ほうれい線対策以前に知っておくべき自分の現実。

公開日: : 健康と美容

来る乾燥の季節にそろそろ備えたい、と書きました。

参考 続けて、変える。秋の健康・美容計画 2015。

超のつく乾燥肌の私にとって、秋冬は悩ましい季節。

さらにはほうれい線の悩みも依然として継続中なのですが、そればかりを考えて暮らしているわけにもいかない。

だからちょっとでもマシにしたいよね、ということであれこれ対策を考えていました。



写真を撮るより恐ろしい方法が存在した

客観的に自分の現状を知るには鏡よりも写真が有効。

参考 自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

別にSNSにアップせずとも、時にギョッとする発見もあるこの方法は結構使えます。

が、先日友人が放った

「写真だと無意識にキメ顏になる。本当の恐怖はムービーにこそあるのだ」

という言葉に妙に納得。
先日普通にPC作業している自分の姿を数十秒のムービーに収めてみました。

その結果。

客観的に見る「自然体の自分」のなんと奇妙なことよ。
写真なんて甘い甘い。それはそれは恐ろしい体験をする羽目になりました。

これって私だけ?ちょっとみなさんもやってみてくださいな。

ほうれい線対策以前の問題

人間、年を取ればシワも増えるしたるみもできる。長年生きていれば紡いできた歴史が顔に刻まれるのは自然の摂理というものです。

「諦めている」のとはちょっと違うのですが、ああこうして人は時間を重ねていくのだななどと妙に納得してしまう自分がいます。が、どうにも納得できない点も。

それは、明らかに運動不足気味な表情。

以前と比べて話すことが減ったので喉が衰えた気はしていましたが。

参考 使わないとダメになるから、使えるうちに使いたい。

おまえの顔には本当に筋肉が通っているのか、と問い正したくなるような表情をしているじゃありませんか。

もちろんパソコンを触っている時なんて誰もそんなにコロコロ表情を変えないにしても、これはちょっとダメなヤツ。目が死んでいる。ほうれい線対策云々以前の問題です。

全く気を抜いている状態とちょっと意識して顔全体を持ち上げるような表情を作っている時とでは使っている神経や筋肉も、出来上がる印象も全然違う。いくら自撮りといえども、ハイチーズ、で写真を撮る場合は多少なりとも表情を作っているのでそれなりに力が入るもの。普段はここまで覇気のない顔で過ごしていたのかと恐ろしくなりました。こりゃいかん。

というわけで、ガムをボトルで買いました。

 

 

ほとんど気休めに近いですが、「噛む」という運動によるエクササイズ効果と噛むことによって

「もうちょっと表情に気をつけなさいよ」

と自分に知らしめるトリガー効果を期待しています。あれ、ガム噛むことが日常になってしまったらトリガーにはならないか。

もちろん食べ過ぎはよくありませんが、ガムを噛むことは顔のたるみ防止や脳の活性化に効果を発揮するという説もあるようで。

参考 ガムを噛む効果とは?(スキンケア大学)

ほうれい線やシミ、シワがあっても魅力的な人はたくさんいるし、エイジングサインがいい年の取り方を感じさせてむしろチャームポイントになっていることも少なくありません。ましてや若く見せることだけが美しさの秘訣でもない。

が、表情が死んでいる状態には何にもよいことなどありません。

ガムを導入する程度では劇的な変化は見込めないかもしれませんが、我が表情に難あり、を意識するためにも暫く続けてみます。
ああ怖い怖い。

後は合唱サークルでも探してみましょうかね。大声で歌うのってマッサージよりもいい効果がありそうな気がするのですがどうなんでしょう。

 




関連記事

cosmebottle

美への執着、失くしたくないもの。

運動をしないので筋肉痛になる機会などない。そう思っていたけれど、前回筋肉痛になったのはなんと

記事を読む

By: Nadia Phaneuf

40代の今、エイジングケアよりシンプルケアを選ぶ理由。

By: Nadia Phaneuf[/caption] ここのところ基本部分の肌の調子はいい

記事を読む

konbu

昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメントジプシーとなりつつあるこの頃。

記事を読む

cosmebottle

40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

昨年の夏にスキンケアに関する記事を書きました。 参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を

記事を読む

By: Shardayyy

湯たんぽに「たっぷりの湯」は必要なかった。

冷え性対策としてすっかり愛用品となった湯たんぽ。 参考 本気の冷え性改善記録 部

記事を読む

2yutanpo4

本気の冷え性改善計画 4年目開幕。

夜、部屋でじっとしていると足元が寒くて、そろそろアレが必要だなとクローゼットから取り出す。

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

By: Victor U

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

By: Simon_sees

湯シャン生活1年半、肌トラブルの原因は。

By: Naomi[/caption] 先日突然肌の調子が悪化しました。 大人になって

記事を読む

penguines

本気の冷え性改善記録 5日目 部屋が寒すぎてお話にならない。

この冬こそは末端冷え性を内側から改善してみせるぞ! と気合を入れて取り組みをスタート。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

里芋のねぎ塩炒め
里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料

suginami_45
孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitt

焼きかぶ
焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

→もっと見る

PAGE TOP ↑