さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,




さんまの酒蒸し献立

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに、いざ部屋に置いてみると予想以上にデカかった、なんてことがあるじゃないですか。うわ、結構存在感あったな、とか。

広い店内に鎮座する商品は、部屋に持ち込んだ場合の正しいサイズ感が掴みにくいという空間マジック。メジャー持参でしかと寸法確認したところで解決する問題ではありません。

魚類にも、同じことが起こる。広い店内ではちんまりとして見えるのに、帰宅後いざまな板の上にあげてみると、あら、案外ふとましいのね、といううれしいギャップ。

さんまの季節になりました。

さんまの酒蒸し、ひらたけと小松菜の梅和え献立

さんまの酒蒸し、ひらたけと小松菜の梅和え献立。

  • 大根と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜ときのこの梅和え
  • さんまの酒蒸し

大根と油揚げの味噌汁

大根と油揚げの味噌汁

同じサイズに切りそろえた大根と油揚げの味噌汁。出汁はさんまの頭と昆布。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとキャベツ。薄切りにして塩抜きし、すりごまとごま油で和えました。

小松菜ときのこの梅和え

小松菜とひらたけの梅和え

たたいた梅干しをしょうゆと酢で伸ばしたもので、ゆでた小松菜としめじ、えのきを和えます。

さんまの酒蒸し

さんまの酒蒸し

頭とおなかをとったさんまを筒切りにします。塩を振ったさんまをフライパンに並べ、しょうがの薄切りをのせて酒をまわしかけます。ふたをして火にかけ、身がふっくらするまで蒸しあげたらうつわに盛り、たっぷりの大根おろしとすだちを添えたら完成。

すでに外では幾度か食べていたけれど、家飲みでは今季初登場。塩焼きより作るのも後片付けも簡単な酒蒸しは毎年一度は食べている秋の定番つまみです。ひや酒と共に。

日本酒にあうおつまみレシピ

毎年言い続けていますが、さんま、好きです。好物と言って差し支えない。思っていたより大きかったさんまを、ちびちびほぐしながらちびちび食べる非効率なやり方が、いいんですよ。酒飲みにとっては至高のひととき。

さんまの酒蒸し

写真ではちらっとしか見えていませんが、大根おろしは無論山盛りです。いつだって頼りにしているけれど、さんまに添えればより一層輝きを増す大根おろし。そこにすだちが加わるともはや敵なし。めくるめく晩酌の世界へようこそ、って、さんまが言っている。

今年はあと何尾いけるでしょうか。外食の予定が結構多いので、パスタ系などのやや変わりダネまでは手を出せないだろうな。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

酒蒸しを筆頭に、定番メニューであと何日かはたのしみたいものです。ふとましいヤツ希望。

 




関連記事

イカ大根、タアサイのおひたし。

毎晩晩酌タイムを楽しみにしているのですが、週に一度の休肝日を取るようになってからというもの火

記事を読む

きくらげとねぎの卵炒め献立

きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨い。 いや、旨いのは団子

記事を読む

アンチョビブロッコリー献立

アンチョビブロッコリー、具沢山納豆献立。

ブロッコリーにアンチョビの組み合わせは白ワインの鉄板つまみですね。 が、今日は日本酒で

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

きくらげ卵炒め

豚肉ときくらげの卵炒め、ゴーヤの塩昆布和え献立。

きくらげと卵、豚肉を炒めたもの。木須肉(ムースーロー)ってやつですね。 こういう材料

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

蕪と手羽先のしょうがあんかけ、梅えのき納豆献立。

本体はアメリカにおりますが、撮りためていた晩酌献立を。クリスマスとはおよそ無関係です。

記事を読む

宮水の華

兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新しい酒を調達。 全国制覇

記事を読む

葉玉ねぎのすき煮

葉玉ねぎのすき煮、蕪の葉とえのきのおろし和え献立。

いつも似たような食材ばかりを選び、同じようなつまみばかりを作りがちなので、たまには目先の変わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑