知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

公開日: : 最終更新日:2016/11/17 生き方と考え方

tsukiji150910

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。

何が忙しいかって、街散策。

越して来るまで全く来たことのないエリアというわけではないのですが、改めて住んでみるとたまに遊びに来るのとでは街との関係性がガラリと変わるなあと実感中。

理想の住まいを手放すのは少々惜しい気もしていましたが、現時点では引越しは正解、と言えるでしょう。



引越しを決めた理由

以前の住まいはかなり自分の理想に合致する物件でした。が、残念ながら新居はといえば好み度合いとしては2ランクほど劣ります。部屋は広くなったし南向きで日当たりはいいし、ベランダは使い勝手がいいし、大きな収納もあるので「部屋」自体のクオリティは上がったけれど「物件」としては以前の住まいのほうがよかったなあと未だに思うのです。

もちろん事前に内見して決めた引越しなのでこれは入居前からわかっていたこと。じゃあなぜわざわざ好みの部屋からやや劣る部屋への転居を決めたのかと考えれば答えはひとつ、「街」でした。

以前住んでいた辺りは買い物や交通など生活にはとても便利だったし静かでいいところだったけれど、2年間探索を続けても手応えがありませんでした。手応えってなんだよって話ですが、行きつけの店がたったの1軒もできなかったのは私と街との関係性がよく表れている事象だと感じます。

おーい、飲み屋の話か。

いや、もちろんそれだけではないのだけれど、ここを離れたくないな、もっと住んでいたいな、と感じる理由が物件のよさ以外に見当たらなかったのが散策フェチとしては少々寂しかったのです。

理想の部屋よりご近所感

koukyo_sanpo_13

そんなわけで現在は新規開拓に忙しい日々を送っています。

と言ってもご存知の通り平日は基本的に自炊生活であることは変わりないので街はともかく店開拓作業は主に週末に行っているのですが、街を隅々まで知りたすぎて気になる場所が多くて練り歩きすぎ、そして気になる店もあれこれあって昼からハシゴ酒上等状態。なかなか多忙なのです(バカ)。

そうそう、私の求めているご近所ってこういう感じなんだよなあと大好きな酒場が近所にたくさんあった頃のことを思い出したり。やっぱり家は家だけにあらず、なんだな。

関連 理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

私の場合は悲しくも酒場を重要視する傾向にありますが、人によってはこれが公園だったりカフェだったり雑貨屋さんだったりするので理想のご近所像は人それぞれ違ってくるでしょう。

やはり自分にとって何が大切なのかがわかっているって大事なことだ。

大事な要素への屈折した感情

自分は一体何があれば、どんな状況であれば上機嫌でいられるのか。これはここ数年考え続けているテーマであります。

関連 機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

寒いのも雨も苦手だけれど天気は自分でコントロールできないので仕方ないとして、他の部分は選択可能。理想的な物件よりもご近所や街をぐるっとひっくるめた広い意味での「家」のほうが私にとっては意義あるものなのかもしれないなあと感じるわけです。もちろん理想的な物件が好みの街にあるのがベストだし、流れ流れてそういう場所へ辿り着いたらいよいよ定住したいと思うかもしれないけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

そしてこちらも長年抱え続けてきた「自分が大切だと考えている要素に関する屈折した感情」に関しても少しだけ答えが見えてきた気がしています。また面倒な話になだれ込みそうなのでこちらはまた後日。

しかしなんだ、ご近所探索って本当に楽しいですね。ああ忙しい忙しい。

 




関連記事

By: Hey Paul Studios

本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

まだ後半を書いていませんが。 参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

記事を読む

watch

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

rerise_1

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

白髪ケアについて、かれこれ4年に渡り書き続けています。 白髪ケアの記録 簡単かつ

記事を読む

note

残り3/4に思いを馳せる。

お、これはちょっと面白そうだからいつか書こう。今日じゃないけど、そのうち書く。そう思いつつ関

記事を読む

cebucity1608_4

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

editorsbag

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

simpleroom

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

By: Lenore Edman

電話は最終手段、携帯があっても通話はしない。

先日10年近く会っていなかった友人と再会しました。最近この 「めちゃくちゃ久しぶりの友

記事を読む

namecard

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

友人がこの度転職することになりました。 私より少し年上なのでまもなく50代にさしかかる

記事を読む

checkup.min

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    こんばんは。

    どこまでを自分のテリトリーと位置付けるのか、深いテーマですね。

    引っ越すとしばらくは必需品かどうかは別としてのライフライン構築に、あちこち探索して回りますよね。私は郊外から都心方面に移ったとき、食材購入のインフラが全く異なり、買い物スタンスの抜本的な転換を迫られました。移る前にはピンときていませんでしたが、転換に至るまでは散々歩き回ったものです。

    全ての要素で旧居を上回れば理想でしょうが、そうは問屋が卸しませんよね…私も振り返ると、満足度はおおむね向上したものの、交通アクセスが便利なのにある種難あり、といったところで暮らしています。

    家の外と中、居心地と利便性、いろんな要因が時には相反するのが悩ましいな、と拝読しながらうなずいておりました。

    楽しい行きつけ先が見つかりますように!

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      >食材購入のインフラが全く異なり、買い物スタンスの抜本的な転換を迫られました。

      これ、すごくわかります!今回の引越しは距離的にはさほど離れたエリアではないのですが、街によって買い物事情がかなり変わるなあと改めて実感しております。利便性という意味では使える路線が増えたり役所が近くなったりといいことのほうが多いのですが、家自体はやや不便ですかね。

      と言っても私の場合は持ち家ではないこともありどうしても物件よりも街の好みを重視してしまうのかもしれません。建物は私にはどうにもできないけれど、自分で工夫できる範囲のことはなるだけ快適にしていこうと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば
トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりで

suma1608_21
怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なもので

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

→もっと見る

PAGE TOP ↑