大したことないと軽んじていたヤツの底力を見た。

公開日: : 最終更新日:2022/07/14 家飯

枝豆ごはん献立

またまた夏っぽい献立です。

枝豆といえばビール、ビールといえば枝豆という切っても切れないゴールデンコンビが確立されたのは、一体いつの頃なのでしょうか。瓶ビールをダースで飲み干していた実父が好んでつまんでいた古い記憶があるので、昭和40年代にはすでにコンビは結成されていたはずです。

しかし今、枝豆の地位はどんなものなんでしょうか。

確かによきビールの友ではあるけれど、お通しで雑に出されたらなんとなくがっかりしませんか。大人数での宴会ゆえに仕方なしに選んだ大箱チェーン居酒屋の放題プランで最初に出されたら、ちょい切なくなりませんか。

私は、なります。

枝豆ごはん、豚肉とほうれん草のからし和え献立。

枝豆ごはん、豚肉とほうれん草のからし和え献立
  • キャベツの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 豚肉とほうれん草のからし和え
  • 枝豆ごはん

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

和えものの下ごしらえに使ったゆで汁でざく切りのキャベツを煮て味噌汁に。ねぎをたっぷりのせました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、キャベツ、なす、ゴーヤ、オクラの豪華4点盛り。

豚肉とほうれん草のからし和え

豚肉とほうれん草のからし和え

ゆでたほうれん草と豚薄切り肉を和からし、粗塩、ごま油で和えます。

枝豆ごはん

枝豆ごはん

枝豆はさっとゆでてさやから出しておきます。洗った米に塩と出汁昆布を入れ水加減し、枝豆を入れて普通に炊きます。

冒頭でブツブツ文句を垂れていることでお察しですが、枝豆にはさほど強い思い入れがありません。というか、美味しい枝豆を上手にゆでて、熱々のところに塩を振ってはふはふしながらぷりん、そしてビールぐいっ!という一連の正しい儀式を執り行うチャンスにとんと恵まれていないのです。

いやいやチャンス伺わずに自分でゆでて勝手に食えという感じですが、わざわざ買っては食べようとしない、そんな食材なんですよね、私の中での枝豆って。

そうです、今回の枝豆は、いただきものであります。これがめっぽう旨くてひっくり返りました。

一人暮らしの夕食献立

大したことないと軽んじていたヤツの底力を見た。

枝豆ごはん

「出てきても全然うれしくない」なんて言ってごめんなさい。枝豆ってこんなにふくよかな味わいかつ香り高い豆でしたっけ?ひっくり返ったまま目を白黒させて、夢中で食しました。

塩味つけただけなのに、めちゃくちゃ美味い。いや、塩味だけだからよかったのか。それとも、枝豆自体が力を持っていたのか。とにかく、恐れ入りました。

豆類全般好きな方だし、中でもそら豆は好物でよく食べているけれど、枝豆ごはんなんて作ったことあったっけ…?と、過去記事を漁っていたら、ありました。3年前の夏も、いただきものの枝豆を炊き込んでいました。

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

2019年バージョンのほうが、海老が入っててちょっと豪華ですね。でも、今回の方が衝撃が大きかったみたいです。

たくさん作った枝豆ごはんの残りは、塩昆布とチーズを混ぜ込んでおにぎりに。これまた驚きの旨さでひっくり返ったのでした。

調べたところ、ビールと枝豆がコンビを結成したのは昭和40年頃。冷蔵庫の普及によってビールが大流行した時期だそうです。ということは父がビールをダースで空けていたあの夏の記憶は、まさにコンビ売り出し新人時代だったのだな。それはそれは。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

トマトの卵炒めのっけ丼献立

お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続いています。40代の飲酒 酒を

記事を読む

スナップえんどうの卵とじ献立

えんどうの卵とじ、新玉ねぎとわかめのサラダ献立。

豆が旨いですね。大好物!という位置付けにはなかなかならない控えめな存在ながら、たまに食べる

記事を読む

じょっぱり純米

青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。 関連 勝手に

記事を読む

家飲み献立 1/29 肉豆腐、白菜のスープ。

ちょっと、明日は雪ですって。 通りで今夜は冷え込むと思った。 はー、やだやだ、寒

記事を読む

鶏肝煮 献立

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

久しぶりにレバーが食べたい。 そう思いついてログを見てみると、去年の11月から食卓にあがっ

記事を読む

親子煮献立

親子煮、きのこおろし献立。

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。 日本酒によく合う親子煮は晩

記事を読む

ベジブロスの味噌汁

鶏もも肉のソース焼き、ベジブロスの味噌汁 家飲み献立。

昨年から週に一度の休肝日を設けています。 関連 続ける、やめる。習慣を変えるための簡単

記事を読む

葱キャベツ油揚げ、定番食材使い回し。

毎週のことですが、金曜日のシェアハウスはひっそりとしています。 外は雨。それでも若い人たちは街

記事を読む

もつ鍋もどき鍋で家飲み。

寒い。 2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

記事を読む

家飲み献立

キャベツとささみのしょうがダレ、きくらげと白葱の和え物。

あれ? 2日間殆ど同じ献立になってる...。 と、作っている最中に気付きました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

初心者 瞑想
もっとラクに生きる方法と、無意識の恐ろしさ。

その後も目の前のことに集中することを心がけながら過ごしていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑