おこもりで気づいた、必要なもの、いらないもの。

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 ミニマルライフ




あっという間に連休が終わってびっくりしています。個人的にはもっと長くても全然ウェルカムですが、終わったものは仕方ありません。

生活をガラリと変えざるを得なくなった4月、そしてそのままの状態で突入したゴールデンウィークを終え、多くの人が気づいてしまったのではないでしょうか。

元の生活はなんて恵まれていたのかしら、とか、もう元には戻りたくない、とか、仕事があるだけありがたい、とか、落ち着いたらまたあの仕事がしたい?と自問自答してしまった、とか。

自分にとって必要なものと不要なものが、自動的にわかってしまう。そんな春でした。

おこもりで気づいたこと

あったらあったで面白いし、なければないでどうとでもなる。そんな精神で生きているものですから、長い自宅生活のための「巣篭もりグッズ」とか「癒しアイテム」みたいな特別なものは何一つ調達しませんでした。まああの手のものって遊びたい盛りのお子さんがいるご家庭のためのものでしょうけども。癒しは違うか。

逆に、予告通りさらにものを減らしました。

部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇。

連休中非常に快適に過ごせたので、4月中に部屋を片付けておいて本当に良かった。クローゼットのスペースに余裕があるのは妙に気持ちのよいものです。

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

この状況ならではの遊びとしてZOOM飲み会(といってもマンツーマン)はやってみたけれど、繋がり疲れするほどに人と繋がっておらず、当然バトン的なものも回ってきやしないので、SNSに翻弄されることもない。どちらかといえば欠点であると考えている孤独体質が、今回ばかりは役に立ちました。

役に立ったといえば、金銭面。この世でたのしく暮らしていくために、最低限いくら必要か。シンプルだけど大事なこのポイントを把握しているから、不安定な状況でも慌てず騒がずやたらと不安に引っ張られずにいられるのかも。そう考えると、妙な経験も何かと立つもんですね。

40代の私がシェアハウスを選択した理由。

しかしもちろん、いいことばかりではなくて。

連休でわかった、ないと辛いもの

「ないならないで」とかいってますけど、ないからとってもとっても辛いものもあります。

それは、酒場。

家飲み大好きだし、自作つまみも好きだし、連休中も天気のいい日は昼からビール開けてベランダで飲んだりしてそれはそれは気持ちいいけど、外で飲めないのは、キツイ。

友達と会えないとか飲み会ができないのが寂しい、とかではなくて、一人でふらふら飲み歩けないのが、ことのほか辛い。

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

ああ、私はやっぱり酒場好きなんだ。酒場がないとプライベートタイムの面白みは半減するのだ。外飲みがあるからこそ家飲みの輝きが増すんだ。月と太陽なのだ。そう再認識させられた連休でもありました。

カムバックマイ酒場。ひっくり返るほどしょうもない話ですみません。でも、これが素直な気持ちです、めそめそ。

もちろん他にも困ったことはあるし、仕事のことだって真剣に考えなけりゃならない。でも大事なものって案外こういうしょうもないことだったりするんだよな、などと改めて。さてどうしたもんかな。




関連記事

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

普段使いのナイロントートに収まる旅の荷物。

羽田って、いつからこんな感じになってたっけ? 外国人観光客ウケの良さそうなレストランフ

記事を読む

増税前に買ったもの、画面見つめすぎ警報。

「モーニングセット 398円〜」の表示を見かけて、増税を実感する10月。もちろん、ドトールの

記事を読む

スマートフォンのない生活 ’18。

スマホ代わりに愛用中のiPod touchがそろそろヤバそうなので、買い替えを検討。

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

肌断食、「悪魔の書」を手に入れた。

By: La Melodie[/caption] 先日からほうれい線がー、とぶつぶつ言ってま

記事を読む

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・

記事を読む

才能に頼らない方法 正しさとパッションの間で。

多少時間に余裕があるので、ここぞとばかりにインプット作業に勤しむこの頃。先週は文章作成に関する本を立

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑