ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

ただいま幻のガサエビ祭を絶賛開催中です。

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

初日は刺身を軸に和でまとめて日本酒で攻めたので、本日は趣向を変えてワインに合うパスタに。

麺たっぷりに見えますが、実のところエビたっぷりという贅沢さです。

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン。

  • インゲンとにんじんのツナサラダ
  • ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

インゲンとにんじんのツナサラダ

ンゲンとにんじんのツナサラダ

同じサイズに切りそろえたいんげんとにんじんを色よくさっと茹で、ツナ、レモン汁、塩、胡椒で和えたシンプルなサラダ。オイル漬けのツナ缶を使ったので油分は足しませんでした。

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

フライパンにオリーブオイルと潰したにんにく、唐辛子を入れ弱火にかけます。香りがたったら背中側からざっくりと切り込みを入れたガサエビを入れ塩胡椒してざっと炒めて白ワイン、パスタの茹で汁、トマトの角切りを加えて混ぜ、ソースにします。茹で上がったスパゲティーニとソースを絡め、パセリのみじん切りを加えたら完成。

ガサエビの味噌の旨味がたっぷり溶け出したソースが贅沢なパスタには、キリッと冷やした辛口の白ワインを。こりゃたまらんね。オイル系のパスタが好きなので生トマトを合わせたけれど、ガサエビの旨味が濃いからこっくりしたトマトソースで作ってもよさそうだなあ。

ワインを飲む日のおつまみ

当初はパスタではなくエビだけを炒めて食べるつもりでした。が、味噌の旨味を何かに憑依させて余すところなく食べ尽くしたい欲が湧き上がり、急遽このような形になったのでありました。貝やら何やらいろいろ入れてペスカトーレにとも考えたけれど、今は何しろガサエビ祭。おエビ様一本で勝負すべしと心を入れ替え挑みました。結果、正解。

ああパスタね、そりゃ間違いないよね、MVPね、と思われたでしょうか。

これももちろん旨かったのですが、MVPを獲得したのはまた別の料理なのです。その全貌は次回!っていい加減エビ引っ張りすぎか。

 




関連記事

鰤カマと白ネギの昆布蒸し

ぶりと白ネギの昆布蒸し、生ひじきの梅サラダ献立。

帰省中にぶりしゃぶを食べたんですよ。 美味しいよねえ、ぶりしゃぶ。 脂の乗ったぶ

記事を読む

鍋で家飲み 豚ともやしの蒸し鍋。

山盛りのもやしを頬張りたくなる夜はありませんか。 私は、あります。 もやしといえ

記事を読む

家飲み献立 11/20 豆腐のきのこあんかけ他 全5品で晩酌。

いやー、今日はすっかりやられました。 朝出かける前に天気予報を確認したところ夜から雨と

記事を読む

晩酌メニュー

晩酌献立 5/19 ゴーヤチャンプルー、キムチ奴。

基本的に食材のストックは持たない主義ですが、スーパーで思わぬ出会いがあった時にはそれなりに迷

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

家飲み献立 11/8 砂肝の葱塩和え、塩辛クリームチーズ他全5品。

恐れていたことがとうとうやってきたのかもしれません。 冬?もう、冬なの?? 11月っ

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

油揚げの蕗味噌チーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、小松菜としめじのゆず煮びたし献立。

蕗味噌を塗りたくるために、いつもより大きめの油揚げを買いました。 にらの卵炒め、蕗味噌

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑