自分の認識よりずっと少なかったという事実。

公開日: : 健康と美容

NB

新しいスニーカーを入手して、スキップスキップらんらんらん。

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

運動能力が恐ろしく低い上にスポーツ自体も好きじゃないという不健康極まる私ですが、車やバイク、自転車の類を所有しておらず、散歩好きなもので、歩くのは苦になりません。

普段から最寄駅は使わずひとつ先の駅から乗車するなどの策を取っているので、それなりの長さを歩けていると自負しておりました。つい先日までは。

意外と歩いていない事実

steps

らんらんらんと歩いていて、普段の歩数はいかほどなのかと気になる。

病気で寝込んでいる時を除き、家から一歩も出ない日はない。そして病気で寝込むことがレアケース過ぎるので、1年365日必ず出かけてはおります。

キリのよい1万歩とまではいかなくとも、8,000歩は余裕なんじゃないだろうか。そういや以前、友人と日帰りツアーを開催した時は軽く3万歩超えてケロっとしてたしね。

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

これはさすがに歩きすぎか。

が、久しぶりに万歩計アプリを起動して知る衝撃の事実。

この1週間の平均歩数はなんと6,000歩ちょいというところでした。えええ、意外と歩けてないじゃないか。そして1万歩を超えていたのはフラガールの日のみ。

カオカオヘラヘラ 踊る女。

酷い時などは4,000歩台の日もあって、自分の認識と現実のズレにかなり驚きました。

世界的な平均歩行数は

hongkong_soho_23

米スタンフォード大学の研究チームがスマホの行動記憶アプリを利用している世界70万人のデータを調べた(それもなんか怖い話)ところ、世界的な平均歩行数は4,961歩なのだとか。

世界で一番運動しない国は……活動格差がポイント(BBC NEWS JAPAN)

最多は香港の6,880歩、最小は3,513歩のインドネシア。ちなみに日本は6,010歩とのこと。

定期的な運動はしないけれど、その分人より歩いているもんね。などと思っていたのに、思いっきり平均値という悲しい結果。

ニューヨークやサンフランシスコといった都市は歩行者に優しく「とても歩きやすい」街だと分かった。その一方で、ヒューストンやメンフィスなどの都市は自動車がないと移動しにくく、「歩きにくい」街だと分かった。

そして想像通り、歩きやすい場所に住む人の方がよく歩いていた。

そりゃそうでしょう。そして、東京なんてめちゃくちゃ歩きやすい街でしょう。なのにこの体たらく。全く、自分の感覚なんてアテにならないもんですね。ただ歩けばいいというものではないけれど、ずっと座りっぱなしで動かないよりは歩いている方がいい。

座りっぱなしを解消したい。

自分に甘すぎる人間が感覚に頼るとロクなことにならないので、数値で確認すべしですね。この記事同様に、ずっとスマホを握りしめて歩いてはいないのだから、それ相応の誤差はあるだろうけどね、という多少の言い訳はしたいけど。

自分が思っていたより歩けていないという真実を突きつけられた今。もうちょい歩こうと意識し始めた今週の結果はいかに。

 




関連記事

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

ぎっくり腰の対処法。まずは楽な姿勢で休む。

By: Tama Leaver[/caption] 本日は緊急事態につき手短に。 先日腰を大切

記事を読む

白髪を染めないという選択肢。

By: Melanie Tata[/caption] 白髪ケアが面倒くさいなあもう。

記事を読む

スキンチェックを受けてみた

40代、シンプルなスキンケアで肌は変化したのか?

スキンケアをシンプルにしてから肌の調子がいい、と書きました。 参考 40代のニベアはあ

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。

意に反しての家断食敢行により、体重とウエストサイズにみるみる変化が生じたのはすでにお伝えした

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られまし

記事を読む

初心者 瞑想

私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」を持っているものです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの1ヶ月の支出。老後に備え、いかにして小さく暮らすか。

現役世代のゴールがちらりちらりと見えてきた50代。友人知人と

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

→もっと見る

PAGE TOP ↑