減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

公開日: : 最終更新日:2015/08/18 ミニマルライフ, 読書




deskcafetime

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。
仕事はもちろん、人生のあらゆる場面においてさまざまなツールやガジェットを素早く使いこなし、より多くのことを成し遂げる必要があると信じていたからです。

自分をマルチタスクな人間に仕立て上げるために得た多くの情報や学びは決して無駄にはなっていませんが、今となっては「短期間により多くのことを成し遂げる」ためのテクニックには興味がなくなりました。
なぜなら、そもそも私は「のんびりしたい」人間のようなので。

参考 短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

一度に同時にあれこれ仕上げる「デキるビジネスマン」には依然として淡い憧れがありますが、自分はもうそこを目指さなくてもいいかな、と今では思います。

 

人生をシンプルにして手に入れた「モノ」

booksmountain

昔読んだような気がしていたけれど、実は読んでなかった「減らす技術 The Power of LESS」。昨夜夜中に目が覚めてしまったので、再び眠るまでの時間を利用して一気に読みました。

毎日が心底イヤになった著者は、「人生をシンプルにすること」にしました。
もっと努力を、もっと成果を、もっとお金を……「もっと、もっと」と求めるだけの生活には見切りをつけ、ただ「減らす」ことにフォーカスしたのです。
すると、たった2年で彼の人生は激変しました。

ブログ「Zen Habits」を主宰する著者のレオ・バボータ氏。2007年度には世界ブログ総合大賞なるものを受賞している人気ブロガーです。彼は人生をシンプルにしたことでストレスフリーな生活、20キロの減量と禁煙に成功した健康な身体、家族と過ごす十分な時間など、多くの形なき「もの」を手に入れました。

最近改めてシンプルライフにまつわる本をまとめて読んでいるのですが、これも荷物を少なくしようというミニマリスト系の書籍かな、と勝手に思っていたら違いました。

もちろん、オフィスや自宅の持ち物を少なくしようという提案やモノを減らすための具体的なアドバイスもあるのですが、ページの多くが人生をシンプルにすることに費やされています。

彼の提案する「人生をシンプルにする方法」とは

  • 制限する
  • 本質に迫ることだけを選ぶ
  • シンプルにする
  • 集中する
  • 習慣化する
  • 小さくはじめる

この6つのステップ。
それぞれの項目で書かれていることはあまりにシンプルで簡単なテクニックばかりなので、斬新且つ高度なアドバイスを欲している人にとってはやや物足りないかもしれません。

でも、人生を変えるために必要なのは、そんな簡単なプロセス。簡単なことを日々黙々と積み重ね、継続する。それこそが最も大切な行動なのだと、私も現在実感しています。

 

タスクを減らせば、いちばん大切なことに集中できる

baloonsky

以前はあれもこれもやりたいことのように思えたり、誰にでもいい顔をしたいがために、あまり大切ではないことに随分自分の時間を使っていたような気がします。

現在は荷物を減らすのと同時に日々の「やるべき(と思っていた)こと」を減らし、自分が本当に実現したい夢や目標達成のために必要なことに集中して時間とパワーを使うようになりました。

これが、すごく気持ちいいです。

一度にたくさんのことはできないので、ひとつひとつ小さなゴールを決めて、一定期間継続して、習慣化して、というプロセス。そこには派手さも面白みもないけれど、実はどんな斬新な方法をよりも効果的なのでは、と、最近になって改めて思うようになりました。

参考 ブログ開設1周年。1年間ブログを毎日更新し続けて思うこと。

そんなことに気づくのが40代になってからとは少々遅咲きではありますが、気づいただけでもありがたい。もしあのまま気づいていなければ、自分が本来は求めてない「マルチタスクな生き方」を求めて、今でも苦しんでいたかもしれないのだから。

などと言ってはいますが、まだレオ・バボータ氏のように何か成し遂げたわけではありません。けれど、日々の小さな小さなゴールをクリアできている日々には人生が好転しているという確かな手ごたえを感じています。

小さくても、価値ある人生にするために。

持ち物も暮らしも人生も、この先もずっとシンプルにいきたいものです。

 




関連記事

減らす計画 細々したもの、消費期限。

訳あってまたぼちぼちモノを減らし始めました。 関連 減らす計画、捨てる日々再び。

記事を読む

9月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの

9月のまとめです。 9月8月に比べるとはさほどあれこれ多くを捨てたわけではありません。

記事を読む

モノが多い、捨てられない、片付かない。ならば、まずは不用品を家に入れない工夫から。

先日仕事で某企業主催の説明会に参加してきました。 社内の会議室を利用して開催されたものです

記事を読む

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばらく映

記事を読む

持たない暮らし。ドライヤーと鏡は必要?

現在順調にモノが減っている我が家ですが、新たに購入しようかどうしようか、と悩んでいるものもありま

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

By: Cristeen Quezon[/caption] どうにも物持ちがいいので痛んでし

記事を読む

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

8月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

毎日捨てるという試みを1ヶ月間続けた8月。 今日はこの期間中に手放したものを改めてまとめて

記事を読む

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑