実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

公開日: : 最終更新日:2018/09/16 ミニマルライフ

40代、50代と年齢を重ねると自宅だけじゃなく実家のこともあれこれ考えなくてはならなくなります。

実家の断捨離問題についてはここでも何度か書きました。

参考 帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

私は基本的に親子といえども別世帯なのだし、両親の好きに暮らせばいい、と考える派。

もちろん大掛かりな片付けが必要になった時にはいつでも手伝う準備はありますが、親にあれを捨てろ、これを捨てろ、というようなことは一切言いません。

10年開けられていないダンボール

幸い私の両親は「モノがたくさんあることこそ豊かな証拠」という昭和のど真ん中を過ごしてきた70代の夫婦にしてはすっきりとシンプルに暮らしていると思います。もちろん、そうなる理由があってのことですが。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

そして私が両親の好きにすればいい、などと気楽に構えていられるのは、そこが「私の実家」ではなく「両親の住まい」でしかないことも大きいかも知れません。

両親ともにきれい好きなので、いつ行ってもびっくりするくらい清潔が保たれていることには毎度安心するのですが、次に両親の家に行ったらやろうと思っていることがあります。

それは、押入れの整理。

両親の家の押入れに引越し当時から一度も開けられていないダンボールがいくつか詰め込まれているのがずっと気になっていました。

側面に「本」と書かれた、ずっしり重いダンボール群…。

重いものは移動する時のことを考えて低い場所へ置くのは収納の基本。なのに、引越し当時はまだまだ体力のあった父は何を思ったか一番上の棚にダンボールをびっしりと並べてしまいました。以後誰も整理ができず、棚の板が撓んでしまっているのです。

収納センスゼロは父譲りか

By: Russ

父親はきれい好きの掃除好き。
風呂上りには毎回スクイージーで水滴を拭い去り雑巾で乾拭きするほどマメなのですが、残念ながら収納センスは皆無。雑貨好きと無駄に器用なこととが災いして、突っ張り棒や100均の便利グッズを駆使した空間の有効利用も生活導線もてんで無視の完全オリジナル自己満足収納が大の得意です。

私も収納センスがないのでモノを減らすことでしかすっきりと暮らせないと自負しています。ああ、妙なDNAを受け継いでしまいました。

一緒に暮らしていたらそんな父のポイントズレまくりの収納術は格好のイライラポイントなのかも知れませんが、所詮は人の家。
本格的に棚がヤバくなったらさすがになんとかするだろうとこれまでは放置していました。

が、昨年大病をして入院生活を余儀なくされた父は退院後、電球の交換すら私に頼るように。母はもともと力仕事や電気、機械関係ができない人なので、大仕事は私の帰省中に一気にやるしかありません。

いつも年末年始にしか帰省しませんでしたが、父の体調のこともあるし、今年は夏も帰ろうかどうしようか…などと考えていて、次回はあのダンボールをどうにかしたほうがいいな、とふと考えました。

残念ながら私も腕力に全く自信はないのですが、ダンボールを棚に置いたまま中身を少しづつ取り出す作戦でまあなんとかならないこともないでしょう。
10年近く一切開封されなかったダンボールに詰め込まれた本は必要ないものであることは明らかなので、速やかにBOOK OFFに引き取ってもらうことにしよう、そうしよう。

片付けのことで親とゴタゴタしない自信の根拠

捨てて欲しい子供と捨てられない親。
実家の片付けはとてもデリケートかつ難しい問題のようで、最近は実家の断捨離をテーマにした本や雑誌をよく見かけるようになりました。

けれど私はモノを捨てる、捨てないで親と絶対に揉めない自信があります。
その理由は基本的に親の好きにすればいいと割り切っていることと、家族仲が極めて良好なこと。

実家の断捨離はモノの問題というより家族のコミュニケーションの問題であることが多いと思うので、その点我が家は幸運です。

参考 難しい実家断捨離問題。本質は別のところにあるのかも。

親から受け継ぐ予定の遺産は1円もなく、相続で揉める予定がないのも実はラッキーなのかもしれませんね。

モノを持たずに身軽に暮らす

いつかはやらなきゃいけないことだし、棚が壊れて事故になってからでは私が後悔すると思うので、ダンボール群の整理は次回是非。

今から足腰鍛えなきゃなあ。

※追記 実施しました
関連 引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/4 思い出のある食器。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 毎日続けたら、31個は減る計算

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。 関連 引っ越しから10年以上そのまま放置して

記事を読む

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

By: swong95765[/caption] 最近ブルーのシャツにボーイフレンドデニム、

記事を読む

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経過し

記事を読む

神経質にならずとも普通のものが普通に使える、という喜び。

By: Tracy Hunter[/caption] なんとなくとっておいてしまうものの代表

記事を読む

レモンの切り方と冷蔵庫で長持ちさせる保存方法。

By: liz west[/caption] ものすごーくしょうもないことなのですが。

記事を読む

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

自由な私をもう縛らないで。

最近カバーがパカパカするようになったので、おや?と思い、中身を確認してみる。 ああ、膨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑