大きいものが欲しくなる時。

公開日: : 最終更新日:2021/09/07 家飯

あじとこんにゃくの梅煮

旨そうなあじが目に入ったので、久しぶりにたたきにでもしてやろうかと考えたのですが。

あじのたたき、きくらげとザーサイの冷奴で日本酒。

結局面倒になって、煮魚に落ち着く。

何が面倒って、3枚におろしたり、皮引いたり、小骨とったりの下ごしらえ。その点煮魚は乱暴に頭を落とすだけで調理できるのだから、無精者にはありがたいですね。

もちろん、頭も捨てずに使います。

あじとこんにゃくの梅煮、ズッキーニのナムルで晩酌

あじとこんにゃくの梅煮、ズッキーニのナムルで晩酌
  • 小松菜とねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • ズッキーニのナムル
  • あじとこんにゃくの梅煮

小松菜とねぎの味噌汁

小松菜とねぎの味噌汁

ざく切りにした小松菜と斜め薄切りにした白ねぎの味噌汁。出汁は昆布とあじの頭。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日の漬ものは大根となす。

ズッキーニのナムル

ズッキーニのナムル

細切りにしたズッキーニをさっとゆで、粗塩、胡椒、ごま油、すりごまで和えます。

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮

あじは頭とお腹、ぜいごを取って表面に切り込みを入れます。フライパンにしょうゆ、酒、みりんを煮立てあじを入れ、落し蓋をして煮ます。途中であらかじめちぎって下ゆでしておいたこんにゃくと梅干しを加えてさらに煮たら完成。

最初は妙な組み合わせだなと疑っていたあじとこんにゃくの煮つけ。今ではあじを煮るならこんにゃくと!と思い浮かぶほどのバディとなりました。元は土井善晴先生のレシピです、いつもありがとうございます。

改めて言うことでもないけども、煮魚をアテにした晩酌が本当に好きです。酒はもちろん日本酒、辛口の純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

大きいものが欲しくなる時

あじとこんにゃくの梅煮で晩酌

あじもちぎったこんにゃくも、ものすごいわんぱくなビジュアルになっているのは、乱暴者が調理したからです。さらに尻尾が皿からこんにちわしているところも豪快。

以前あじを丸ごと煮たときは、頭つけててもちゃんとおさまったのに、今日のあじは特別大きいからかな?そう思ったら、違いました。別の皿に盛り付けていました。

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

そして、尻尾もギリおさまっていませんでした。

一人の小さな暮らしゆえ、普段はなるだけ大きいものやかさばるものを選ばないようにして、ちんまりと生きています。しかしこういう写真を撮ってみると、魚を丸ごと調理して、切らずに盛り付けられるうつわが欲しくなる。しかし使用頻度がそう高くはならないであろうことと、収納に難儀する予感が、私を毎度思いとどまらせるのです。

今あるもので一番大きいサイズは洋皿なので、あじの煮付け盛るには似合わないしなあ。老後に田舎の古民家にでも引っ越したら思う存分うつわ道楽するかなあ。って、田舎暮らしの予定も、なんなら老後すらないけれど。


大人のたのしい一人暮らし記録




関連記事

漬物ステーキ

白菜漬けの卵炒め、トマトとわかめのサラダで家飲み。

夏場はぬか漬け、冬場は白菜漬けが最も手軽で便利で使える漬物だと思っています。 よって、

記事を読む

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。 牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃが

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

海鮮塩炒め

海鮮塩炒め、焼きなすと春雨のサラダで紹興酒。

先日のロールイカの残りに海老を加えて海鮮炒めにしようと思い立ち組み合わせる青みを考える。

記事を読む

ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

いやあ、いい天気でしたね。 暦の上ではもう秋。 とはわかっているんですが、青空と

記事を読む

新玉ねぎと鯖のサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、焼き海苔の味噌汁献立。

新玉ねぎが、出ている。 スーパーの入り口すぐ、メインコーナーにて輝く新玉ねぎを、迷わず

記事を読む

柿のサラダ

豚ロースの糠漬け、柿と春菊のサラダ。

毎日飽きずに糠漬けを食べ続けているのは乳酸菌がとか酵素がとかそういう健康・美容意識からくるも

記事を読む

イワシの塩焼き

いわしの塩焼き、ほうれん草のサラダで赤ワイン。

つい先日も同じメニューを食べたところなんですが。 いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハー

記事を読む

肉団子鍋

肉団子鍋で家飲み。

この冬の家晩酌は鍋もの率がやや低めだったような気がします。おそらく、理由はふたつ。帰省時の鍋

記事を読む

釜揚げえび入りそら豆ごはん

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

そら豆のおすそ分けをいただきました。今年はまだ家で食べていなかったので、ありがたい。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑