カオカオヘラヘラ 踊る女。

公開日: : 最終更新日:2018/04/06 やりたいことほしいもの, 健康と美容

cebu-diary-143

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そう言い続けて踊りださぬまま、一体何年経ったのでしょう。

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

4年経ってました。泥棒ならぬ大嘘つきホッツェンプロッツ。

ということで、この春は踊ることにしました。

踊る女

moalboal-4-3

地域のスポーツセンター的なところで短期のクラス募集をしていると知ったのは先月のこと。へえ、こんなのあるんだね、と調べてみると、太極拳やらエアロビクスやらヨガやら、いろいろある。

約1ヶ月の体験レッスン、どうせならやったことのないものにチャレンジしましょう。ということで、フラダンスを選択しました。

いざ件の会場に出向いてみると、ジムやらプールやら思った以上に立派な設備がそろっていて驚く。今のところに引っ越してきて1年以上経つというのに、近所にこんな施設があったなんて知らなかったなあ。

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

夏木マリ似でやたら美人な受付のお姉さんから利用説明を受け、ロッカーで着替えを済ませる。そしてスタジオに入ってみて、びっくり。みなさんバッチリフラスタイル、色とりどりのスカートを身にまとって、なんなら頭にハイビスカスまで飾ってフラフラと漂っていらっしゃる。今調べたらこういうの、パウスカートっていうんですね。知らなかったよ。

「今日が初めて?大丈夫よ、私だって秋から始めたんだから!」

見るからに面倒見の良さそうなご婦人がパウの中でぽつんとTシャツスウェット姿の私に親切に話しかけて下さり、このスカート、自作したのよーと作り方までレクチャーされる。いや、私お裁縫とか全くできないんで100%作れませんけどごめんなさいと思いつつ、神妙な顔で聞く。

いざいざ、初めてのフラダンス。

初めてのフラダンスレッスン

この手のお教室って真剣に踊りましょうというよりも、ご婦人方の社交の場の意味合いのほうが強いのだろうし、フラならばそんなに激しい動きもない。全くの初心者ではあるけれども、私もほら、一応はダンサーの端くれですから、余裕でしょう。

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

などと思っていたのだけど、これが意外に難しく、少々汗ばむ事態となりました。足だけ、手だけだったら余裕なんだけど、両方合わせてみたならば悲しいほどの屁っ放り腰。

おかしいなあ。もっといい感じでお尻フリフリ踊れるはずだったんだけどなあ。動きがゆっくりな分誤魔化しがきかない難しさよ。

見よう見まねで諸先輩方の後に続き、どうにかこうにかレッスンを終えてみると、リーダー格と思しきショッキングピンクパウのご婦人から

「若い人はやっぱり覚えが早いわね。姿勢もキレイなんだから、すぐに上手になるわよ!」

と励まされる。

若い人、ああ若い人、若い人。

世間ではいっぱしの中年である私でも、ここにくれば一介の駆け出しフラダンサー。推定平均年齢70歳のフラガールたちの中ではピヨッピヨのひよっこなのでありました。ていうか、あの人たちパワーありすぎ。笑いすぎ。楽しそうすぎ。私のおばさん力なんてまだまだだなと打ちのめされたよな気分です。

おばさんバンザイ。

毎週同じ時間に同じ場所へ行くというスケジュールがストレスになりかねないトンデモ社会不適合者な私にとって、この短期レッスンシステムはありがたい。カラカラとよく笑うご婦人方に揉まれつつ、最終回まで踊り続けようと思います。1曲くらいマスターできるかな。カホロカホロヘラヘラ。

 




関連記事

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

まだ足りない、もっと欲しい、と思うもの。

By: Nicolas Vigier[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記録し

記事を読む

再検査、3ヶ月計画は企画倒れ。

8月に受けた健康診断で、まさかの3ヶ月後再検診の刑を食らいました。 関連 残念なお知ら

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

サンホワイト ワセリン

キレイの基準が低すぎる。

やったね、有言実行! 逃げ切り宣言からまだ2ヶ月ですが、年が変わって2018。

記事を読む

旅を支えるシンプルケアと日焼け肌のアフターケア。

いやー、焼けた。 関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。 今回は到着日の天

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

歯の詰め物をセラミックに変える。

この夏、もっとも大きな買い物をしました。 夏どころか、現時点では2017年度でも上位入

記事を読む

新しいことを始める、全然怖くない方法。

By: Taylor McBride[/caption] 去年の夏、毎日1つづつ何かを手放す

記事を読む

充血とパンダが止まらない。

I can't stop the loneliness. いや、別に悲しくはないけれど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑