牛ももたたきのおろし和え、トマトとわかめのナムル献立。

公開日: : 最終更新日:2019/06/07 家飯, 食べること

牛ももたたき献立

珍しく、肉塊です。

調べてみたところ、およそ1年ぶりの肉塊です。

ステーキサラダ、トマトと新玉ねぎのスープ献立。

100g程度の肉をかたまり、と表現するのは少々大げさでしょうか。しかし、たっぷりの野菜と一緒に盛れば、それなりにボリュームのある一品になります。加えて、脂身の少ない部位は肉を食べているという手応えも大きい。咀嚼回数も多くなるゆえ、顔面運動として捉えるのもよいでしょう。

牛ももたたきのおろし和え、トマトとわかめのナムルで家飲み

牛ももたたきのおろし和え、焼きピーマン

  • 新玉ねぎとねぎの味噌汁
  • 大根の浅漬け
  • トマトとわかめのサラ
  • 牛ももたたきのおろし和え

新玉ねぎとねぎの味噌汁

新玉ねぎとねぎの味噌汁

いりこだしでくし型に切った新玉ねぎをさっと煮て味噌を溶き入れ、小ねぎをちらしたねぎコンビの味噌汁。

大根の浅漬け

大根の浅漬け

薄切りにして塩込みした大根をゆかりで和えます。

トマトとわかめのナムル

 

トマトとわかめのサラダ

 

くし型に切ったトマトとわかめを塩、ごま油、すりごまで和えたもの。

牛ももたたきのおろし和え

牛ももたたきのおろし和え

牛もも肉は室温に戻しておきます。フライパンに油と薄切りのにんにくを入れ弱火にかけ、香りが出たら火を強めて塩、胡椒で下味をつけた肉を入れ、表面に焼き色をつけます。全ての面を焼いたら取り出し、アルミホイルに包んで休ませてから切り、うつわに盛ります。水菜、サラダセロリ、ねぎ、新玉ねぎをあわせたサラダと大根おろしを添えて、ポン酢で。

たまたま大根が余っていたのでおろしをのせてみましたが、このままでもいいし、わさびじょうゆや粗塩でも。そしてもっと薄く切ったらば、サンドイッチの具にもなりますね。

今日の味付けと厚み、そして献立ならば、合わせるのはやっぱり日本酒。冷やした純米吟醸で。

日本酒にあうおつまみレシピ

その形状からなんとなく「たたき」と名付けてはみたけれど、たたきって、なんだっけ?

サクに取った魚やブロック状の肉塊に串を打ち、炭火などで炙る。あるいは鉄板などで焼き付ける。表面を軽く焼く程度にとどめ、中までは火を通さない。(wikipedia

じゃあ、今日の肉もたたきであってますね。

話は変わりますが、こういう時にとりあえずwikipediaで調べるって、しかもそれを引用してブログに記載するのって嫌ですね。自分でやっといて何言ってんだという感じですが、本来ならこういう些細なことでもその筋の専門家なり機関なりまたは個人探求者なりが相応の手段で発表した然るべきソースを引用すべきである。というかしたい。くせに、調べる手間を惜しむこのコンビニエンス思考よ。いや、別に権威主義じゃないですよ。あくまでも、新たな知識を得る方法としてどうかなのかが論点であって。

ま、所詮夕飯のたたきの話なんですけども。

 




関連記事

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

キャベツと塩鮭のしょうが蒸し

キャベツと鮭のしょうが蒸し、わかめのナムルで家飲み。

お久しぶりの晩酌献立です。 酒を控えるとか何とか言ってたクセに結局すぐに家飲み再開する

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

せせり塩焼き献立

せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたし献立。

今ではすっかり希少食材となってしまったせせり。以前は頻繁に食べてたんだけどなあ。 家飲

記事を読む

豆腐とひき肉の塩炒め、生わかめのサラダ献立。

たまに出てくる謎料理。 なんとなく頭で思い描きつつ調理にとりかかり、でも途中で方向転換

記事を読む

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮

さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたまりがちです。 ブログを書

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

出羽桜 吟醸缶

山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

帰宅途中、あ、家に酒がちょっとしかなかったんだ!ということに気づく休肝日明けの火曜日。 もう家が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑