炎症後色素沈着ケア大作戦。

公開日: : 最終更新日:2021/07/30 健康と美容

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。

あくまで「節酒」なので飲む頻度を減らしただけですが、おかげさまで峠を越えたのは先日お伝えした通りであります。

金塊を背負って生まれてきた人間

最悪の事態を脱した今、着手すべきはそのあとのお手入れ。

色素沈着ケア大作戦2021のスタートです。

目の前に立ちはだかるいつもの壁

スキンケア界隈でよく見聞きする文言、色素沈着とはなんぞや。

色素沈着は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこります。肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能があるからです。

dプログラム

中でも日焼けやニキビ、虫刺され痕が茶色く残ってしまうものを「炎症後色素沈着」と呼ぶそうな。

私の色素沈着もアトピーのかゆみで肌をこすってしまったことが原因の炎症後色素沈着です。首周り、両腕に多数の黒ずみが残ってしまいました。

炎症後色素沈着はいわゆる「シミ」とは異なり、時間薬で徐々に消えることがほとんどとのこと。これまで同様の症状に何度も悩まされている私も、黒ずみはいつのまにか消えていました。

しかし今回は結構酷い黒ずみになってしまったので、意識して改善したほうがいい気がする。だってほら、色素沈着の改善には正しいサイクルのターンオーバーが必須でしょうよ。

健康な肌のターンオーバーは、約30日サイクルと言われています。しかし、加齢などの影響で母細胞のエネルギーが不足すると、ターンオーバーが遅れていきます。すると細胞が上へ押し上がる力も弱くなるので、古い角質が肌表面に溜まり、角質層が厚くなります。

インナーシグナル

はい、出ました加齢。まあだいたい予想はしてましたけどね。いつ何時もそこかしこに潜む「加齢」の文字。目の前に立ちはだかるいつもの壁を、今回も無の境地で受け入れますよ。

炎症後色素沈着ケア大作戦

色素沈着ケア用のコスメやサプリはいろいろあります。バイオイルケシミンハイチオールCあたりがメジャーどころでしょうか。ひじひざかかとの黒ずみケアにはベルツ水なるものも人気のようだけど、首にはなあ。ちょっと怖い。

そもそも肌が不安定な状態だからしてこうなってしまったというのに、未知の製品を塗布するなんて調子乗りすぎ。というわけで、お得意の「特別なものは使わない」方針にて色素沈着ケアに励むことといたします。

生活習慣

  • 紫外線を避ける(日傘必須)
  • 水を多めに取る
  • 質のよい睡眠を維持
  • ストレスを溜めない
  • サプリメントでビタミン補給

食生活

  • ビタミンC(抗酸化作用、コラーゲン生成)ブロッコリー、ピーマン、レモン
  • ビタミンA(抗酸化作用)ほうれん草、にんじん、トマトなど緑黄色野菜
  • タンパク質(皮膚生成の基礎)肉、魚、卵、乳製品

スキンケア

化粧水、オイル、ヘパリン系クリームを使う通常のスキンケアを首まで行う。こまめなシャワーで汗の刺激を避け、患部を必要以上に触らない。

いつだって、基本が大事

生ラディッシュ

改めて書き出してみると、あれ?結局普段からやってることばかりじゃないかという気になりますね。

暑いので毎日日傘は携帯しているし、マルチビタミンサプリ摂ってるし、ストレスもなく毎日ぐーぐー寝ている上に早寝早起き。そしてつまみは素焼きアーモンド。

素焼きアーモンドの食べ方

アーモンド信者ではなく、単に味が好きだから食べているに過ぎないのだけれど、こういう研究結果を見ると妙にありがたくなりますね。

アーモンドを摂取した介入群では、6か月経過時で、統計的に有意義な、シワの重症度の減少と、全体的は肌の色素沈着(より均一な肌のトーン)の改善が認められました。シワの重症度は16%減少しました。顔全体の色素強度(肌の色むら)についても、20%減少しました。

アーモンドの美容効果、シワに関する新しい研究

とまあ、基本的な生活習慣にはさほど問題がないと自負しておるのですが、完璧とはいきません。

水はもっと飲んだ方がいい気がするし、食生活も改善の余地あり。最近外食ができない分テイクアウトの機会が増えているのもバランスが崩れる原因になっているのかもしれないなあ。

「大作戦」と銘打った割には地味な計画になりましたが、もう少し症状が落ち着いたら外部からのケアを投入してもよいかと考えています。

しかしなんですな。肌のメラニンを追い出すのに躍起になっているくせに、白髪には今もせっせとリライズを塗込めている矛盾。肌のメラニンをそのまま髪に移植できたら丸く収まるのですが、どなたか。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

facebookのプロフィール画像を10年変えない厚かましさ。

以前は積極的に使っていたSNS。 近頃はInstagram以外はほとんど使用していませ

記事を読む

手湿疹、ひび割れのない冬。

By: kellinahandbasket[/caption] 昨年大騒ぎしていた手湿疹問題

記事を読む

ロング?ショート?40代女性ヘアスタイルの悩み。

40歳になったらショートヘアにしよう、とずっと昔から決めていました。 40代に入ると髪

記事を読む

白髪染め 新しいカラートリートメントを使ってみる。

By: Lisa Cyr[/caption] 肌トラブル問題で先延ばしにしていた白髪ケアをよ

記事を読む

病院にたのしく集う気持ち。

久しぶりに整体へ。 一時はまたまた酷い状態に陥っていた腰痛ですが、ここのところかなり落

記事を読む

言わなきゃよかった、あんなこと。

一目見て、うわあ、エラいすっきりしたなこりゃ。と、素直に思いました。 親知らず抜歯痕に

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その5 ~突然体調悪化す~

以前自宅でファスティング(断食)した時の記録を再掲しています。 これまで何事もなくとても順

記事を読む

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメントジプシーとなりつつあるこの頃。

記事を読む

手湿疹治療に、綿手袋を追加。

不本意ながら、なかなか最終回を迎えられずにいます。手湿疹の話です。「最強クラス」を1週間使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑