ミニマリストの部屋着(夏編)

公開日: : 最終更新日:2016/06/15 ファッション, ミニマルライフ

bedroom

以前たまたま見たブログで

「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと思います。」

というような記述があってひっくり返りそうになりました。

それが整理整頓アドバイザー?みたいな肩書きの方のオフィシャルブログだったので2度びっくりだったのですが、考えてみれば片付けたいけどモノを減らしたくない人もいて、だからこそ物をたくさん持ちたい人向けの整理整頓テクニックというカテゴリがあるわけで。
いやはや、必要な物の数ってホントに人それぞれですね。




 

ミニマリスト、部屋着は何着必要か

さて、ミニマリスト道を歩む私、夏場の部屋着はたった1着だけです。

 

同じものではないんですが、こういうシンプルなノースリーブのワンピース。
これだけです。

夜シャワーを浴びたらワンピースに着替えてそのまま就寝。生活にはメリハリをつけたいので、基本的に起きたらすぐに着替えます。フリーランスゆえ外に出ずに仕事をすることも多い私。フォーマルな装いが特に必要じゃない普段の日はだいたいデニムとキャミソールというスタイルです。暑いからね。

※秋編を追記しました。
参考 ミニマリストの部屋着(秋編)

起きている時にこのワンピースを着る時間はシャワー後から就寝までとものすごく短いので、1着で十分事足ります。起きて着替えたら洗濯して干しておけば、夜には着れるんだし。

昔は絶対に人前には出られないような格好で部屋で寛ぐことも多かったですが、その

「よそ行きと家着をわける」

という意識がダサい格好と不要な部屋着ストックを生み出すのでは、と気付いてからというもの、寝る時以外は「人に会いたくない格好」で過ごすことはしなくなりました。

そのおかげで夏の部屋着はこのワンピース1着で事足りているわけです。

が、もちろんこれは夏のおはなし。

本格的にミニマリストを志してからまだ冬を経験していないので、寒くなったらどうするかは未定。
まあ寒い時期に日本にいるかどうかもわからないのですが、暫く寒い季節をすっとばしてしまったので、久しぶりに冬ファッションも楽しみたいなあという願望も少しあったりして。

※冬編も追記しました
参考 ミニマリストの部屋着(冬編)

ミニマリストの方のブログを拝見すると「洋服は機能的なアウトドアブランドで」という方がとても多いように感じます。が、それはストイックなミニマリストには圧倒的に男性が多いから。私は手持ちのアイテムが少なくてもファッションは楽しめると信じているので、少ないアイテムでもおしゃれができる方法を考え続けますよ。ふふふ。

 

おしゃれ=衣装もちではない

「おしゃれな人」というと、トレンドに敏感でたくさんのアイテムを持っている人、というイメージが強いですが、実はそんなことないんだなあと近頃は感じています。
必要なのは自分に似合うものとサイズ感を知ることと、1枚の洋服を何通りにも着回す想像力。人気雑誌のモデルと同じコーディネイトをしても、自分に似合わなければ全然「おしゃれ」じゃないもんね。

参考 服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

私はもともと洋服が好きなので散在も失敗もしてきたしそれなりの経験値もあるつもりですが、逆にどうも昔から洋服の着こなしを考えるのが苦手で…という人もいるでしょう。
特に40代って20代、30代に好きだったアイテムを引き続き使っていいのかどうか、若作りすぎないか、なんていろいろ悩む難しい世代です。

前にも紹介しましたが、このシリーズはかなりおすすめ。

 

ファッショナブルなイメージのパリジェンヌと無駄を削ぎ落としたミニマリストってあまり接点ないような気がしますが、米澤よう子さんの本を読んでいると定番アイテムを長く大切に使ったり、たとえファストファッションであっても気の済むまでじっくり試着してから購入したり、フランス人って相当なシンプル主義なのかも、と思います。

パリかあ…20年近く行ってないなあ。
友達が住んでいるし、そのうち訪ねてみようかな。

※追記
パリつながりで「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~」もおすすめ。

高級料理を食べて、たくさん買い物をして、あちこち旅行をしても、 心からの満足を感じられないあなたへ。
典型的なカリフォルニアガールだった著者は、 フランスの貴族の家にホームステイすることになる。
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、 毎日を“特別な日”のように生きること。
*間食はせず、食事を存分に楽しむ。 *上質なものを少しだけ持ち、大切に使う。 *日常の中に、ささやかな喜びを見つける。 情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。

日本人はフランスにめっぽう弱い。
パリジェンヌのやることなすこと全部素敵に思えてしまうフィルタが予め搭載されているよね。と思っていたのだけど、カリフォルニアガールがパリの暮らしで感じることも私たちが思うパリの暮らしの素敵さとほぼ同じポイントなんですね。

「パリジェンヌ素敵フィルタ」が世界共通なのか、それともやっぱりパリ流ライフスタイルは一味違うのか。

いずれにしても、小さいクローゼットだけでも上質な生活は構築できる。
身の周りを必要最低限数のお気に入りアイテムだけで彩って、長く大切に使う生活をしたい、そんな風に感じ始めた人にはおすすめの1冊です。

 






関連記事

gray_skirt

髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。 色気のないショート

記事を読む

By: Tom Beatty

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

By: Sarah_Ackerman

子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

いつものように日傘を右手に、図書館へ向かう。 図書館の場所はすぐ近く、でもなく、ちょっ

記事を読む

By: Mike Kniec

12月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Mike Kniec[/caption] 新年2日目ですがまたまた定例ポストを。

記事を読む

By: Roger H. Goun

持たない生活と年末大掃除 ’15

By: Christian Haugen[/caption] 師走です。大掃除の季節です。

記事を読む

puccibag

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

By: torbakhopper

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(春)。

By: torbakhopper[/caption] しばらく家を空けるので昨日で生ものはキ

記事を読む

By: storebukkebruse

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

By: Timothy Vollmer

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

By: Owen Moore

ごっそり捨てて、お金まわりを考える ’17。

By: Owen Moore[/caption] なんとなく3月に入ってから、という感覚が強

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sarushima_25
無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

神奈川県は横須賀市。東京湾に浮かぶ無人島・猿島へ行ってきました

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

→もっと見る

PAGE TOP ↑