ミニマリストの部屋着(夏編)

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 ファッション, ミニマルライフ

bedroom

以前たまたま見たブログで

「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと思います。」

というような記述があってひっくり返りそうになりました。

それが整理整頓アドバイザー?みたいな肩書きの方のオフィシャルブログだったので2度びっくりだったのですが、考えてみれば片付けたいけどモノを減らしたくない人もいて、だからこそ物をたくさん持ちたい人向けの整理整頓テクニックというカテゴリがあるわけで。
いやはや、必要な物の数ってホントに人それぞれですね。

 

ミニマリスト、部屋着は何着必要か

さて、ミニマリスト道を歩む私、夏場の部屋着はたった1着だけ。シンプルなノースリーブのワンピース、これだけです。

夜シャワーを浴びたらワンピースに着替えてそのまま就寝。生活にはメリハリをつけたいので、基本的に起きたらすぐに着替えます。フリーランスゆえ外に出ずに仕事をすることも多い私。フォーマルな装いが特に必要じゃない普段の日はだいたいデニムとキャミソールというスタイルです。暑いからね。

※秋編を追記しました。
参考 ミニマリストの部屋着(秋編)

起きている時にこのワンピースを着る時間はシャワー後から就寝までとものすごく短いので、1着で十分事足ります。起きて着替えたら洗濯して干しておけば、夜には着れるんだし。

昔は絶対に人前には出られないような格好で部屋で寛ぐことも多かったですが、その

「よそ行きと家着をわける」

という意識がダサい格好と不要な部屋着ストックを生み出すのでは、と気付いてからというもの、寝る時以外は「人に会いたくない格好」で過ごすことはしなくなりました。

そのおかげで夏の部屋着はこのワンピース1着で事足りているわけです。

が、もちろんこれは夏のおはなし。

本格的にミニマリストを志してからまだ冬を経験していないので、寒くなったらどうするかは未定。
まあ寒い時期に日本にいるかどうかもわからないのですが、暫く寒い季節をすっとばしてしまったので、久しぶりに冬ファッションも楽しみたいなあという願望も少しあったりして。

※冬編も追記しました
参考 ミニマリストの部屋着(冬編)

ミニマリストの方のブログを拝見すると「洋服は機能的なアウトドアブランドで」という方がとても多いように感じます。が、それはストイックなミニマリストには圧倒的に男性が多いから。私は手持ちのアイテムが少なくてもファッションは楽しめると信じているので、少ないアイテムでもおしゃれができる方法を考え続けますよ。ふふふ。

 

おしゃれ=衣装もちではない

「おしゃれな人」というと、トレンドに敏感でたくさんのアイテムを持っている人、というイメージが強いですが、実はそんなことないんだなあと近頃は感じています。
必要なのは自分に似合うものとサイズ感を知ることと、1枚の洋服を何通りにも着回す想像力。人気雑誌のモデルと同じコーディネイトをしても、自分に似合わなければ全然「おしゃれ」じゃないもんね。

参考 服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

私はもともと洋服が好きなので散在も失敗もしてきたしそれなりの経験値もあるつもりですが、逆にどうも昔から洋服の着こなしを考えるのが苦手で…という人もいるでしょう。
特に40代って20代、30代に好きだったアイテムを引き続き使っていいのかどうか、若作りすぎないか、なんていろいろ悩む難しい世代です。

前にも紹介しましたが、このシリーズはかなりおすすめ。

 

ファッショナブルなイメージのパリジェンヌと無駄を削ぎ落としたミニマリストってあまり接点ないような気がしますが、米澤よう子さんの本を読んでいると定番アイテムを長く大切に使ったり、たとえファストファッションであっても気の済むまでじっくり試着してから購入したり、フランス人って相当なシンプル主義なのかも、と思います。

パリかあ…20年近く行ってないなあ。
友達が住んでいるし、そのうち訪ねてみようかな。

※追記
パリつながりで「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~」もおすすめ。

高級料理を食べて、たくさん買い物をして、あちこち旅行をしても、 心からの満足を感じられないあなたへ。
典型的なカリフォルニアガールだった著者は、 フランスの貴族の家にホームステイすることになる。
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、 毎日を“特別な日”のように生きること。
*間食はせず、食事を存分に楽しむ。 *上質なものを少しだけ持ち、大切に使う。 *日常の中に、ささやかな喜びを見つける。 情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。

日本人はフランスにめっぽう弱い。
パリジェンヌのやることなすこと全部素敵に思えてしまうフィルタが予め搭載されているよね。と思っていたのだけど、カリフォルニアガールがパリの暮らしで感じることも私たちが思うパリの暮らしの素敵さとほぼ同じポイントなんですね。

「パリジェンヌ素敵フィルタ」が世界共通なのか、それともやっぱりパリ流ライフスタイルは一味違うのか。

いずれにしても、小さいクローゼットだけでも上質な生活は構築できる。
身の周りを必要最低限数のお気に入りアイテムだけで彩って、長く大切に使う生活をしたい、そんな風に感じ始めた人にはおすすめの1冊です。

 




関連記事

スケジュール帳を持つのを止めた結果。

By: yoppy[/caption] 去年の12月にこんな記事を書いていました。 関

記事を読む

我々はなぜ小さき存在を恐れるのか。

久しぶりの引越しを終え、3週間が経過しました。大人の一人暮らし、住まいとお金。 新居

記事を読む

オールシーズンこれ一枚、が洗濯したらぺったんこ。

5月だというのに各地で余裕の30℃ですって。夏ですね。 寒いよりは暑い方が全然マシなの

記事を読む

使わない香水の買取見積を依頼してみた。

先日手放すことを決めて倉庫に移動させていた香水。 MODE OFFで服を買い取ってもら

記事を読む

不要になったプリンターの処分方法。

ずっと気になっていた最後の大物、プリンターを処分するために、粗大ゴミ収集の申込をしました。

記事を読む

2月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Dawn Ellner[/caption] またまた定例ポストを。 現在の住ま

記事を読む

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

40代、独身。自分と似た境遇の人の暮らしぶりや考え方を知ることができるのがブログの存在です

記事を読む

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活が再びやってまいりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑