「らくらくホン」の衝撃。

公開日: : 健康と美容

160411lg

普段の生活はコンタクトで。手元の作業や読書など、細かい字を見るシーンではリーディンググラスを装着する。

コンタクトレンズの度数を変えてから、いよいよこの作戦の実行日が近づいてきたと感じていました。

あの仕草を華麗に昇華する妄想。

しかし、実際に試してみると、案外しんどいものですね。視力矯正したうえにまた矯正、なので、目も混乱するのでしょうか。

らくらくホンの衝撃

new-ipod

実際に試してみたところ、コンタクトをしたままでリーディンググラスをかけると、確かに小さい文字はよく見える。これで作業は捗るかに思えました。

しかし、継続力はない。見えるは見えるが、目が異常に疲れるので、長時間の作業には不向きかと思われます。コンタクトを外した状態のほうがずっとラク。

というわけで、今のところ、普段はコンタクト着用でどうにかやり過ごし、休日はやや度数の弱いメガネを着用して、読書時は裸眼、というパターンに落ち着いております。どのみちある程度まとまった時間が取れる日じゃないと、長時間読書は叶わないのだし。

積ん読と併読と私。

さて、ここで問題になるのがスマホですよ。コンタクト装着状態でも全然見えないわけじゃないけど、見えそでウッフン、見えなそでウッフン。普段から頼りがちなスマホの文字がクリアに識別できない状態は、地味ながらもストレスとなるのだなあと実感しました。

で、やってしまいました。スマホの文字、設定で大きくしちゃいました。結果、ずいぶんとラクになりました。

思い込みなのか何なのか。ハード自体はなにひとつ変わっていないというのに、画面に映る文字が大きくなるだけで、気分はすっかりらくらくホンであります。

勢いあまって「らくらくホン」をwikipediaで調べてみると

携帯電話初心者および50代以上の高齢者層をターゲットに見据えた携帯電話端末シリーズである。

と記されてあり二度見しました。そうか、いよいよ高齢者ゾーンに突入か。いや、厳密にはらくらくホンじゃないし、ガラケーでもないし、何なら携帯電話ですらないんだけど、いずれにせよもうデフォルトの文字サイズには戻れない気がする。

突如やってきた大文字時代、らくらくホンの衝撃。怖いには怖いが、巻き戻せないのが時間、やり直せないのが人生です。ここは割り切って、無理せず快適さを選択することといたしましょう。

 

今すぐ一から人生全部やり直したい。




関連記事

私の知らないやすりの世界。

ガラス製の爪やすりを買いました。 生まれつきだかどうだかは定かではありませんが、何しろ

記事を読む

ノーメイクは、やめました。

By: Thomas Leuthard[/caption] 洋服の数を減らしたことで「よそゆ

記事を読む

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

人生を変える幸せの腰痛学校 自分でできるシンプルなこと。

「腰痛持ちなんだったら、読んだほうがいいよ」 そう知人にお勧めされていた本がありました

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

あかぎれ保護バンを使ってみる。

ここしばらく手指の調子がよかったのですが、今月に入ったあたりから雲行きが怪しくなってまいりま

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

すぐに効く、早く効く。「即効性」は魅惑の言葉。

40余年も生きていれば、美容や健康に関してあれこれ悩みも出てくるものです。 「白髪対策

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

おすすめデンタルケア。コンクールジェルコート継続決定で、使い方再確認。

By: Tamaki Sono[/caption] 歯磨き粉が切れたので、さてどうしようかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑