病院にたのしく集う気持ち。

公開日: : 最終更新日:2018/10/05 健康と美容

nakano14

久しぶりに整体へ。

一時はまたまた酷い状態に陥っていた腰痛ですが、ここのところかなり落ち着いておりました。それはもう、自分が腰痛持ちであるこを忘れるほどに。

もしかして、もう整体行かなくていいんじゃないの。

なんて思っていたのだけれど、腰痛歴はざっと20年超え。そう簡単には治りませんわね。

自然の力には敵わない

東京に戻ったあたりからまた違和感が出始めたので、こりゃ移動の弊害かなと思う。新幹線乗ったり、バス乗ったり、乗り物移動ってのは腰痛持ちにとってはなかなかハードな姿勢を強いられますからね。

が、整体の先生によれば、気圧も関係しているとのこと。

実際、気候によって多くの患者さんが不調を訴えるのはよくあることで、ここのところの台風きまくり現象が人体に影響を与えないはずがありません、とのこと。確かにそうかもしれん、と思う。

体の変化に鈍感な私だけれど、腰痛は悲しいほどに正直。自然の力には敵いませんね。

自分のことがよくわかっていない人。

毎週マッサージなんて贅沢な気がするけれど、施術後は腰が軽くなるし、単純に気持ちいい。今の自分にはこれも必要経費&時間なのだと割り切り、もうしばらく通い続けるとします。

病院へ集う気持ち

ueno_53

さて、こちらの整体院。スポーツ整体を得意としていることもあり、近隣の中高へ通う運動部所属学生らも見かけるのだけれど、多くはやはり中年、そしてお年寄り。中には毎日のように通ってマッサージやら電気治療やらを受けている方もおられるようです。

院内では、まんじゅうやちくわなどが頻繁に飛び交っている。

常連のご婦人方は何かと理由をつけては若い先生らにいろいろ食べさせたいらしく、先生らも差し入れを嬉々として食んでいる。

高齢者が病院に通うのは体の不調だけが理由ではなく、先生や他の常連客(という表現が適切かどうかはわからないけど)と話すためである。と聞いたことがあるけれど、なるほどこういうことなんだろうな、と、まんじゅうの解説を聞きながら考えるのです。

コミュニティスペースとしての、病院。

先生らもそれを十分わかっているのでしょう、孫のような親しさをもって接しているのが、ありありと見える。

実は最初の頃、この地域コミュニティ的なアットホームノリがちょっと苦手でした。私などはもっと淡々と事を運んでくれるドライな整体に行けばよかった、なんて思ったものだけれど、喉元過ぎればなんとやら、慣れてしまえばそれはそれ。若い先生らもさすがに私にはまだ孫感アピールはしてこないし、特に問題はありません。

しかしあと20年、30年も経てば、こんな私もさりげなく団子などを持ち込めるようになるのだろうか。

いや、甘えさせ上手なご婦人らの毒舌孫弄りプレイを聞くとはなしに聞きながら、隅っこのほうで密やかに薄ら笑いを浮かべる。自分の未来像としてはそんな奇妙な老婆像がしっくりくるし、運が良ければ多分そうなるのでしょう。

70歳のライフプランシート。

ところで腰を揉んでもらう際はうつぶせ寝になるのですが、その際顔についた枕の跡がなかなか取れません。先日などは当たりどころが悪かったようで両頬にタオルの柄が1時間も2時間も残っていて、もう一生このままかと思いました。

いやですね。

ここのところ、ほんの気休めにビタミンCとコラーゲンを飲み続けているけれど、コラーゲンなんて飲んでも何の意味もないってよく聞きますね。でも、飲んだら確実にハリも手触りも変わるんだよなあ。

これがプラセボか。プラセボなのか。プラセボだからこそ、寝跡には効果がないのか。腰痛にこそ、プラセボを取り入れたいのだけれどねえ。

人生を変える幸せの腰痛学校 自分でできるシンプルなこと。




関連記事

ワンタフトブラシ

歯の治療は地獄の苦しみ。

久しぶりに受けた歯科検診がきっかけとなり、ただいま絶賛治療中です。 関連 失くしてから

記事を読む

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

By: Christian Schnettelker[/caption] 髪でも切るか、と考

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録と効果 その1~なぜ断食?~

もう随分と昔のことになりますが、一度だけ 「家断食」 にチャレンジしたことがあり

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

寝ても寝ても眠い寝たきりの日曜日。

台風のせいでもありますが、ほとんど活動できませんでした。 10月ラストの日曜日、日中の

記事を読む

40代がきちんとメイクしてもどこかしっくりこない、その原因。

By: RustyClark (hottnfunkyradio.com)[/caption]

記事を読む

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

素焼きアーモンド、おすすめの美味しい食べ方。

By: HealthAliciousNess[/caption] 素焼きアーモンドにハマッて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑