実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

公開日: : 最終更新日:2018/09/16 ミニマルライフ

40代、50代と年齢を重ねると自宅だけじゃなく実家のこともあれこれ考えなくてはならなくなります。

実家の断捨離問題についてはここでも何度か書きました。

参考 帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

私は基本的に親子といえども別世帯なのだし、両親の好きに暮らせばいい、と考える派。

もちろん大掛かりな片付けが必要になった時にはいつでも手伝う準備はありますが、親にあれを捨てろ、これを捨てろ、というようなことは一切言いません。

10年開けられていないダンボール

幸い私の両親は「モノがたくさんあることこそ豊かな証拠」という昭和のど真ん中を過ごしてきた70代の夫婦にしてはすっきりとシンプルに暮らしていると思います。もちろん、そうなる理由があってのことですが。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

そして私が両親の好きにすればいい、などと気楽に構えていられるのは、そこが「私の実家」ではなく「両親の住まい」でしかないことも大きいかも知れません。

両親ともにきれい好きなので、いつ行ってもびっくりするくらい清潔が保たれていることには毎度安心するのですが、次に両親の家に行ったらやろうと思っていることがあります。

それは、押入れの整理。

両親の家の押入れに引越し当時から一度も開けられていないダンボールがいくつか詰め込まれているのがずっと気になっていました。

側面に「本」と書かれた、ずっしり重いダンボール群…。

重いものは移動する時のことを考えて低い場所へ置くのは収納の基本。なのに、引越し当時はまだまだ体力のあった父は何を思ったか一番上の棚にダンボールをびっしりと並べてしまいました。以後誰も整理ができず、棚の板が撓んでしまっているのです。

収納センスゼロは父譲りか

By: Russ

父親はきれい好きの掃除好き。
風呂上りには毎回スクイージーで水滴を拭い去り雑巾で乾拭きするほどマメなのですが、残念ながら収納センスは皆無。雑貨好きと無駄に器用なこととが災いして、突っ張り棒や100均の便利グッズを駆使した空間の有効利用も生活導線もてんで無視の完全オリジナル自己満足収納が大の得意です。

私も収納センスがないのでモノを減らすことでしかすっきりと暮らせないと自負しています。ああ、妙なDNAを受け継いでしまいました。

一緒に暮らしていたらそんな父のポイントズレまくりの収納術は格好のイライラポイントなのかも知れませんが、所詮は人の家。
本格的に棚がヤバくなったらさすがになんとかするだろうとこれまでは放置していました。

が、昨年大病をして入院生活を余儀なくされた父は退院後、電球の交換すら私に頼るように。母はもともと力仕事や電気、機械関係ができない人なので、大仕事は私の帰省中に一気にやるしかありません。

いつも年末年始にしか帰省しませんでしたが、父の体調のこともあるし、今年は夏も帰ろうかどうしようか…などと考えていて、次回はあのダンボールをどうにかしたほうがいいな、とふと考えました。

残念ながら私も腕力に全く自信はないのですが、ダンボールを棚に置いたまま中身を少しづつ取り出す作戦でまあなんとかならないこともないでしょう。
10年近く一切開封されなかったダンボールに詰め込まれた本は必要ないものであることは明らかなので、速やかにBOOK OFFに引き取ってもらうことにしよう、そうしよう。

片付けのことで親とゴタゴタしない自信の根拠

捨てて欲しい子供と捨てられない親。
実家の片付けはとてもデリケートかつ難しい問題のようで、最近は実家の断捨離をテーマにした本や雑誌をよく見かけるようになりました。

けれど私はモノを捨てる、捨てないで親と絶対に揉めない自信があります。
その理由は基本的に親の好きにすればいいと割り切っていることと、家族仲が極めて良好なこと。

実家の断捨離はモノの問題というより家族のコミュニケーションの問題であることが多いと思うので、その点我が家は幸運です。

参考 難しい実家断捨離問題。本質は別のところにあるのかも。

親から受け継ぐ予定の遺産は1円もなく、相続で揉める予定がないのも実はラッキーなのかもしれませんね。

モノを持たずに身軽に暮らす

いつかはやらなきゃいけないことだし、棚が壊れて事故になってからでは私が後悔すると思うので、ダンボール群の整理は次回是非。

今から足腰鍛えなきゃなあ。

※追記 実施しました
関連 引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

 




関連記事

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

不要になったプリンターの処分方法。

ずっと気になっていた最後の大物、プリンターを処分するために、粗大ゴミ収集の申込をしました。

記事を読む

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

今日捨てたもの 8/25 使用期限切れの薬。

毎日何かひとつ手放していく試み。 早いもので、残すところあと1週間となりました。

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

モアルボアル チリバー

欲しいものがないわけじゃない、我慢しているわけでもない。

奥さん、7月です。夏ですよ。 毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

記事を読む

田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

根っから都会っ子の私は生まれてこの方都市部にしか住んだことがありません。 生まれも育ち

記事を読む

groovy vol.4

音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

By: tim[/caption] 前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぬか漬け
夏のお約束、今年もはじめました。

いきなり夏になりましたね。寒いより暑い方が断然好きなので、何

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑