秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

秋刀魚のしょうが煮

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。

居酒屋で友人と秋刀魚の塩焼きをつつきながらそう話すと、え、私これが初なんだけど、多くない?と驚かれました。

多いでしょうか。

好きなんですよ、秋刀魚が。

秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和えで晩酌

秋刀魚のしょうが煮献立

  • 油揚げと野菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • にんじんの白和え
  • 秋刀魚のしょうが煮

油揚げと野菜の味噌汁

油揚げと野菜の味噌汁

たっぷりのキャベツとかぶの葉に油揚げが入った味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはごぼうとかぶ。白い。

にんじんの白和え

にんじんの白和え

千切りにしたにんじんをさっとゆで、塩とごま油で味付け。水を切って粗く潰したもめん豆腐と和えます。

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮

フライパンにしょうゆ、みりん、酒、千切りのしょうがを入れて煮立て、頭とお腹を取って筒型に切った秋刀魚を並べて落し蓋をして煮ます。秋刀魚に火が通ったら煮汁を秋刀魚に回しかけて軽く煮詰めたら完成。

味噌汁、漬けもの、白和えに煮魚。THE・和献立ですね。これは米を添えるしかあるまい。白ごはんがないなら日本酒を飲めばいいじゃない、ってことで辛口の純米酒で。

日本酒にあうおつまみレシピ

最初は梅煮にするつもりだったのだけど、なんとなくしょうが煮に。そういや前回もしょうが蒸しだったな。でも、酒蒸しと甘辛煮付けは全くの別物ですからね。

秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

秋刀魚といえば、築地市場に間に合いませんでした。

有楽町駅から築地市場へ銀座を歩く。東京散歩・中央区

その昔近くに住んでいたことがあって、早くに目覚めた朝に散歩に出かけたりしていた馴染みの場所、築地。割と思い入れがあるので、豊洲移転前に見ておこうと思っていたのです。なんなら、朝っぱらから秋刀魚でもアテに酒でも飲んでやろうかと。

が、ニュースでターレーの大移動シーンが流れているのを見て、あ、と。間に合わなかったと。ぼんやり暮らしている間に、市場は新しい場所へ越して行ってしまったのでした。ぼんやりしすぎ。

そのうち豊洲を見に行きますかね。

 




関連記事

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

幻のエビ・ガサエビ

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

突然ですがみなさま「ガサエビ」って食べたことありますか? 日本海側でしか水揚げされない

記事を読む

療養中の晩ご飯 8/5 鶏出汁卵とじうどん。

療養中、ってのも大げさですが。 ぎっくり腰発症当日はそもそも呑まず食わずの休肝日設定曜

記事を読む

休肝日の献立 せりの味噌汁

休肝日ごはん 小松菜の納豆和え、せりと揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。かつては 「酒が飲めないならごはんも食べたくない」 などと恐ろ

記事を読む

マッシュルームサラダ

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立。

どうしてもサラダにして食べたくて、おかしな品揃えに。 生ハムとマッシュルームのバケット

記事を読む

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮

さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたまりがちです。 ブログを書

記事を読む

レッドキャベツのあえるだけパスタ、小松菜のチキンスープ献立。

ここのところ連続登場しているレッドキャベツ。レッドキャベツの甘酢漬け煮たり焼いたりゆでたり

記事を読む

家飲みメニュー 8/4 酒肴ちょこちょこ盛り。

先ほど器に関する記事を書きましたが、今使っている揃いの器は思いっきり酒呑み仕様の肴サイズだという

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが今回の台

記事を読む

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑