短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

公開日: : 最終更新日:2017/08/22 生き方と考え方

marketstore

近所のスーパーの店長(だと勝手に思っている)が苦手です。

店長は30代半ば。時にはカウンター内で事務作業などもしていますが、品出しやレジうちも自らこなすプレイングマネージャー。

そのスーパーの店員さんは彼以外の殆どが主婦パートさんか外国人アルバイトなので、小さな店とはいえ店長の負担はかなり大きいでしょう。

が、そんなことはおくびにもださず、彼は周りにあれこれと指示を出しながら、自らもてきぱきと動いています。

止まったら死んじゃう!人になりたい

そのスーパーに行った時に店長が品出ししていると

「おおぅ…」

と、ちょっと身構えてしまうのです。なぜなら、妙に緊張するから。
いや別に店長がイケメンだとかタイプだとかの色っぽいお話ではなくて、小さな店内をテキパキと動く姿に妙に圧倒されてしまうのです。

私はずっとテキパキ動ける人や気の利く人、なんでも器用にそつなくこなせる人になりたいと思っていました。20~30代の頃は仕事効率化とかデキるビジネスマンのなんたらとかそういった類の本ばっかり読んでたし、ちょっとでも要領の悪い部下がいたら徹底的に責めたり(ひどい)してました。
だって、やっぱり動きの早い、仕事の早い人ってデキる感じがしてかっこいいじゃないですか。

サラリーマン時代はある程度の経験を積んだこともあって、自分もそれなりに動ける人間になったつもりでいましたが、同時に本質的にテキパキしている人には全然かなわないことも悟りました。

さて、話は戻りますが、ある日、件の店長が会社員時代の同僚に似ていることに気付きました。
そういやその同僚もものすごーくテキパキな人だったんですよね。動きにやたらと無駄が多いところが愛嬌のある人物ではありましたが、彼にも最後まで苦手意識を持っていました。

要はコンプレックスの裏返しってやつです。

何事も時間を無駄にせずちゃっちゃかやりたい!と思うものの、私はやっぱり根本がボーっとしています。
ボーっとしてる、っていうか、のんびりしている。

いや、のんびりしたい。

定住しない生き方が好き、なんていうと1分1秒を惜しんであちこち飛び回るようなイメージがあるかもしれませんが、私はほっといたら何時間でもボーっと妄想して過ごしていられるタイプ。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

いつでもパワフルに動き回る人が「止まったら死んじゃう!」なんていいますが、私はじっとしてても平気。何も予定のない休日が勿体無い、なんていう感覚も非常に希薄です。

でも、「止まったら死んじゃう!」人になりたかった。

のんびりが自分の本質的な性格というか性質なんだと幼少の頃からわかっていたのに、どうしても認めたくなかった。これはよくないこと、ダメなことなんだと思い込んで、どうにか変えようと必死でした。少ない時間でたくさん動いて多くのことを成し遂げられる人間にならなければ人から賞賛を受けられないのだから、と。

やらなくていい努力は捨て去る

runrun

さて40もとっくに過ぎたというのに今更感たっぷりなんですが、もう短所はおいといて、長所を伸ばすことにしました。

テキパキできないのは確かに短所ではあるのですが、人様に迷惑をかけない程度ならまあよしとしましょう。そこを必死に直す努力は今後しないことにします。
これを一般的には「諦め」というのかもしれませんが、努力してもあんまり改善しないと実感した、さらにいえば本心では求めていないことに執着して時間を使うのはそろそろ勿体ないと感じるお年頃。
それならまだまだ伸びていきそうな能力に注目したほうが最後は納得できるような気がするのです。

苦手な数学を克服することに時間を使うよりも、得意で好きな英語をさらに磨いたほうがいい。そんな感覚。

「じゃあおまえの長所はなんなのだ」

っていう話なのですが、なんでしょね。なんかあるはずですよ。多分。
孤独に強いとか、物事に執着しないとか、持続力があるとか。
あ、幸せのハードルが低い、っていうのもあるな。何しろ日々生きてるだけで結構楽しいと思えてしまうおめでたい体質なので。

そうそう、件の店長については自分のコンプレックスの裏返しだと気づいてからは苦手意識を持たなくなりました。
今ではおっ、今日もがんばってるねー、てな感じです。
何様。

 




関連記事

仕事ができない人とは一緒に働きたくない。

リクエストされたレトロ喫茶でケーキをつつきながら、近況報告を聞く。 内定が出た企業の社

記事を読む

盛らない生き方。

By: David[/caption] 先日いただいたご質問にお答えする記事を書きました。

記事を読む

栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出ては来ず、すべての接客を内側か

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

会うたびに落ち込む友人関係。

先日友人から 「あんたと会って話した後は、毎回落ち込む」 と言われてしまいました

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

自分大好きな人、自己肯定感の育て方。

友人がお子さんの幼稚園の順番待ち真っ最中だという。 なんでも、一度別の幼稚園に入園した

記事を読む

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

一人暮らしのひとりごとと同じくらい怖いこと。

By: fady habib[/caption] 人生とはなんぞや。 そんな絶対に答え

記事を読む

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。 参考 18歳から42年間引きこもった

記事を読む

Comment

  1. エリサ より:

    なんだか妙に共感しました。
    私も昨年に大きな転機が訪れるまで、動き続けないと!という意識で生きていました。
    今は、なにもない日がなによりしあわせです。

    今回のお話、crispylifeさんがどういう経験をしながら、今のライフスタイルに辿り着いたのかを知ることが出来て、とても興味深かったです。

    • crispy-life より:

      エリサさん

      いつもありがとうございます。

      のんびりするのも悪いことじゃないんですよねえ。思い込みって怖い。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

→もっと見る

PAGE TOP ↑