アッシパルマンティエで赤ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

160320wine3

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。

とふと思い立ちじゃがいもを購入。あつあつほくほくのじゃがいもとひき肉の重ね焼きで赤ワインを呑もうという算段です。

アッシパルマンティエはフランス名でイギリスではコテージパイ、アメリカではカウボーイパイと世界各地に似たレシピの料理がある模様。まあ材料が芋にひき肉に玉葱ですからね、ザ・家庭料理ですね。

日本の家庭料理には似た調理法のものはないけど、組み合わせ的に言えば肉じゃがってとこでしょうか。

アッシパルマンティエで家飲み

アッシパルマンティエ

  • 春キャベツのお湯かけサラダ
  • アッシパルマンティエ

春キャベツのお湯かけサラダ

春キャベツのお湯かけサラダ

ちぎった春キャベツをザルに入れ熱湯をまわしかけてしんなりさせたものをオリーブオイルと塩、胡椒、酢を合わせたドレッシングで和えます。

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ

皮をむいて乱切りにしたじゃがいもを水から茹で、柔らかくなったら湯を捨て(※茹で汁は一部残しておく)鍋の中でつぶします。茹で汁、牛乳を加えながら滑らかにつぶし、最後に塩胡椒で味を整えバターを加えてピューレ状にします。

じゃがいもを茹でている間にミートソースを作成。鍋にバターを熱しみじん切りのにんにく、玉葱、にんじん、エリンギ、挽き肉を順に加えて炒め、塩胡椒で調味して赤ワインを注ぎローリエを加えて煮込みます。

耐熱容器に肉、芋、肉、芋と重ねて敷き詰めてオーブンで表面に焼き色がつく程度に焼いたら完成。

今回はソースにも生地にもバターを使用したのでチーズなしバージョン。よって表面の焼き色がちょっと物悲しいことになっています。生地に卵黄入れたり表面にバター塗ったりしたらまた変わっただろうけど、こりゃあんまり食欲をそそられる見た目じゃないね。バターを使った、といっても全体量はたいしたことないので余った種はチーズありで焼こうかな。

ワインを飲む日のおつまみ

ひき肉が牛だったり合挽きだったり羊だったり(今回は合挽きを使用)、ミートソースに入る野菜が違ったりチーズがあったりなかったりと多分家庭によって無数のレシピがありそうなこの料理。私はまだまだアッシパルマンティエ初心者ではありますが、野菜多めで軽め、でも味付けはしっかり目のソースに薄味のじゃがいも生地というコントラストが好きみたい。

何回も作っているうちに確固たる自分レシピが出来上がっていくことでしょう。

こういう料理ってぱっと見はめんどくさそうだけど手間がかかるのは野菜のみじん切りだけ。あとはじゃがいもを茹でている間にソース作りができるし、じゃがいもをつぶしている間にソースを煮込んでおけるし、焼いている間にサラダの準備ができるし、で、意外に作業工程行率のよい一品ではないかと思います。
ほら、揚げ物とか炒め物ってつきっきりになっちゃうから他のことできないもんね。

といいつつも、次回作るのは次の秋が来てあたたかい料理が恋しくなってから、かしら。材料的には旬云々はあまり関係ない料理なんだけどね。

 




関連記事

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

ねぎと卵のチャーハン献立

ねぎと卵のシンプルなチャーハン献立。

卵とねぎだけのシンプルなチャーハン。シンプルなチャーハン献立。いずれの位置で切っても成り立つ

記事を読む

家飲み献立

キャベツとささみのしょうがダレ、きくらげと白葱の和え物。

あれ? 2日間殆ど同じ献立になってる...。 と、作っている最中に気付きました。

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

千葉県産・匠味豚のシュウマイ、きのこスープ献立。

お久しぶりです、晩酌献立です。どれくらい久しぶりかってアナタ、なんと8ヶ月ぶりですよ。前回

記事を読む

さばの味噌煮献立

さばの味噌煮、豆腐と三つ葉のすまし汁献立。

さばの味噌煮。ど定番の和おかずですね。しかしよくよく考えてみれば、今までここにさばの味噌煮

記事を読む

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段

記事を読む

豚肉のフライパンロースト

ワインで家飲み 豚肉と野菜のフライパンロースト。

冷え性対策の意味もあり、寒くなってからは夜に家でビールを呑まなくなりました。 よって、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑