない履かない靴のその後。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

履かない靴

ずっと履いていなかったパンプス。
他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイトで引き取ってもらおうかな、などと考えていたのですが。

関連 捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

あの後細かいものはちょこちょこと整理・処分したのだけれど、洋服に関しては不用品が出なかったので当初の目論見は使えず。

どうしましょう、もうこれは潔く処分かな、と思ったのですが。




すぐに引き取ってくれる人が現れた

引越し前にふと思い立って件のパンプスを譲りますBOXに出してみました。

以前の住まいには使ってくれる人がいたらどうぞお使いくださいな、的なものを入れておく譲りますBOXがありました。引越しで不要になった収納グッズや着なくなった洋服、はたまたいただいたけれど一人では食べきれない量のお菓子などを必要な人の元へと循環させる仕組みですね。

そうだ、その手があった、と戯れに出品してみると数時間後には感謝のメモと共にかわいいお嬢さんの元へと引き取られていきました。わあ、よかった。引き取ってくれてこちらこそありがとう、という気持ちになる私。めでたしめでたし。

自然発生的に存在していたこのBOXですが、いいなと感じたのは出品者がきちんと管理をする点。ここが単なる不用品置き場と化さなかったのは、それぞれが

「1週間後に引き上げます」

など、出品期限を明確していたからでしょう。これがないとそれこそゴミ捨て場になってしまって別の問題が起こりかねませんからね。最後にこのシステムを活用できたのはなんだか嬉しい出来事でした。

あげるのももらうのも苦手な理由

捨てるにはちょっと忍びない、けれど売るほどのものではない、とくれば誰かにもらってもらいたいと考えるのが人情。けれど、自分が捨てられないからといって人に押し付けるのは失礼じゃないのか、という気持ちを昔から少なからず持っています。

関連 プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

幼少の頃我が家は洋服やら電化製品やらよくモノをもらえる家でした。
私の父はタダでもらえるものなら必要か否かにかかわらずなんでもありがたく頂戴するタイプ。昔家族で焼肉を食べに行きもう歩くのも精一杯なくらい満腹になった帰り道、ふと見かけたお好み焼き屋の前で

「ねえねえ、この満腹状態でいくら積まれたらお好み焼き食べる?」

とつまらない冗談を言うと

「タダなら食べる」

と真顔で答えた猛者であります。

関連 妙な経緯で手に入れた USB ACアダプタ。

なんでも喜んで引き取ってくれる父の元に友人知人から不用品が舞い込んでいたであろうことは想像に難くありません。まあ不用品、といってもそれなりの品々をいただいていたのですが、物事の分別がつくある程度の年頃になった私はこれが嫌で仕方ありませんでした。

「うちが貧乏だからってみんなバカにしてるんだ」

なんて思ってしまったのですね。拗らせてますね、ひねくれてますね、親に腹一杯焼肉食べさせてもらっておいてこの発想ですよ。アホかと。

思い込みと考えすぎの日々

今となってはこれも思春期特有の面倒くささであると理解できるのですが、ものをもらったり譲ったりに少々抵抗があるのはこの頃の体験が少なからず影響しているのかもしれません。が、自分がそうだからといってみんなも同じ考えのはずだ、と決めてかかるのはこれまた危険なお話で。

関連 本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

自分の不用品を誰かに譲るなんて単なる押し付けじゃないのか、とか、失礼にあたりゃしないか、なんてもじもじ考えていたけれど、わーい嬉しいありがとう、と引き取ってくれる人がいればそれはそれでOK、何も問題などないのでした。

自分の考えやスタイルは大切ではあるけれど、それが唯一の正解でもなければ全世界に通用するわけでもない。というか、いちいち考えすぎなんだってば。

ミニマリストの持たない暮らし

こういうことがあると日々しょうもないことばかり考えて生きているなあと脱力しきり。もっと他に考えることあるんじゃないかと思わなくもないのですが、みんな日々何を考え生きているのだろう?とか考えだすとまた妄想が止まらなくなるのでした。






関連記事

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

By: Gabriel Saldana

捨てたら見えた偏愛傾向、それでもやっぱり欲しいもの。

By: Gabriel Saldana[/caption] 身内の引越しをネタにしたことがあ

記事を読む

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

note16

2017年のスケジュール帳はどうする。

あああすっきりした。 昨日時間の使い方云々と書いた矢先ではありますが。 関連 デ

記事を読む

award

2016年、買ってよかったものベスト3。

月初といえば毎度お馴染み定期ポスト、なのですが。 関連 これまでに捨てたものリストと買

記事を読む

cebu-driver_2

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

refoundation

リ・ファウンデーション 買取額が確定した。

昨日、香水とサンダルのオンライン査定を依頼していたリ・ファウンデーションに現物を送付しました

記事を読む

deskwork

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

140827lg.min

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

clothes

引越し1ヶ月経過でまたまた捨てた。少し切ない。

今日でシェアハウスに入居して4週間経過しました。 早いもので1ヶ月。 引っ越作業中にか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
必要最低限のメイク、厚化粧の女。

これは、というテクニックが身につくとどんどん追求したくなって、

焼き春キャベツ献立
焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉

setagaya_15
大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会っ

きくらげとねぎの卵炒め献立
きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨

konbu
昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑