知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

公開日: : 最終更新日:2016/11/17 生き方と考え方

tsukiji150910

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。

何が忙しいかって、街散策。

越して来るまで全く来たことのないエリアというわけではないのですが、改めて住んでみるとたまに遊びに来るのとでは街との関係性がガラリと変わるなあと実感中。

理想の住まいを手放すのは少々惜しい気もしていましたが、現時点では引越しは正解、と言えるでしょう。

引越しを決めた理由

以前の住まいはかなり自分の理想に合致する物件でした。が、残念ながら新居はといえば好み度合いとしては2ランクほど劣ります。部屋は広くなったし南向きで日当たりはいいし、ベランダは使い勝手がいいし、大きな収納もあるので「部屋」自体のクオリティは上がったけれど「物件」としては以前の住まいのほうがよかったなあと未だに思うのです。

もちろん事前に内見して決めた引越しなのでこれは入居前からわかっていたこと。じゃあなぜわざわざ好みの部屋からやや劣る部屋への転居を決めたのかと考えれば答えはひとつ、「街」でした。

以前住んでいた辺りは買い物や交通など生活にはとても便利だったし静かでいいところだったけれど、2年間探索を続けても手応えがありませんでした。手応えってなんだよって話ですが、行きつけの店がたったの1軒もできなかったのは私と街との関係性がよく表れている事象だと感じます。

おーい、飲み屋の話か。

いや、もちろんそれだけではないのだけれど、ここを離れたくないな、もっと住んでいたいな、と感じる理由が物件のよさ以外に見当たらなかったのが散策フェチとしては少々寂しかったのです。

理想の部屋よりご近所感

koukyo_sanpo_13

そんなわけで現在は新規開拓に忙しい日々を送っています。

と言ってもご存知の通り平日は基本的に自炊生活であることは変わりないので街はともかく店開拓作業は主に週末に行っているのですが、街を隅々まで知りたすぎて気になる場所が多くて練り歩きすぎ、そして気になる店もあれこれあって昼からハシゴ酒上等状態。なかなか多忙なのです(バカ)。

そうそう、私の求めているご近所ってこういう感じなんだよなあと大好きな酒場が近所にたくさんあった頃のことを思い出したり。やっぱり家は家だけにあらず、なんだな。

関連 理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

私の場合は悲しくも酒場を重要視する傾向にありますが、人によってはこれが公園だったりカフェだったり雑貨屋さんだったりするので理想のご近所像は人それぞれ違ってくるでしょう。

やはり自分にとって何が大切なのかがわかっているって大事なことだ。

大事な要素への屈折した感情

自分は一体何があれば、どんな状況であれば上機嫌でいられるのか。これはここ数年考え続けているテーマであります。

関連 機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

寒いのも雨も苦手だけれど天気は自分でコントロールできないので仕方ないとして、他の部分は選択可能。理想的な物件よりもご近所や街をぐるっとひっくるめた広い意味での「家」のほうが私にとっては意義あるものなのかもしれないなあと感じるわけです。もちろん理想的な物件が好みの街にあるのがベストだし、流れ流れてそういう場所へ辿り着いたらいよいよ定住したいと思うかもしれないけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

そしてこちらも長年抱え続けてきた「自分が大切だと考えている要素に関する屈折した感情」に関しても少しだけ答えが見えてきた気がしています。また面倒な話になだれ込みそうなのでこちらはまた後日。

しかしなんだ、ご近所探索って本当に楽しいですね。ああ忙しい忙しい。

 




関連記事

街で偶然知人をみかけても99%声をかけない。

商店街の八百屋の前で、右手にねぎを掴んで立ち尽くしていると声を掛けられました。ねぎから意識を

記事を読む

ただいま40代、まだ本気出してないだけ。

By: liz west[/caption] 以前仲間内数人で飲んでいる席で友人が 「

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

働き盛りの40代、仕事のストレス要因は。

By: frankieleon[/caption] 最近仕事でものすごくストレスが溜まってい

記事を読む

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

白髪のロングヘアが与える印象。

そうそう、誕生日といえば。 定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。 先日知

記事を読む

片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

By: Nafis Ahmad[/caption] 案ずるより産むが易し、という言葉があります。

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    こんばんは。

    どこまでを自分のテリトリーと位置付けるのか、深いテーマですね。

    引っ越すとしばらくは必需品かどうかは別としてのライフライン構築に、あちこち探索して回りますよね。私は郊外から都心方面に移ったとき、食材購入のインフラが全く異なり、買い物スタンスの抜本的な転換を迫られました。移る前にはピンときていませんでしたが、転換に至るまでは散々歩き回ったものです。

    全ての要素で旧居を上回れば理想でしょうが、そうは問屋が卸しませんよね…私も振り返ると、満足度はおおむね向上したものの、交通アクセスが便利なのにある種難あり、といったところで暮らしています。

    家の外と中、居心地と利便性、いろんな要因が時には相反するのが悩ましいな、と拝読しながらうなずいておりました。

    楽しい行きつけ先が見つかりますように!

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      >食材購入のインフラが全く異なり、買い物スタンスの抜本的な転換を迫られました。

      これ、すごくわかります!今回の引越しは距離的にはさほど離れたエリアではないのですが、街によって買い物事情がかなり変わるなあと改めて実感しております。利便性という意味では使える路線が増えたり役所が近くなったりといいことのほうが多いのですが、家自体はやや不便ですかね。

      と言っても私の場合は持ち家ではないこともありどうしても物件よりも街の好みを重視してしまうのかもしれません。建物は私にはどうにもできないけれど、自分で工夫できる範囲のことはなるだけ快適にしていこうと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑