おばさんの服が少なくなってゆく理由。

公開日: : 最終更新日:2021/09/09 ファッション

9月に入っていきなり寒くなって寂しい。夏の終わりは、いつもこうだ。

などとメランコリックぬかしていますが、せっかく半袖を選べる体になったというのにもう秋の気配。今年は半袖軍の出番が驚くほど少なかったなあ。

炎症後色素沈着ケア大作戦、1ヶ月報告。

来週あたりまた暑さが戻ってきそうではありますが、いうても季節は変わりゆく。いまの時期しか袖を通せないあれやこれや、今年も張り切って着ておかなくちゃね、などと考えて、そうかそうかと合点が行く。

年取るとそりゃ、服が少なくなっていくわけだ。

おばさんの服が少なくなってゆく理由

みなさんも薄々お気づきかとは思いますが、今年も残すところあと4ヶ月。ほとんどの期間をなんちゃら宣言及び禁酒令のもとで過ごした2021年も、はや2/3が経過しています。

早くない?毎週毎月毎年同じこと言ってるけど、時が過ぎるの早すぎない?

おそらく、神的な何かが時間軸をこっそりすげ替えたりしているのだと思われますが、この「時の過ぎるのは早いなあ現象」は、年齢を重ねるほど顕著になっていく。ついこの間寝正月に勤しんだというのにもうジングルベルが聞こえてくる、なんてことはさほど珍しい症状ではありません(末期)。

この現象を引き起こす要因は、年をとると涙もろくなるのと同じものではないかと推測します。つまりは、密度の問題ですね。

歳を取ると涙もろくなる理由とは。

こんなことでは、秋口のおしゃれについてどうこう考えている間に、すぐ冬がきてしまう。時の流れが早すぎて、「今から冬まで着られる優秀アイテム」を買い足す隙間などみつけられないというものです。

おばさんは新しい服、特に「あいもの」を購入するタイミングが見つからない。これまでの人生で買い込んできたアイテムは数あれど、買い足し頻度は激減し、服はおのずと少なくなっていくのだ…っていう説はどうでしょうね。あると思います。さほど愉快な話ではありませんが、決して悪かないですよ。

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

この先は、どうだろう。50代、60代になると体感速度はもっと上がるのかしら。それともどこかの時点でまた時間軸が変わって、ゆったりとした時の流れに身を任せあなたの腕に寄り添うのかしら。寄り添うのは胸だったかしら。

とにかく秋なので、今年もそろそろあのブーツの出番かと思われます。

大人のたのしい一人生活




関連記事

ジャケットの着こなし

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

突然ですが人気俳優やタレント、アーティスト(主に男性)の結婚とか熱愛発覚でファン界隈が激しく

記事を読む

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

週末は所用があり友人と原宿で待ち合わせをしていたのですが、会うなり 「春水堂へ行きたい

記事を読む

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

サングラス

アクセサリーはどう使う?これからのコーディネイトを考える。

By: liz west[/caption] もともとジュエリー的なものに興味はないのですが

記事を読む

金属音が響き渡る靴、ヒールのかかとは早めに直したほうがいい。

モノは少ないけれど物持ちはいい私。 気に入ったものは長く使いたいので、不具合が生じた場合ではでき

記事を読む

今年風の着こなし、今っぽいシルエットの是非。

すっかり春らしい気候になりました。 といっても陽が落ちればぐっと気温が下がるのが今の季

記事を読む

サングラス

大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天気予報をチェックしてみると、明

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあるイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑