片付ける度に出てくる、妙なもの。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

小さい折り畳み傘

比較的時間はあれど、ずっと雨続きの週末。

わざわざ出かける気にもなれず、なんとなく部屋を片付けていました。

捨てようと思ってよけるだけよけてまだ捨ててなかったものなどなど、なんだかんだでビニール袋2つ分の不用品を処分する。

あらすっきり、よかった。と同時に、妙なことに気がついたのでした。

片付ける度に出てくる妙なもの

room mate laura hotel_11

いつもなんとなく溜まりがちなものって、あると思うのです。

例えば、新聞雑誌とか、郵便物とか、化粧品サンプルとか。部屋を片付けるとなると、常に出てくる何か。

引き出し代わりに設置している布製バスケットの中を整理していて、わかったのです。私の場合は、カイロが溜まりがちだと。

妙なところからひとつづつ出てくる、使い捨てカイロ。ああこれはあまりに寒かった今年の花見に持参したものだな、とか、これは寒さに心折れそうな帰り道に購入したものだな、とか、どこぞで誰かにもらったやつかも、とか、一応心当たりはある。あるが、右の引き出しから、左の引き出しから、そしてクローゼットの吊り収納から、別々に登場するのはなぜだろう。

いずれも入手してからかなりの年月が経っている。不安になってチェックしてみたところ、どれも使用期限が切れるのはまだ数年先になるらしい。カイロって結構長持ちするんだね。でも、いい加減使わないともったいないね。

ということで、真冬のニューヨーク旅行に持参した余りカイロ軍がある場所へまとめました。今年の冬は、忘れずケチらず使ってしまおう。

使い切る鞄は、ふたつ

newbluebag

整理整頓といえば、バッグインバッグを活用してもなお解決しなかった「鞄の中身散らかり問題」が、ようやく収束しました。

鞄の中身は絶対に見せられない。

今年のベトナム旅行前に新調したパソコンバッグがその立役者です。

買わない生活の清々しさとルールブック。

近頃、オンの外出はほぼ毎日レザーのトートバッグを持参しており、中身はパソコンとパソコン周辺のあれこれが全部入ったパソコンバッグと、例の財布然としてない財布、そして折り畳み傘。日によってはここに書類ファイルやらが加わることはあるけれど、さほど大きな変化はなく、オフの日は財布然としていない財布だけで出かけること多し。

財布を使わない日々。

つまり、日常生活の鞄類はトートバッグとそれなりに入るポシェット的なものがあれば十分で、その他のものはあくまでもお楽しみアイテムなのです。今ある鞄類はまだまだ大切に使う予定だけれど、この先お楽しみアイテムだけが増えることはないんだろうな、と思う。いつのまにか、使い切ったら買い換える、というスタイルが当たり前になっている。

なんてことを考えながらちまちま片付けていた今週末。雨のおかげで整理できたはいいけど、7月に入ってからというもの7月らしい天気にまるで恵まれておらず、さすがに寂しい。




関連記事

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。 スマホの話です。 ス

記事を読む

晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか。

By: Y'amal[/caption] 先日壊れた傘を処分しました。 関連 5月1ヶ

記事を読む

楽天モバイルを契約しなかった理由。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約には至りませんでした。今年の春

記事を読む

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

捨てる、捨てないを判断する簡単な方法。

By: emdot[/caption] 珍しく気分がすっきりしない朝。 こういう時はさ

記事を読む

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

記事を読む

私の知らないやすりの世界。

ガラス製の爪やすりを買いました。 生まれつきだかどうだかは定かではありませんが、何しろ

記事を読む

あなたの考えを1,000文字以内で述べなさい。

By: Leo Hidalgo[/caption] 昨日書いた記事、一晩寝かせてタイトルだけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑