ミニマリストの部屋着(夏編)

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 ファッション, ミニマルライフ

bedroom

以前たまたま見たブログで

「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと思います。」

というような記述があってひっくり返りそうになりました。

それが整理整頓アドバイザー?みたいな肩書きの方のオフィシャルブログだったので2度びっくりだったのですが、考えてみれば片付けたいけどモノを減らしたくない人もいて、だからこそ物をたくさん持ちたい人向けの整理整頓テクニックというカテゴリがあるわけで。
いやはや、必要な物の数ってホントに人それぞれですね。

 

ミニマリスト、部屋着は何着必要か

さて、ミニマリスト道を歩む私、夏場の部屋着はたった1着だけ。シンプルなノースリーブのワンピース、これだけです。

夜シャワーを浴びたらワンピースに着替えてそのまま就寝。生活にはメリハリをつけたいので、基本的に起きたらすぐに着替えます。フリーランスゆえ外に出ずに仕事をすることも多い私。フォーマルな装いが特に必要じゃない普段の日はだいたいデニムとキャミソールというスタイルです。暑いからね。

※秋編を追記しました。
参考 ミニマリストの部屋着(秋編)

起きている時にこのワンピースを着る時間はシャワー後から就寝までとものすごく短いので、1着で十分事足ります。起きて着替えたら洗濯して干しておけば、夜には着れるんだし。

昔は絶対に人前には出られないような格好で部屋で寛ぐことも多かったですが、その

「よそ行きと家着をわける」

という意識がダサい格好と不要な部屋着ストックを生み出すのでは、と気付いてからというもの、寝る時以外は「人に会いたくない格好」で過ごすことはしなくなりました。

そのおかげで夏の部屋着はこのワンピース1着で事足りているわけです。

が、もちろんこれは夏のおはなし。

本格的にミニマリストを志してからまだ冬を経験していないので、寒くなったらどうするかは未定。
まあ寒い時期に日本にいるかどうかもわからないのですが、暫く寒い季節をすっとばしてしまったので、久しぶりに冬ファッションも楽しみたいなあという願望も少しあったりして。

※冬編も追記しました
参考 ミニマリストの部屋着(冬編)

ミニマリストの方のブログを拝見すると「洋服は機能的なアウトドアブランドで」という方がとても多いように感じます。が、それはストイックなミニマリストには圧倒的に男性が多いから。私は手持ちのアイテムが少なくてもファッションは楽しめると信じているので、少ないアイテムでもおしゃれができる方法を考え続けますよ。ふふふ。

 

おしゃれ=衣装もちではない

「おしゃれな人」というと、トレンドに敏感でたくさんのアイテムを持っている人、というイメージが強いですが、実はそんなことないんだなあと近頃は感じています。
必要なのは自分に似合うものとサイズ感を知ることと、1枚の洋服を何通りにも着回す想像力。人気雑誌のモデルと同じコーディネイトをしても、自分に似合わなければ全然「おしゃれ」じゃないもんね。

参考 服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

私はもともと洋服が好きなので散在も失敗もしてきたしそれなりの経験値もあるつもりですが、逆にどうも昔から洋服の着こなしを考えるのが苦手で…という人もいるでしょう。
特に40代って20代、30代に好きだったアイテムを引き続き使っていいのかどうか、若作りすぎないか、なんていろいろ悩む難しい世代です。

前にも紹介しましたが、このシリーズはかなりおすすめ。

 

ファッショナブルなイメージのパリジェンヌと無駄を削ぎ落としたミニマリストってあまり接点ないような気がしますが、米澤よう子さんの本を読んでいると定番アイテムを長く大切に使ったり、たとえファストファッションであっても気の済むまでじっくり試着してから購入したり、フランス人って相当なシンプル主義なのかも、と思います。

パリかあ…20年近く行ってないなあ。
友達が住んでいるし、そのうち訪ねてみようかな。

※追記
パリつながりで「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~」もおすすめ。

高級料理を食べて、たくさん買い物をして、あちこち旅行をしても、 心からの満足を感じられないあなたへ。
典型的なカリフォルニアガールだった著者は、 フランスの貴族の家にホームステイすることになる。
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、 毎日を“特別な日”のように生きること。
*間食はせず、食事を存分に楽しむ。 *上質なものを少しだけ持ち、大切に使う。 *日常の中に、ささやかな喜びを見つける。 情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。

日本人はフランスにめっぽう弱い。
パリジェンヌのやることなすこと全部素敵に思えてしまうフィルタが予め搭載されているよね。と思っていたのだけど、カリフォルニアガールがパリの暮らしで感じることも私たちが思うパリの暮らしの素敵さとほぼ同じポイントなんですね。

「パリジェンヌ素敵フィルタ」が世界共通なのか、それともやっぱりパリ流ライフスタイルは一味違うのか。

いずれにしても、小さいクローゼットだけでも上質な生活は構築できる。
身の周りを必要最低限数のお気に入りアイテムだけで彩って、長く大切に使う生活をしたい、そんな風に感じ始めた人にはおすすめの1冊です。

 




関連記事

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまとまりました。 さて、どの

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

新生活にパンツを100枚。

昔勤めていた頃、転勤ではじめての一人暮らしをすることになった後輩(26歳・男性)が 「

記事を読む

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかし

記事を読む

今日捨てたもの 8/24 使ったことのないハンドタオル。

今月は1ヶ月間毎日何かを手放す運動を実施中。 1ヶ月は長いかな~と思っていたのですが、

記事を読む

今日捨てたもの 8/29 使わない香水の処分方法。

毎日何かひとつを捨てるルールを設定している今月。 残すところあと2日となりました。

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

ブックオフが9/15までキャンペーンを実施中。

いつも書籍やCDの買取でお世話になっているブックオフが今日9/10から9/15までの6日間「

記事を読む

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

By: DQmountaingirl[/caption] 40代くらいになると女性がみなこぞ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑