持たない生活と鞄の中身。

公開日: : 最終更新日:2016/11/22 ミニマルライフ, 捨てる

notebook

今日の午後は打ち合わせで青山方面へ。

日中はまだまだ汗ばむ陽気。

けれど夜は肌寒くなりそうだったのでピンクのシャツに紺のカーディガンを肩掛けして出かけました。

結局それほど寒くなかったので着用はしませんでしたが、昼夜の気温差が激しくなるこれからは羽織れるものは必須ですね。

鞄の中には何を入れる?

そして本日の鞄の中身。

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 財布
  • パスケース
  • 携帯
  • 手帳(ペンホルダーにボールペン入り)

必要最低限過ぎてやる気ない人みたいですが、特に持参物が必要ない内容だったので手帳で十分。長時間、または飲食を伴う外出でなければ化粧直しすることもまずないのでメイク道具も持ちません。

鞄が軽いとラクでいいですね。

やっぱり手放してよかったと思えるもの

さて、「携帯」と書いてますがこれ、着信専用で発信はできないプリペイド携帯です。

家の契約や引越し業者とのやりとりに番号が必要だったので帰国後間に合わせ的に用意しましたが、そもそも電話がキライな私。チャージがゼロなので着信はできますが発信はできません。
最初は発信ができないとなると緊急時に不安かもと思ったのですが、プリペイド携帯はチャージがゼロでも110や119の緊急発信は可能と知ったので、初回分が切れてからチャージしないまま今に至ります。

>>参考
当たり前のように持ってたけれど手放しても特に困らなかったもの。

以前は携帯でいつでも連絡が取れるのが当たり前だと思っていたので、夜中でもクライアントから遠慮なくかかってくる電話に疲れつつも、解約するという選択肢を持ち合わせていませんでした。

が、仕事については携帯がないならないでメールで済ませられるし、友人とはLINEやFacebook、Skypeなど電話以外の連絡手段がいくらでもあるので、プリペイド携帯の番号は契約事で使う以外は家族にしか教えていません。

>>参考
携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

最近家族が入院したりという事情があったので、何かの時の為の連絡手段として持っていますが(両親は超アナログ人間なので、メールは使えません)、それ以外の「緊急度が低い電話を受ける」ストレスからは開放されました。

普通の会社員の方なら会社から携帯を支給されることも多いでしょうし、メールのやりとりで済ませられる生活だからこそできることですが、「携帯電話会社との契約」は手放してよかったと思うもののひとつです。

 




関連記事

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

“BRAND COLLECT” にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZOとBrandearで買い取ってもらえなかったアイテムが返送されました。 >&g

記事を読む

持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先日友人と話していて 「おまえは寒

記事を読む

ノーメイクは、やめました。

By: Thomas Leuthard[/caption] 洋服の数を減らしたことで「よそゆ

記事を読む

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

ものがない、服もない。ないないづくしの快適さ。

この4週間書き続けてきた滞在日記。最初から計画していたわけではないのだけど、途中からは意図的

記事を読む

ミニマリスト主婦は80歳。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦も2020年に80歳を迎えます。 70代ミニマリスト

記事を読む

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

あなたの考えを1,000文字以内で述べなさい。

By: Leo Hidalgo[/caption] 昨日書いた記事、一晩寝かせてタイトルだけ

記事を読む

実家の片付け、まずは主役は誰なのかを定義する。

By: daveynin[/caption] 週末の朝、いつものカフェに出かけたら、たまたま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03に機種変更。

数年に1度のことなのに、なぜ毎度毎度こんなに面倒なのだ!と吠

50代一人暮らしの1ヶ月の支出。老後に備え、いかにして小さく暮らすか。

現役世代のゴールがちらりちらりと見えてきた50代。友人知人と

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

→もっと見る

PAGE TOP ↑