自分の認識よりずっと少なかったという事実。

公開日: : 健康と美容

NB

新しいスニーカーを入手して、スキップスキップらんらんらん。

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

運動能力が恐ろしく低い上にスポーツ自体も好きじゃないという不健康極まる私ですが、車やバイク、自転車の類を所有しておらず、散歩好きなもので、歩くのは苦になりません。

普段から最寄駅は使わずひとつ先の駅から乗車するなどの策を取っているので、それなりの長さを歩けていると自負しておりました。つい先日までは。

意外と歩いていない事実

steps

らんらんらんと歩いていて、普段の歩数はいかほどなのかと気になる。

病気で寝込んでいる時を除き、家から一歩も出ない日はない。そして病気で寝込むことがレアケース過ぎるので、1年365日必ず出かけてはおります。

キリのよい1万歩とまではいかなくとも、8,000歩は余裕なんじゃないだろうか。そういや以前、友人と日帰りツアーを開催した時は軽く3万歩超えてケロっとしてたしね。

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

これはさすがに歩きすぎか。

が、久しぶりに万歩計アプリを起動して知る衝撃の事実。

この1週間の平均歩数はなんと6,000歩ちょいというところでした。えええ、意外と歩けてないじゃないか。そして1万歩を超えていたのはフラガールの日のみ。

カオカオヘラヘラ 踊る女。

酷い時などは4,000歩台の日もあって、自分の認識と現実のズレにかなり驚きました。

世界的な平均歩行数は

hongkong_soho_23

米スタンフォード大学の研究チームがスマホの行動記憶アプリを利用している世界70万人のデータを調べた(それもなんか怖い話)ところ、世界的な平均歩行数は4,961歩なのだとか。

世界で一番運動しない国は……活動格差がポイント(BBC NEWS JAPAN)

最多は香港の6,880歩、最小は3,513歩のインドネシア。ちなみに日本は6,010歩とのこと。

定期的な運動はしないけれど、その分人より歩いているもんね。などと思っていたのに、思いっきり平均値という悲しい結果。

ニューヨークやサンフランシスコといった都市は歩行者に優しく「とても歩きやすい」街だと分かった。その一方で、ヒューストンやメンフィスなどの都市は自動車がないと移動しにくく、「歩きにくい」街だと分かった。

そして想像通り、歩きやすい場所に住む人の方がよく歩いていた。

そりゃそうでしょう。そして、東京なんてめちゃくちゃ歩きやすい街でしょう。なのにこの体たらく。全く、自分の感覚なんてアテにならないもんですね。ただ歩けばいいというものではないけれど、ずっと座りっぱなしで動かないよりは歩いている方がいい。

座りっぱなしを解消したい。

自分に甘すぎる人間が感覚に頼るとロクなことにならないので、数値で確認すべしですね。この記事同様に、ずっとスマホを握りしめて歩いてはいないのだから、それ相応の誤差はあるだろうけどね、という多少の言い訳はしたいけど。

自分が思っていたより歩けていないという真実を突きつけられた今。もうちょい歩こうと意識し始めた今週の結果はいかに。

 




関連記事

病院にたのしく集う気持ち。

久しぶりに整体へ。 一時はまたまた酷い状態に陥っていた腰痛ですが、ここのところかなり落

記事を読む

その後の毛の話、抜けても生えるありがたさ。

お盆休みも終盤戦ですし、毛の話でも回収しましょう。 毛について騒いでから早3週間が経過

記事を読む

Aurora Soho

冷え性で早起きが辛い、朝が寒い。

根っからの夜型だったのに朝型に変化してしばらく経ちます。 早起き習慣のコツと効果。超夜

記事を読む

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

ワンタフトブラシ

もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人知れず涙したあの日から早3週間

記事を読む

リライズ

暫定首位を獲得した白髪対策と次の一手。

夏の終わり頃に使い始めたヘアマニキュア、「カラーアゲインプラス」を1本使い終わりました。

記事を読む

最小限の持ち物を最大限に活かす。

By: Martha Soukup[/caption] 昨日は週に1度の休肝日、そして休胃日

記事を読む

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑。

いい加減観念すればいいものを、しつこく抗い続けています。 いつまで続く、この負け戦。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑