休肝日、胃をカラにして考えた。

公開日: : 最終更新日:2018/02/21 やりたいことほしいもの, 健康と美容

カリッとした毎日。白湯。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。

休肝日設定開始当初はずっと休肝及び休胃日と勝手に称して食べない習慣ができあがりつつありました。

関連 休肝日は休胃日に。2週連続胃も休ませてみた。

しかしこのせいなのかどうなのか、この後体重が減り始めたのでこれはマズいと考え、普通に食事するスタイルに変更。晩酌時には炭水化物控えめですが、休肝日はご飯やうどんなども食べております。



食べなくても結構生きていける

久しぶりに食事抜きの選択をしたのは、なんとなく胃腸に違和感があったから。

痛いとか重いとかもたれるなどといったはっきりと主張するタイプの症状ではなく、ぼんやりとした違和感。こりゃちょっと休ませたほうがいいかもね、ということで、水だけ飲んで過ごしてそのまま就寝したのでした。この作戦が当たったのか、ぼんやりとした違和感は消え、翌日からまた美味しく食べ、飲めております。ナイス判断。

ところでここ数年、断食とか食べない系の情報が増えましたね。書店でも結構目に入る。

 

 

 

まあ中にはほんまかいなというか、ただ単に不食ブームに乗っかってるだけ感満載のタイトルなんかもあって香ばしいことこの上ないですが、人間が生きていくためには絶対に必要だと信じていた「食べる」という行為を排除してもそうそう死にはしないという事実はなかなかの驚きではあります。

これ、食べることに興味がなく、むしろ面倒だと考える人にとってはかなりの朗報ですよね。生きていくためには仕方ないと思って摂っていた食事、及びそれにかかる時間や費用から解放されるなんて、夢のような話ではありませんか。

胃をカラにして考えた

きのこのトルティージャ

さてわたくしはと言えばご存知の通り食べることに対する意欲がそこそこ高めの人間。しかし、常日頃から飲酒を伴わない食事に対する執着心は薄めなので、たまの夕食抜きはさほど辛くはありません。飲めないなら別にいいか、ってな感じ。

そして、たまに自分の持つこの食に対する好奇心が嫌になることもある。

関連 食べることが楽しみ、は虚しいか。

好き好んで食に関するブログを書き、本まで出しておきながら、食についてああだこうだ言ったり考えたりするのはなんと愚かな行為か、などという考えがふと脳裏を過る時があるのです。その瞬間は主に前夜の暴飲暴食を悔いる朝などに訪れるわけですが。

先日、久しぶりに胃をカラカラ(1日食べなかっただけだけど)にしてみた翌朝、ああ久しぶりに気合い入れてやっちゃおうかな、などという考えが浮かぶ。

関連 ファスティング(家断食)の記録と効果

普段から1日2食で、そうそう変なものも食べないようにはしている。けれど、会食があれば先陣を切って調子に乗り、一人ハシゴ酒イベントを頻繁に開催し、家で飲んでいるだけでも翌朝にはいろんなことを忘れてしまっているような状態なので、消化器官をそれなりに酷使してはいるのでしょう。

毎日頑張る我が内臓に、たまにはまとまった休暇を与えてもいいのかもしれません。別にこれをきっかけに不食方向に行くつもりも、食べることをシンプル化するつもりもないけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

しかし、大切なのはタイミング。食べないのなら、夏がいい、と経験からして知っている。寒い時期にやるのは辛い。ただでさえ寒いの苦手なのにその上断食なんかしたら寝たきりになりそう。というわけで、この夏よきタイミングがあればチャレンジする、かもしれません(未定)。

 




関連記事

sudio_8

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

記事を読む

handmadesoap

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

sudio__

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

kinoko_2

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

Pulitzer Hotel Barcelona3

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

ny_dt_20

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

konbu

昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメントジプシーとなりつつあるこの頃。

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

baila_6

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーを手に入れました。 ずいぶん前にハンガー全と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ny_dt_19
お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌

190204_gohan_9
休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシ

Kaohsiung_lunchbox_4
徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目に

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒
高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全

ipod_code2
物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑