Ines de la Fressange×UNIQLOのAWが気になる。

公開日: : 最終更新日:2015/09/08 ファッション

ines

ここ数年常夏の生活だったもので秋冬を経験しておらず、当然服も全く買っていません。

寒いのがとにかく苦手な私。

1年中暖かい、というかむしろ暑い南の島で夏服だけで過ごせる毎日は快適&楽でした。

が、久しぶりの日本で秋冬ファッションを楽しめるなあ、などとちょっぴり嬉しい気持ちもあります。

 

イネス×ユニクロが気になる

今回の転居に伴い洋服類は相当減らしたのですが、残しているものの中にはそろそろ買い替え時期かなあと思えるものもいくつか。でも、この先も冬場はあまり日本にいたくない(寒いから…)と考えているので、久しぶりの冬に浮かれてあれこれ冬服を買い揃えている場合ではありません。

などと考えてあれこれチェックしていたら、ユニクロとイネスのコラボコレクションが結構よさそうでした。

 

イネス・ド・ラ・フレサンジュは、フランスのファッションモデル、ファッションデザイナー。現在モデルとしての活動は多くないが、サロン経営やジャン=ポール・ゴルチエを始めとするブランド・コンサルタントへと活躍の場を広げている。(wikipedia

 

このコレクション、元祖スーパーモデルのイネスとのコラボとあって、40代の女性にも人気のようで。しかしイネス、50過ぎた現在も俄然素敵ですなあ。
さて肝心の内容ですが、さすがのザ・パリジェンヌ!派手さはないけれど、基本を押さえた定番アイテムがメインのコレクションです。

ここでも度々紹介している米澤よう子さんの世界観にも通じるものがありますね。

 

ZARAやH&Mなどファストファッションモノも結構チェックするほうなのですが、ユニクロはヒートテックをはじめとするインナーやTシャツでしか活用したことがありませんでした。

なぜなら、被り問題続出するから。

いまや日本を代表するブランドに成長し、幅広い世代が愛用しているユニクロ。
となると街を歩けばユニクロを着た人だらけ!なのは仕方のないこと。どこで買ったのかひとめでわかるアイテムを身につけることが苦手で(これはユニクロに限らず。たとえハイブランドであってもわかりやすいロゴが入っているようなものは苦手)、同じ服を着た人にばったり出くわす気まずさもダメな私は、ユニクロでデザイン性のあるアイテムやダウンなどの目立つアウターを選ぶ勇気がないんですよね。

が、そこはそろそろ年の功。
わかりやすいブランドの服も手持ちのアイテムとうまく組み合わせてそれとは悟らせないテクニックを身につけている…といいんだけど…。どうだろう。なんかユニクロがちょっとした試金石になりそうな予感。

とはいえ、トレンチコートやテーラードジャケットなど、ベーシックなアイテムについてはあまりにさりげないので被り問題はさほど気にならないかもしれません。あと、試着してみないことにはサイズ感がわからないけれど、パンツのカッティングも自分の体型に合いそうで余計に気になるんですよね。もちろん、お値段が可愛いのも嬉しいところ。

「あれもこれも買っちゃいそうだから、服は見にいかない!」

というモノを減らす前段階の苦しみ(?)はもうすっかり乗り越えているので、目の保養目的にぶらぶら銀座にでもウィンドーショッピングに出かけるかな。そろそろ手放したいと考えている手持ちアイテムの後任者を見つけるべく、イネスも検討したいと思います。

 




関連記事

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

おばさんのミニスカートは迷惑論。

By: anneheathen[/caption] おばさんがミニスカートを履く行為は周りへ

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のファッション。

みんなのアイドル、70代ミニマリスト主婦。約8ヶ月ぶりの登場です。 70代ミニマリスト

記事を読む

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

By: Wendy Piersall[/caption] ここのところ手持ちの洋服をいかに今

記事を読む

夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。 ギョサンの季節になりま

記事を読む

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑