さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さんまの酒蒸し献立

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに、いざ部屋に置いてみると予想以上にデカかった、なんてことがあるじゃないですか。うわ、結構存在感あったな、とか。

広い店内に鎮座する商品は、部屋に持ち込んだ場合の正しいサイズ感が掴みにくいという空間マジック。メジャー持参でしかと寸法確認したところで解決する問題ではありません。

魚類にも、同じことが起こる。広い店内ではちんまりとして見えるのに、帰宅後いざまな板の上にあげてみると、あら、案外ふとましいのね、といううれしいギャップ。

さんまの季節になりました。

さんまの酒蒸し、ひらたけと小松菜の梅和え献立

さんまの酒蒸し、ひらたけと小松菜の梅和え献立。

  • 大根と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜ときのこの梅和え
  • さんまの酒蒸し

大根と油揚げの味噌汁

大根と油揚げの味噌汁

同じサイズに切りそろえた大根と油揚げの味噌汁。出汁はさんまの頭と昆布。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとキャベツ。薄切りにして塩抜きし、すりごまとごま油で和えました。

小松菜ときのこの梅和え

小松菜とひらたけの梅和え

たたいた梅干しをしょうゆと酢で伸ばしたもので、ゆでた小松菜としめじ、えのきを和えます。

さんまの酒蒸し

さんまの酒蒸し

頭とおなかをとったさんまを筒切りにします。塩を振ったさんまをフライパンに並べ、しょうがの薄切りをのせて酒をまわしかけます。ふたをして火にかけ、身がふっくらするまで蒸しあげたらうつわに盛り、たっぷりの大根おろしとすだちを添えたら完成。

すでに外では幾度か食べていたけれど、家飲みでは今季初登場。塩焼きより作るのも後片付けも簡単な酒蒸しは毎年一度は食べている秋の定番つまみです。ひや酒と共に。

日本酒にあうおつまみレシピ

毎年言い続けていますが、さんま、好きです。好物と言って差し支えない。思っていたより大きかったさんまを、ちびちびほぐしながらちびちび食べる非効率なやり方が、いいんですよ。酒飲みにとっては至高のひととき。

さんまの酒蒸し

写真ではちらっとしか見えていませんが、大根おろしは無論山盛りです。いつだって頼りにしているけれど、さんまに添えればより一層輝きを増す大根おろし。そこにすだちが加わるともはや敵なし。めくるめく晩酌の世界へようこそ、って、さんまが言っている。

今年はあと何尾いけるでしょうか。外食の予定が結構多いので、パスタ系などのやや変わりダネまでは手を出せないだろうな。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

酒蒸しを筆頭に、定番メニューであと何日かはたのしみたいものです。ふとましいヤツ希望。

 




関連記事

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、かぶの梅わさび和え献立。

あたたかい豆腐料理でいちばん手軽なのは、湯豆腐でしょうか。もしくは、温やっこ。 そのい

記事を読む

休肝日ごはん、しらすおろし、ゆかりごはん献立。

ベトナム旅行記がまだ途中ではありますが、遊び呆けた大型連休から日常に戻って献立記事など。

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、海苔かけ豆腐で晩酌。

せん切りにんじんがメインディッシュというあまりにもささやかな晩ご飯です。 数ある野菜の

記事を読む

こんにゃく麺を使った料理 レシピ

家飲み献立 3/23 具沢山 鶏出汁こんにゃく麺。

旅に出る前は保存できない食材は全て食べきろう。しかも、美味しく。 そう考えて最後の晩餐

記事を読む

鶏もも肉塩焼き献立

鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。 と、張り切っていたのに、まんまとレモンを

記事を読む

休肝日ごはん

懐かしの味で休肝日。

今年初の連続休肝を実施しました。数年前から、不定期にちょくちょく休ませているのですよ。酒を

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

鮭と小松菜のフライパン酒蒸し

鮭と小松菜の酒蒸し、玉ねぎの卵とじ献立。

寒くてびっくりです。 今日はなんとなく冷しゃぶとかそっち系統のアテで呑もうかなと考えて

記事を読む

柿のサラダ

豚ロースの糠漬け、柿と春菊のサラダ。

毎日飽きずに糠漬けを食べ続けているのは乳酸菌がとか酵素がとかそういう健康・美容意識からくるも

記事を読む

ぶりとわかめのしょうが蒸し献立

ぶりとわかめのしょうが蒸し、新玉ねぎの海苔サラダ献立。

わかめをもモサモサ頬張りたくて、わかめの相方を探す旅に出る。 魚とわかめを蒸す。いい。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑