親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

公開日: : ミニマルライフ, 捨てる, 読書

countrysidegreen

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。

やはりこの年代の関心は「健康」にあるようで、まるごと一冊健康の情報、という雑誌も多くあります。

「耳の下をさすると病気が治る!」
「宿便ドカン!じゃがいもの生汁」

などなど、表紙には魅力的(?)な見出しが踊っています。
これって女性誌の

「メイク前の5分で差がつく!小顔マッサージ」
「秋のゆるふわ愛されヘア」

なんていう煽り見出しと基本的には一緒だなあ、なんて思いつつ眺めていると、このジャンルの雑誌には「片付け」に関する情報も多く掲載されていることに気が付きました。

「気もちよくできる 実家の片づけ」というタイトルで実家の断捨離に関する特集を組んでいたのは雑誌「明日の友」11月号。

明日の友 2014年 11月号 [雑誌]
婦人之友社 (2014-10-04)

◆いま、親子ではじめたい5つの理由

・実例1 おたがいを理解する会話と時間が、片づけをスムーズに
・実例2 4年間、親の生き方と向き合い 残したものは

ここからはじめれば、重荷にならない
「親子の語らい」片づけ 辰巳 渚さんと話し合い
・「会話力」をつける
・「片づけ」のコツ
・ ものとの「縁」を結びなおす
・導入編 暮らしやすく見直すことから
・わが家流で気持ちよく 残す・片づける 読者のアンケートより
・片づけは「75歳を目安に」 藤原佳典

目次から考察するに、対象年齢は60~70代といったところでしょうか。ちょうど我々40代の親世代に当たります。

これまでも実家の断捨離について「子供側から見た」悩みや難しさといったものについて考えたり、書籍を読んだりしましたが、反対に「親側から見た」切り口のものってあまり見る機会がなかったような気がします。

参考 片付けて解消、暮らしのストレス

この特集の中で

「もう使っていないけれど死ぬまで大切に持っておきたいモノについて、子供にどう説明すればわかってもらえるか知りたい」

といった質問がなされているページがありました。

子供が

「どう説得すれば手放してくれるのだろう」

と頭を悩ませる一方で

「手放したくないとどうすればうまく伝えられるだろう」

と考える親。

そうですよね。いくら家族とは言え、モノに対してはそれぞれが異なる想いを持っていて当然。どちらが正しい、間違っている、などということではないのです。

モノのない暮らしの快適さを知ってしまったら、親にもすっきりした快適な暮らしをして欲しいと願ってしまうもの。けれど、もうこの先何年生きていられるかわからないのだから、たとえガラクタと言われようとも自分の好きなものに囲まれて最期まで暮らしたい、と考えるのもまた正しい考えでしょう。

親子で話し合い、意見をきちんと交換し合い、お互いに尊重し合いながら進めていく「実家の片付け」作業。
もしかすると、わざわざ温泉旅行に出かけるよりも有意義な親との思い出作りになり得るかもしれないと感じました。

ちなみに私の両親もタダでもらえるものならなんでも貰う、というガラクタ収集タイプ。が、妙にきれい好きで整理整頓が苦手ではないので幸い目を覆うような惨状にはなっていません。ガラクタなりにキチンと整理はしている模様です。
以前は使いもしないノベルティグッズやもらい物の衣服ばかりが目立つ両親の部屋に呆れたこともありますが、今は本人が幸せならば好きにすれば、という感覚です。
ちょっと冷たいようですが、私の場合はそこは「実家」ではなく「両親の家」なので、親といえども独立した別の世帯。親が困っているのなら片付けるのをいくらでも手伝う用意はありますが、特に不自由していないのなら私がとやかく口を出す問題でもないでしょう。

と、やや話が逸れましたが、実家断捨離問題について悩んでいる方はこの問題を親世代の目線から切り取って書かれている雑誌や書籍を読んでみると何かしらのヒントが見つかるかもしれません。

持たない暮らし実践ブログ




関連記事

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(春)。

By: torbakhopper[/caption] しばらく家を空けるので昨日で生ものはキ

記事を読む

不機嫌は罪である。

上司やリーダー、先輩や家長など、その場を取り仕切る存在が、ある意味道具としての「不機嫌」を

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買い物の支払いはクレジットカード

記事を読む

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

無駄使いが嫌いなクセにとんでもない無駄遣いをする。

無駄なことは好きか否かと問われれば、まあ好きだと返すでしょう。むしろ好きなことはほとんどが無

記事を読む

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

アイロンはいるのかいらないのか

捨てる日々、アイロンはいるのかいらないのか。

来月末までにもう少し持ち物を減らそうと考えています。 関連 減らす計画、捨てる日々再び

記事を読む

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑