たった1年で変わるもの、変わらないもの。

公開日: : 最終更新日:2021/08/09 健康と美容

しつこいくらいにアピールし続けていますが、酒を控えています。

いや、控えていました(過去形)。

肌の調子が悪かったからとかいろいろあったのですが、先週1週間完全禁酒に挑んだ理由はただひとつ。健康診断です。

健康診断に向けて体調を整えるとか、意味なくない?普段通りの生活をしている状態で挑んでこそ本来の数値が叩き出せるのだから云々と偉そうに述べていたのは昔の話。

ここ数年は本番に照準を合わせるアスリートのごとき調整を試みています。ってのは言い過ぎですが、気合は十分。

だって、健康しか取り柄がないんですもの。

たった1年で変わるもの、変わらないもの。

いつもお世話になっている大型施設での検診も、早いもので5回目を迎えます。

毎年何かしらのマイナーチェンジが行われる様にいつも感心するのですが、今年はすごかった。

なにがすごいって、めちゃくちゃ早く終わったのです。

今回も昨年同様、例のアレのせいで同時進行で検診に挑む人数をかなり抑えてはいました。それにしても、あのスピード感よ。

検査フロアに足を踏み入れるとすぐさま心電図、終わったらハイレントゲン、体重測定次は血圧、と、ほぼ待ち時間ナシの流れ作業にてスイスイ進むではありませんか。

何がすごいって、同じ検査着を身にまとい、名札すらつけていない利用者の進捗状況を瞬時に見極めるスタッフさんの観察力。次の行動に迷っているらしい人を秒でひっつかまえては次の検査室に放り込む手腕には目をみはるものがありました。

もしかして、知らない間にGPSとかつけられてんじゃないだろうか?くらいの正確さ。ちなみに、検査着の色は昨年と同じでしたが、デザインが少々変わっていました。

男の子は黒、女の子はグレー。

数年前の検診はかなり待ち時間が多く、案内ミスもあった気がする検診センター。例のアレのせいで変更を余儀なくされたとはいえ、たった1年でこうも変わるんですね。

そういや以前はホテルライクなおもてなしというか、悪く言えば慇懃無礼な感じもする接客が特徴的だったけど、今回はそんな印象は全くありませんでした。

利用者はちゃっちゃと済ませてさっさと帰りたいのだから、丁寧なご挨拶や高級感溢れるサービスより、スピードと作業効率UPに我々の全リソースを注ぐ方針に変更します!と、リーダーが宣言したに違いない(妄想)。

いや、すごいわ。大きな組織がここまで変化できる期間なのね1年て。比べるのもなんだけど、私なんて1年前と何も変わってないし(老化を除く)、ぼーっとしてたらあっちゅう間に1年過ぎてたけどね。

などといたく感心しながら帰宅後即ビールを煽ったのでした。ハア旨い最高。

酒を絶って挑んだ検診、結果が出るのは3週間後であります。さて、今年のγ-GTPの数値やいかに?


大人のたのしい一人暮らし記録




関連記事

NY地下鉄の乗り方

キレイなおばあさんは好きですか。

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょ

記事を読む

現実から目を背けて生きる人。

生活や精神状態の他に、ある程度の年齢になれば安定すると思い込んでいたものに、視力がある。

記事を読む

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

By: Christian Schnettelker[/caption] 髪でも切るか、と考

記事を読む

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

本気の冷え性改善記録 19日目 しっかり温まるシャワー法の効果を再確認。

本格的な冬を前に、今年こそは末端冷え性とおさらばしてやる!と決意した私。 特別な薬や道

記事を読む

40代の今、エイジングケアよりシンプルケアを選ぶ理由。

By: Nadia Phaneuf[/caption] ここのところ基本部分の肌の調子はいい

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。 ウエストマイ

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

続ける力。継続した後振り返ってみれば激変していた。

By: Daniel Schiersner[/caption] 越冬宣言といえばこちらも忘れ

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    一昨年だったか、妙齢になると健診前に色々抑えて健康的にしてるらしい話を聞き、残暑厳しくもあったので、酒含め摂取できない最中ちょうどええや!と受診した事があります。
    元々色々標準以下でしたが、楽しみにしてたんですけどね、、結果健診日の早朝まで飲んだ日より高い数値だった事があります。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      そうなんですよ、案外努力が実らないのが健康診断。休肝日を週2に増やして挑んだというのに逆に数値が悪くなってがっかりしたのが昨日のことのように思い出されます。じゃあいつも通り暴れん坊スタイルでいっちまえ!というロックスピリットもない小心者のワタクシ、今回も結果が楽しみです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑