バーニャカウダとワインで一人晩酌。

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

141009d3

今日は珍しくランチにへヴィーかつジャンキーなものを食べてしまった。

おかげで少々胃が重い…。

とはいえ、お腹は空いているので全然何だって食べられるのですが、昼にこってり油モノを食べたのなら夜に調整すべし、という理性が勝利した夕食メニューになりました。

こういうコントロールができるのは大人になった証ですね。

 

今夜の晩酌メニュー

141009d2

  • オリーブ
  • チーズ
  • アーモンド
  • バーニャカウダ

バーニャカウダを作るとき、いつもならニンニクを何度か牛乳で茹でこぼすのですが、今日はもう簡単でいいか、と、水を張った鍋で適当にぐらぐら柔らかくなるまで煮たニンニクとみじん切りにしたアンチョビをオリーブオイルで潰しながら温めただけです。この簡単バーニャカウダソースでセロリ、にんじん、キャベツをポリポリしつつワインを頂きました。
野菜しか並べない食卓だったので少々パンチをきかせたいなあと戯れに鷹の爪を入れてみましたが、うーん、生野菜のディップソースにするならこの辛味はいらないなあ。パスタにあわせるならこの鷹の爪の辛味が美味しいのに、まったく料理ってのは奥が深いですね。

 

141009d

あとはオリーブ、チーズ、アーモンドを盛っただけの前菜。相変わらずアーモンドは食べ続けています。

参考 食べるだけで便秘解消。アーモンドの威力に驚いた話。

美容やダイエット効果云々ではなく、ただ単に美味しいから続いているに過ぎないのですが。

うーん、肉ガッツリ料理にフレンチフライを添えたランチを食べるだけで胃が重たくなるお年頃になったとは感慨深いです。いや、特筆すべきは

「胃が重たいよ、と訴えていることに気づける力がついたこと」

かな。←前向き。
若い頃なら少々胃が重かろうが、ランチでカロリー過多だろうが、お腹が空いたというだけで夜には肉なり炭水化物なりをがっつり重ねていましたからね。

なんて偉そうに言いつつ結局酒をたらふく呑んじゃってるところが中途半端ではありますが、今夜は野菜だらけの軽い夕食で済ませたのだから、明日は確実にお腹が空いて早起きできそうなのが楽しみです。うふふ。

 

KINTO ほっくり バーニャカウダ
KINTO (キントー)
売り上げランキング: 2,948



関連記事

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。 新年に考える今年の食計画。 す

記事を読む

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

しめじと大根の味噌汁 ぬか漬け しらたき明太 なすのにんにく炒め

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

我慢ならずに今日はなす。 憧れ?のなすのにんにく炒めです。 妄想で作り上げる、大

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、あさがお菜のおひたしで晩酌。

今日のメインはきつね納豆、は確定。 さて何か青菜が欲しいなあと駅前のスーパーに寄ると「あさがお

記事を読む

肉豆腐の卵とじ、白菜とツナの温サラダ。

東京もうっすら雪が積もった今日。 昨夜から今日は寒くなると覚悟してはいたけれど、久しぶ

記事を読む

豚ロースとキャベツの白ワイン煮

ルクルーゼで豚ロースとキャベツの白ワイン煮。

肉だ肉!今日は肉! 厚切り豚ロースを引っ掴んで、今宵の肉祭りを誓う。 祭りはいい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑