ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。

公開日: : 最終更新日:2019/07/17 旅人への道

golden_train_67

夕暮れのサイゴン駅にやってきました。ホーチミンから北東へ約450km、ベトナム南部・カインホア省に位置するビーチリゾート、ニャチャンへ移動するためです。

一人でビーチリゾートへ行くのが妙に好きな私。

一人で楽しむビーチリゾート

フィリピンよりも食に期待ができるベトナムにあるビーチリゾート・ニャチャンは以前から注目していたのだけれど、寝台列車で移動できるという事実を知ってからというもの、ニャチャンへの興味はますます募るばかり。今回のベトナム旅で乗るしかない!と、この列車旅を心底楽しみにしていたのでした。

ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する

なぜか列車移動ルートが表示されないので車移動経路の地図ですが、ホーチミンとニャチャンの位置関係は↑こんな感じ。

ホーチミンからニャチャンへ向かう寝台列車は20:30発のSNT2号。その昔は「ゴールデントレイン」と呼ばれた憧れの寝台列車だったらしいのですが、すっかり老朽化して近頃はあまり人気のない移動手段に成り下がっていたそうな。

しかし最近列車内部がリニューアルされ、外国人観光客の利用も増えているとのこと。確かに、清潔感が保たれてさえいれば、異国で寝台列車に乗ってみたいという旅行者は多そうな気がします。私もその一人です。

さてさて、このゴールデントレイン。ニャチャンへは5:35着予定なので、ちょうど9時間の列車旅となります。飛行機で移動すればたった1時間の距離を、わざわざ電車で移動する。数日間しかない旅の中である意味贅沢な時間の使い方とも言えますが、睡眠を兼ねての移動だと考えれば、ちょうどいい長さではないでしょうか。

ゴールデントレインチケットのオンライン予約方法

golden_train_64

寝台列車SNT2のチケットは、ベトナム鉄道のオフィシャルサイトでネット予約ができるとのこと。

Ticket search (Vietnam Railways System)

通常席、ハードベッド、ソフトベッドといろんな席タイプがありますが、ここは一番快適そうなソフトベッド狙いで行きましょう。腰も心配だし。

しかし、何回チャレンジしても決済画面で弾かれてしまうので調べてみると、オンライン決済にはベトナム国内発行のクレジットカードしか対応していないらしい。

予約後未決済の状態でも何時間かは席をキープできるので、何度も予約→時間切れを繰り返して当日窓口支払いまで繋ぐか、とも考えたのですが、あまり現実的な方法とも思えず。かと言って、当日の窓口購入に賭けるのもリスキー過ぎる。

さらに調べてみると、オンライン予約できる外部サイトがあったので、利用してみることにしました。

ホーチミンからニャチャンへの列車移動(baolau)

こちらはベトナム以外にも中国、タイ、カンボジア、マレーシアなどの列車予約ができるようで、日本語にも対応しています。

この手のサイトは手数料がかかるのでどうしたものかと思ったけど、200円程度の手数料をケチって寝台列車を逃すのはイヤなので、潔く支払います。料金は手数料込みで685,000VND(=約3,300円)でした。

サイゴン駅でバインミー ニャチャン行きの列車を待つ

golden_train_60

チケットは予約していたものの、送られてきたpdfだけで乗車できるのか不安だったので、少し早めにサイゴン駅に到着です。

golden_train_66

窓口のおねえさんにpdfチケットを表示したスマホ画面を見せると、静かに頷いてくれたので一安心。窓口でチケット購入した他の乗客の手元を確認すれば、誰もが私のpdfと同じデザインのチケットを握りしめている。

よしよし、これで無事ゴールデントレインに乗れるな。って当たり前ですけど、何が起こるかわからないのが旅というもの、念には念を。

golden_train_62

夕食がまだだったので、サイゴン駅付近で適当な店を探すつもりが、やはりこの辺りもバイク集団が幅をきかせており、ビビリの私は散策意欲減退。駅売店で軽く済ませる作戦に変更です。昼ごはん山盛り食べたし、今日はそれくらいがちょうどいいかもね(負け惜しみ)。

golden_train_61

サイゴン駅にはご覧のような売店やコンビニ、ロッテリア、道路を渡ったところにはローカル食堂など、食事ができる施設が一応揃っています。

golden_train_65

駅構内の売店前は大賑わい。

golden_train_68

ざっと駅構内を見渡して、結局野外で売られていたベトナム風サンドイッチ・バインミー、20,000VND(=約100円)と、売店で買った333ビール15,000VND(=約70円)で軽めの晩ご飯。

golden_train_69

golden_train_70

食べかけ失礼。今回初となるバインミーは、もちろんパクチー抜きでのオーダーです。カリッと焼かれたパンが美味。

golden_train_71

ベンチに座ってバインミーを食べながら、ゴールデントレインの到着をしばし待ちます。

golden_train_63

20時過ぎ、チケットを提示して改札内へ。

golden_train_72

発車時刻は意外と正確という噂を聞いてはいたけれど、確かに定刻通りに発車するみたいです。

golden_train_73

golden_train_76

golden_train_77

トリコロールカラーの車体がかっこいいね。

golden_train_74

私が乗車するSNT2は、20:30に2番線からの発車。

golden_train_78

golden_train_79

予約した11号車に、いざ乗車!これから9時間の長旅が始まります。つづく。

ホーチミンからニャチャンへ、寝台列車の乗り心地。

 




関連記事

JALプレミアムエコノミーラウンジ

鞄ひとつで旅に出たい。

出かける機会のないまま過ぎ去りそうな2017年前半戦。 後半には2回くらいは遠出したい

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。 なんてことがよ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。 道中で最も長く滞在したのは台南。

記事を読む

大きな声じゃ言えないが、旅のすすめ。

旅行を楽しめない状況となってかれこれ半年。放浪者にとっては辛い状況が続いております。ひとり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑