捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

公開日: : 最終更新日:2017/08/20 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

無駄なものはそう多く所有していないのですが、もう少し減らすことにしました。

関連 減らす計画、捨てる日々再び。

目安は2割減、実施期間は10月末まで。

現状所有している荷物の殆どを占めるのは洋服や靴、鞄などのファッションアイテム関連です。これは私がずば抜けた衣装持ちだからではなく、ベッドや冷蔵庫、洗濯機などの大きな家財道具を持ち合わせていないゆえに起こっている現象です。

あるもの全部使えているか?と言えば、まあ使えてないんですけどね。

今日捨てたもの

履かない靴

  • パンプス

結構な高さのあるパンプス。5年位前にH&Mで購入したものですが、3回くらいしか履いた記憶がありません。しかもその3回は全て購入したての頃であり、つまりはここ数年間は一切登場していなかったことになります。

使用頻度が著しく低い理由はただ一つ、とにかく歩きにくいから。

5年前は気合い入れて無理すればなんとかなっていました。まあそれでも徒歩10分以上の距離はタクシー使っちゃってましたが、今はそれでももう手が出ないなあ。ヒールは相変わらず好きなのだけれど、どうしても歩きやすいデザインのものばかりを選んでしまいます。

関連 ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

今の住まいに越してからはすっかりインテリアと化していたこのパンプス。色味が派手なので収納のない部屋のアクセントにはなっていたけれど、眺めていてうっとりするほど好きなアイテムというわけでもなく。

そもそもそれまではファストファッション系の靴には手を出さなかったのに

「こういう色柄モノをお遊びで試すのもいいかも」

なんてプライスの可愛らしさにつられてロクに履き心地もチェックせず買うからこんなことになるのだ。ただでさえパンプスはヒールの角度やら履き口の開きなど微妙なバランスで歩きやすさが全然変わってくるのだと嫌という程知っているくせに。

やれやれ、なんだか活用できずにごめんなさいね。ここらがお別れのタイミングですね。

履かない、履けない靴の行方

まだ十分使える状態であることは確かなので捨てるのはどうにも忍びないけれど、いくらキレイでもモノがモノなのでブランド買取云々という話でもない。ならば他に手放すものと一緒にファストファッション系をまるっと買い取ってくれるサイトに引き取ってもらう、という手もありますね。

関連 手放す服の買い取り査定額が確定した。

しかし5年前の商品となるとさすがに無理かしら。10cmヒールを現役でバリバリ履きこなせる若いお嬢さんの元で再び活躍してくれたら嬉しいのだけれど。

というわけでとりあえずはさよなら確定行き先保留という微妙な位置付けにします。

ミニマリストの持たない暮らし

私と同様もともとフラットシューズをあまり持っておらず、華奢なパンプスやちょっと無理のあるデザインのブーツなんかを好んで履いていた人は特に40代に入ると足元の傾向を変えざるを得ないのかもしれません。今日の打ち合わせもワイドパンツにスニーカーというコーデだったし。

もちろん、ヒールを一切諦めたわけではないけどね。

関連 履けない履かない靴のその後。

 




関連記事

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

何かを捨てる、手放す時のパターンにはいくつかあって。 これはもう役目を終えたな、などと

記事を読む

シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

By: Haldane Martin[/caption] 現在シェアハウスで生活しているので

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

今日捨てたもの すごく便利なお掃除グッズ。

By: Paul O'Mahony[/caption] 普段細々と掃除しているつもりではいる

記事を読む

70代ミニマリスト主婦に買ったもの。

みんな大好き70代ミニマリスト主婦も、そろそろ80代が見えてきました。 70代ミニマリ

記事を読む

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

実家の片付け、まずは主役は誰なのかを定義する。

By: daveynin[/caption] 週末の朝、いつものカフェに出かけたら、たまたま

記事を読む

40~60代、おとな女性の一人暮らし。

10/30に主婦の友社から「自分らしく、ひとりで暮らすということ」が発売になりました。

記事を読む

あるから不便を感じる不思議。

うちも導入したんですよ。キャンペーン中だし、せっかくだからcrispyさんも! 近所の

記事を読む

少ない服で秋ファッション(2)家で洗えるレザージャケット。

暑い。 夏の陽気に逆戻りですね。 正直この暑さの中、秋服について書くテンションでもな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑